1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 岐阜県
  5. 岐阜市
  6. 【2022年】岐阜市の小児眼科 おすすめしたい6医院

【2022年】岐阜市の小児眼科 おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2022/01/26  更新日:2022/02/25

岐阜市で評判の小児眼科をお探しですか?
岐阜市は岐阜県の市のひとつで、日曜診療に対応している、日本眼科学会認定の眼科専門医が在籍しているなど様々な小児眼科クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、岐阜市でおすすめの小児眼科クリニックをご紹介いたします。
※2022年1月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

岐阜市で評判のおすすめ小児眼科6医院!

岐阜高橋眼科皮膚科クリニック

  • 駅徒歩10分

岐阜高橋眼科皮膚科クリニックphoto

アクセス・住所・診療時間

JR東海道本線 西岐阜駅 徒歩10分
岐阜バス:市橋4丁目 下車 徒歩4分
岐阜バス:県美術館 下車 徒歩4分

岐阜県岐阜市市橋二丁目8番5号

診療時間
9:00~12:00
15:30~18:30

★:9:00~13:00
▲:手術(14:00~18:00)
※予約混雑時は、予約の方優先となっております。
※皮膚科の診療時間は異なります。クリニックホームページをご確認ください。

【所属・学会など】
・医学博士
・日本眼科学会 眼科専門医

岐阜高橋眼科皮膚科クリニックはこんな医院です

岐阜高橋眼科皮膚科クリニックphoto

岐阜市市橋の岐阜高橋眼科皮膚科クリニックは、西岐阜駅より徒歩10分の場所にあり、日本眼科学会の眼科専門医による幅広い眼科診療が行われています。なかでも、お子さん特有の目の疾患を診る小児眼科に注力され、視能訓練士が常勤しており、斜視・弱視はもちろん、近視予防に効果があると言われるオルソケラトロジー(ナイトレンズ)と幅広く対応しています。小さなお子さんは、見え方に違和感を抱いても周りの大人に言葉で伝えるのが難しく、片目が見えていないなどの異常を自覚することも少ないそうです。だからこそ、テレビをかなり近くで見ている、首を傾けた状態で物を見ることが多いなどの異変があれば、保護者の方が気づいて医師に相談することが大切なのだそうです。定期的な乳幼児健診で視機能の異常の有無をチェックすることを推奨しており、斜視や弱視といった異常も3歳ごろまでに発見して治療に繋げることで、その後の良好な目の成長が期待できると言われています。お子さんが目を細めていることが多い、まぶたを開けにくそうにしているなど、気になる症状がある場合はお早めの受診をおすすめします。

岐阜高橋眼科皮膚科クリニックの特徴について

岐阜高橋眼科皮膚科クリニックphoto

・大通りに面した医院!

岐阜高橋眼科皮膚科クリニックはスギ薬局市橋店内にある眼科医院で、岐阜市の環状線(クリーンループぎふ)に面した分かりやすい場所にあるため、通院しやすいことも魅力の一つです。広い駐車場を利用できるためお車での来院も安心でき、公共交通機関でお越しの場合は岐阜バスの「市橋4丁目」または「県美術館」で下車されると便利です。

・斜視、弱視!

岐阜高橋眼科皮膚科クリニックでは、特にお子さんに多いと言われている斜視や弱視の検査・治療に注力されています。お子さんは体の成長とともに視機能も徐々に成長すると言われており、1歳半をピークとして8歳ごろまで発達すると考えられていますが、何らかの原因で視機能の発達が妨げられることで弱視や斜視が現れるそうです。遠視が原因の斜視の場合は凸レンズによる矯正を行っており、それ以外の原因であれば手術療法を提案されています。弱視は、3歳前後までに症状に気付くことができれば視力増強訓練(遮閉法)が有効です。

・視能訓練士が在籍!

岐阜高橋眼科皮膚科クリニックでは、お子さんの目の痛みや痒み、充血といった症状の治療も行っており、大学付属病院や医療センターなどの眼科で研鑽を積んだ院長が診察を担当されています。 また、視能訓練士が在籍しており、お子さんの目の症状の改善をサポートされています。不同視弱視などの目の症状を抱えるお子さんは、よく見える方の目に1日2時間程度眼帯を装着し、視力が悪い方の眼で物を見る訓練をおすすめしており、視能訓練士による専門的な指導が期待できます。

もう少し詳しくこの小児眼科のことを知りたい方はこちら岐阜高橋眼科皮膚科クリニックの紹介ページ

白木眼科医院

  • 駅から車で12分

白木眼科医院photo引用:https://shiraki-eye-clinic.com/

名鉄名古屋本線・名鉄各務原線 名鉄岐阜駅 車で12分

岐阜県岐阜市長良東2丁目110

診療時間
9:00~12:00
16:00~18:00

※コンタクトレンズ初めての方は、装用練習が必要ですので、診察終了一時間前にお越しください。

白木眼科医院はこんな医院です

白木眼科医院photo引用:https://shiraki-eye-clinic.com/

岐阜市長良の白木眼科医院は、2021年11月に七軒町より移転し、お子さんから高齢の方まで、幅広い年齢層の目の健康を守る質の高い眼科治療を提供している眼科クリニックです。院長は日本眼科学会の眼科専門医であり、また日本弱視斜視学会にも所属し、特に小児眼科診療に力を入れています。

もちろん一般的な眼科診療、白内障や緑内障の治療、網膜裂孔や網膜血管性疾患に対するレーザー治療などで目の健康回復に尽力しているそうです。

小児眼科診療では、斜視や弱視に対する治療を中心に対応されています。お子さんの視機能の発達に大切な時期は、生後数カ月から11歳ぐらいまでと考えられており、治療はできる限り早く開始してくれますので、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

白木眼科医院の特徴について

・斜視弱視に対する治療!

白木眼科医院では、お子さんが生まれつき斜視で、斜視の目が使われていないため弱視になる斜視弱視に対する治療が行われています。治療法は、お子さんの生活環境を踏まえ、保護者の方と相談の上、提案してくれるため安心です。

一般的な治療は、訓練と手術で改善を目指します。訓練では、良い目の方隠し弱視の目を使うことで視力を回復させるそうです。小さなお子さんなら訓練だけで回復するそうなので、早く検査を受け、訓練を開始してみてはいかがでしょうか。

・お子さんの斜視改善治療!

お子さんの斜視は、右目と左目が同一方向を見ていない目の病気です。斜視にはさまざまな状態があり、治療法も異なりますが、遠視の矯正メガネをかけると目の向きのズレがなくなる調整性内斜視以外は、すべて手術治療になる可能性が高いと言われています。

斜視の手術治療は、点眼麻酔を用い痛みは少なく、短時間で終了するそうです。事前に十分な検査を行い対応してくれるそうなので、安心して手術治療を受けてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの小児眼科のことを知りたい方はこちら白木眼科医院の紹介ページ

真鍋眼科・真鍋婦人科

  • 駅徒歩5分

真鍋眼科・真鍋婦人科photo引用:https://manabe-eye-ladies.com/

名鉄名古屋本線・名鉄各務原線 名鉄岐阜駅 徒歩5分
JR東海道本線・JR高山本線 岐阜駅 徒歩9分

岐阜県岐阜市金宝町1-11

診療時間
9:00~12:00
14:00~18:30

※午前診の受付は12:00まで、午後診の受付は18:30まで行っております。
※手術日は水曜日、木曜日(不定期)
※婦人科は診療時間等が異なります。

真鍋眼科・真鍋婦人科はこんな医院です

真鍋眼科・真鍋婦人科photo引用:https://manabe-eye-ladies.com/

岐阜県岐阜市の真鍋眼科・真鍋婦人科は、眼科診療を軸に婦人科を併設している地域密着型の医療クリニックです。自分の家族を治療するよう丁寧で優しい眼科診療の提供を心がけており、気軽に相談できる目のホームドクターを目指しています。

真新しい清潔な院内は、お子さんが楽しく過ごせるようキッズスペースを設置し、また安心して受診できるよう衛生管理の徹底に努めているそうです。一般的な眼科疾患から白内障、緑内障、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、小児眼科疾患まであらゆる目のトラブルと病気に対応してくれます。

特に小児眼科では、お子さんの近視予防に注力しています。目を細める、テレビを近くで見るなど気になる仕草がある場合は、早めに受診してみてはいかがでしょうか。

真鍋眼科・真鍋婦人科の特徴について

・お子さんの近視進行予防!

院長は、目の病気の原因となる近視の進行を抑える治療を得意にしているそうです。中でもお子さんの近視予防に力を入れており、将来のお子さんの目の健康を見据え治療が行われています。

お子さんの近視は、小学生から中学生までの間に瞬く間に進行すると考えられています。そのためできる限り早期に進行を防ぐことが重要です。年齢や目の状態に適した安心の治療法を提案してくれますので、ぜひ受診してみてはいかがでしょうか。

・お子さんにはオルソケラトロジー!

真鍋眼科・真鍋婦人科では、お子さんの視力回復を行う治療法のオルソケラトロジーに対応しているそうです。オルソケラトロジーとは、近視矯正用コンタクトレンズを就寝中に装着することで、睡眠時に角膜の形状を正しくし視力を矯正する治療法になります。

お子さんには、視力矯正の手術治療は負担が大きいため、リスクが少ないオルソケラトロジーはおすすめです。治療にあたっては、視力や目の状態を詳しく検査してくれますので、安心して受診してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの小児眼科のことを知りたい方はこちら真鍋眼科・真鍋婦人科の紹介ページ

みうら眼科クリニック

  • 駅から車で6分

みうら眼科クリニックphoto引用:https://miura-eye-clinic.jp/

JR東海道本線・JR高山本線 岐阜駅 車で6分

岐阜県岐阜市六条福寿町6-7

診療時間
8:30~12:00
15:15~18:30

※木曜日13:30~手術

みうら眼科クリニックはこんな医院です

岐阜県岐阜市六条福寿町のみうら眼科クリニックは、地域にお住まいのお子さんから高齢の方まで、幅広い年齢層の目の健康を見守る眼科医療施設です。女性院長による細やかな診療と新しい医療設備を駆使した精度の高い治療を軸に、地域密着型の眼科医療サービスを提供されています。

院長は、日本眼科学会の眼科専門医および同学会指定のオルソケラトロジー講習会を修了した眼科医師です。一般的な眼科疾患治療だけでなく、白内障、緑内障、糖尿病網膜症など目の病気の専門治療、小児眼科にも力を入れています。

特に小児眼科は、結膜炎から近視、弱視、斜視までお子さんの様々な目の異常に対応しているそうです。気になる症状があるなら、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

みうら眼科クリニックの特徴について

・お子さんの近視抑制治療!

みうら眼科クリニックでは、お子さんの近視予防に積極的に取り組んでいるそうです。近視の改善治療は、院長の専門分野であるオルソケラトロジー、また治療だけでなく生活習慣の見直しや目を休ませることなどの指導も行われています。

さらに視機能検査や矯正訓練を実施する国家資格の視能訓練士が常駐しており、視力矯正に向け時間をかけ親身にサポートしてくれるそうなので、できる限り早めに受診してみてはいかがでしょうか。

・日常よくある結膜炎の治療!

みうら眼科クリニックでは、お子さんの様々な目のトラブルに迅速に対応しており、中でも結膜炎の治療が多いそうです。結膜炎の原因は、細菌やウィルスの感染、アレルギーによって引き起こされ、悪化すると視力低下の可能性があります。

治療法は、点眼薬で症状を抑えるそうです。点眼薬は、院長が結膜炎の原因を踏まえ処方してくれます。また点眼薬の使用も院長の指導に基づき行うこととなりますので、市販薬に頼らず、一度受診してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの小児眼科のことを知りたい方はこちらみうら眼科クリニックの紹介ページ

高橋眼科医院

  • バス停留所から徒歩5分

高橋眼科医院photo引用:https://www.takahashiganka-gifu.jp/

早田栄町バス停留所 徒歩5分
忠節バス停留所 徒歩5分
JR東海道本線・JR高山本線 岐阜駅 車で7分

岐阜県岐阜市早田栄町1-23

診療時間
9:00~12:00
15:30~18:30

★:手術(予約制)のみで一般外来は休診
※受付は午前は8:30~、午後は15:00~

高橋眼科医院はこんな医院です

高橋眼科医院photo引用:https://www.takahashiganka-gifu.jp/

岐阜市で約70年以上、地域医療に貢献している高橋眼科医院は、さまざまな目のトラブルや病気の治療を専門に行う眼科クリニックです。どのような事でも相談できる街のホームドクターとして、幅広い世代の目の健康を支えています。

医療設備の充実を図り、検査体制の強化にて精密な診断で質の高い治療を提供しているそうです。診療は院長を含め眼科医師3名で対応し、女性医師が在籍しているため、お子さんも安心して治療を受けられます(2022年1月現在)。

力を入れている分野は、女性医師による小児眼科診療と白内障手術です。小児眼科診療では、近視予防治療、斜視や弱視などの治療を中心に幅広く対応しています。お子さんの視力や目の向きなど気になる症状があれば、早めに受診してみてはいかがでしょうか。

高橋眼科医院の特徴について

・お子さんの内斜視治療!

小児眼科では、右目と左目どちらかの視線が鼻側に寄っている状態の内斜視の治療が行われています。遠視の矯正眼鏡をかけて目の向きのズレをなくすことができるそうですが、外すと元の状態になるため常に装着しておく必要があるそうです。

眼鏡をかけてもズレを生ずる場合は、ズレている角度を手術で矯正してくれます。内斜視は、1歳半から3歳までの間に発症することが多いそうなので、保護者の方は注意してお子さんの目の状態を確認してみてはいかがでしょうか。

・弱視に対する治療サポート!

高橋眼科医院では、近視の屈折異常や遠視、斜視などによって視力の成長が遅れている弱視に対する治療に力を入れています。お子さんの視力は、一般的に1歳で0.1、3歳になると1.0と成長とともに視力も発達していくそうです。

治療法は、原因によって異なります。場合によって手術を検討するそうですが、基本は眼鏡を用いたり、視力回復のための訓練です。訓練は視能機能訓練士が丁寧にサポートしてくれますので、安心して受けてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの小児眼科のことを知りたい方はこちら高橋眼科医院の紹介ページ