1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 千葉県
  5. 【2023年】千葉県の硝子体手術 おすすめしたい6医院

【2023年】千葉県の硝子体手術 おすすめしたい6医院

公開日:2022/03/30  更新日:2023/02/01
千葉県の硝子体手術 おすすめしたい医院

千葉県で評判の硝子体手術対応クリニックをお探しですか?
千葉県には、日本眼科学会認定の眼科専門医や手術経験豊富な医師が在籍しているなど様々な硝子体手術対応クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、千葉県でおすすめの硝子体手術対応クリニックをご紹介いたします。
※2023年1月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

千葉県で評判のおすすめ硝子体手術6医院!

セントラル眼科クリニック(市川市)

  • 駅徒歩2分

セントラル眼科クリニックphoto

アクセス・住所・診療時間

東京メトロ東西線 行徳駅 徒歩2分

千葉県市川市行徳駅前2-13-16

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:30

※緊急手術が入った際には、受付時間が18:00までになる場合がございます。
※午前・午後ともに診療時間の30分前より受付を開始しております。

【所属・資格など】
・医学博士
・日本眼科学会 眼科専門医
・日本眼科手術学会
・日本網膜硝子体学会
・日本緑内障学会
・日本白内障屈折矯正手術学会
・日本眼光学学会
・日本眼科アレルギー学会

セントラル眼科クリニックはこんな医院です

セントラル眼科クリニックphoto

市川市行徳駅前と浦安市にあるセントラル眼科クリニック/セントラル眼科今川内は、眼科手術に特化しているクリニックで、中でも特に網膜硝子体疾患の手術に力を入れているクリニックです。硝子体は眼球の大半を占める透明なゼリー状の組織で眼球の形態を保つ役割があり、様々な原因によって濁りや出血、炎症などが生じると、視力低下や視野の狭窄といった重篤な症状が現れるそうです。硝子体手術は、増殖糖尿病網膜症や網膜中心静脈閉塞症などが原因となり硝子体空に血が溜まり、硝子体出血がみられる場合や、網膜の前に膜が張って収縮することで視界の歪みなどが生じる黄斑上膜、黄斑の網膜に穴が開いてしまう黄斑円孔、糖尿病の合併症の一つである増殖糖尿病網膜症などの疾患に有効な治療です。白目に0.4~0.5mmの小さな孔を開け、硝子体の切除と吸引を行う器具や硝子体に似た成分で眼球を保持する眼内灌流液などを入れて手術が行われています。

セントラル眼科クリニックの特徴について

セントラル眼科クリニックphoto

・網膜硝子体の手術に特化したクリニック!

セントラル眼科クリニックは、網膜硝子体疾患の手術が専門のクリニックとして、これまで大学病院や総合病院といった高次医療機関で難症例を含む数多くの硝子体手術を執刀してきた院長先生が、硝子体手術や強膜バックリング・硝子体注射といった全ての外科処置を執刀しているそうです。中でも硝子体手術は眼科医療の分野で最も難易度が高い手術と言われていますが、日本眼科学会専門医・指導医として、これまでに様々な眼の疾患に対応して培った技術と豊富な臨床経験をもつ院長による治療を受けられるのは、安心できるポイントと言えるでしょう。

・低侵襲な手術を目指して!

硝子体手術による合併症や感染症のリスクを限りなくゼロに近付けることができるよう、大学病院や総合病院にも引けを取らないような医療設備を取り入れ、安全性の高い手術を目指されています。広い視野で眼底を捉えることができる高角眼底観察システム(Resight)や、Alcon社製の新しい硝子体手術装置「コンステレーション」を完備しており、0.4㎜の27Gあるいは0.5㎜の25Gという極小切開を実現しているそうです。

・網膜剥離などの緊急疾患にも対応!

硝子体の牽引によって網膜に裂け目が生じ、網膜が剥がれてしまう裂孔原性網膜剥離という緊急性の高い疾患にも対応されています。視野の狭まりや大幅な視力の低下につながる恐れがあり、放置すると失明に至るケースもあるそうです。強膜バックリング手術と硝子体手術という二つの術式があり、症例に応じて適切な治療が行われています。また、増殖硝子体網膜症や増殖糖尿病網膜症などの難治性疾患にも、全身状態が可能な限り日帰り手術で対応しており心強いです。
網膜硝子体手術の経験が豊かな先生をお探しの方は、セントラル眼科へのご相談をおすすめします。

もう少し詳しくこの硝子体手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらセントラル眼科クリニックの紹介ページ

イナガキ眼科(浦安市)

  • 駅徒歩3分

イナガキ眼科photo

アクセス・住所・診療時間

JR武蔵野線・JR京葉線 新浦安駅 北口 徒歩3分

千葉県浦安市美浜1-9-2 浦安ブライトンビル7F

診療時間
9:45〜13:00
14:45〜18:00

※散瞳を必要とする眼底検査を受けられる方は、受付終了30分前までにご来院ください。
※年末年始・夏季休暇・連休・学会参加などで臨時休診や受付時間が変更になります。来院前にご確認ください。
【所属・資格など】
・日本眼科学会 眼科専門医
・医学博士
・日本網膜硝子体学会

イナガキ眼科はこんな医院です

イナガキ眼科photo

浦安市美浜にあるイナガキ眼科は、白内障手術を中心とした様々な眼科手術に対応されています。手術を受けられる患者さんが、「ここで手術を受けてよかった」と思っていただけるような手術の提供に努められています。特に硝子体手術、網膜レーザー治療(マイクロパルスレーザー、低侵襲レーザー)は院長の専門分野で力を入れており、院長自ら執刀されているそうです。 クリニックは、JR京葉線とJR武蔵野線が乗り入れる新浦安駅から徒歩3分の「浦安ブライトンビル」の7階に位置しています。駅近で便利な場所にあるため、お近くにお住いの方はもちろん、JR京葉線、武蔵野線沿線をご利用の方にも通っていただきやすいのではないでしょうか。 また、空気清浄機やアクリル板、消毒液を設置したり、換気を行ったりすることで、院内感染対策にも力を入れているそうです。感染症が不安な時期も安心してご来院いただくことができるでしょう。

イナガキ眼科photo

イナガキ眼科の特徴について

・日帰りで早期回復が見込める硝子体手術!

イナガキ眼科photo

イナガキ眼科では、黄斑前膜、黄斑円孔、糖尿病網膜症、硝子体出血、飛蚊症などの硝子体混濁、裂孔原性網膜剥離などの網膜硝子体疾患を対象に、日帰りの硝子体手術を行われています(※術前・術後は経過観察が必要です)。なかでも裂孔原性網膜剥離は、初期であれば硝子体手術が必要なく、網膜レーザー治療で治療できるケースもあるそうです。 術後に入院管理が必要な場合には、適宜順天堂大学浦安病院、順天堂医院に紹介しております。硝子体手術について相談したいことのある方は、まずは一度イナガキ眼科に相談してみてはいかがでしょうか。

・先端の硝子体手術設備による小切開硝子体手術!

イナガキ眼科photo

イナガキ眼科では、25Gシステムと27Gシステムを組み合わせた小切開硝子体手術が行われています。GとはGauge(ゲージ)の略で、眼球に開ける穴の大きさを表しているそうです。これらを用いることで、目への負担やストレスが少なく、より短時間での手術が可能となります。 また、イナガキ眼科では、手術中に25Gシステムと27Gシステムを状態に応じて使い分けることで、より患者さんの身体に負担、痛みの少ない手術を実現されています。目の手術に強い恐怖心をお持ちの方は、一度相談してみることをおすすめします。

・豊富な網膜硝子体手術の執刀経験を持つ院長が執刀!

イナガキ眼科photo

硝子体手術を担当するのは、聖路加国際病院の眼科で、数多くの網膜硝子体手術を執刀、手術教育をしてきた経験豊富な院長で、安全性の高い丁寧な処置を心がけているそうです。糖尿病の合併症の一つである糖尿病網膜症や中心性漿液性網脈絡膜症といった網膜疾患への低侵襲網膜レーザー治療にも精通しており、深い知識に基づいた良質な硝子体手術が期待できます。信頼できる先生に硝子体手術をお任せしたいという方は、イナガキ眼科であれば安心して治療をお任せできるのではないでしょうか。

もう少し詳しくこの硝子体手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらイナガキ眼科の紹介ページ

今井眼科医院(茂原市)

  • 駅徒歩5分

今井眼科医院photo引用:https://imai-ganka.com/

アクセス・住所・診療時間

JR外房線 茂原駅 南口 徒歩5分

千葉県茂原市高師810

診療時間
8:30~12:00
14:30~18:00

★:手術(火曜日16:00まで)
※最終受付は診療終了の15分前までになります。

今井眼科医院はこんな医院です

今井眼科医院photo引用:https://imai-ganka.com/

千葉県茂原市の今井眼科医院では、患者さん1人ひとりの眼の不安や悩みに適した安心の眼科治療が行われています。お子さまから高齢の方まで、眼の健康について気軽に相談できる眼科のホームドクターを目指しているそうです。

JR茂原駅南口より徒歩5分、敷地内に34台収容可能な専用駐車場が完備されています。診療日時は平日が8時30分~12時/14時30分~18時(木曜日は12時まで)、土曜日は12時まで治療が行われており、休診日は日曜日と祝日です。

医療設備を充実させ硝子体手術に力を入れ、さまざまな眼科疾患の治療が行われています。硝子体手術の実績は463件と豊富ですので、ぜひ受診してみてはいかがでしょうか。(2021年1月現在)

今井眼科医院の特徴について

・硝子体手術による眼科疾患治療!

硝子体は眼球の水晶体奥にある透明のゼリー状の組織であり、加齢や眼の病気によってダメージを受けると眼に障害が起きると言われています。その状態を改善する治療が硝子体手術であり、硝子体を取り除いて眼の病気も治療できるそうです。

硝子体手術で治療できる眼の病気は、糖尿病網膜症や加齢黄斑変性症、硝子体出血などです。白内障手術を同時に行ってくれるとのことなので、安心して手術が受けられるのではないでしょうか。

・硝子体日帰り手術に対応!

硝子体手術は手術装置の開発や手術方法と麻酔の発達によって、短時間で正確に行えるよう進化しているそうです。硝子体手術は痛みが少なく身体にあまり負担がかからないため、入院をともなわない日帰り手術が可能だそうです。(※経過観察が必要)

入院を必要としないため医療費の軽減に繋がり、日常生活に支障をきたしにくいでしょう。仕事などで多忙の方は、眼の不調を我慢することなく硝子体日帰り手術を受けてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの硝子体手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら今井眼科医院の紹介ページ

すみれ眼科(八千代市)

  • 駅徒歩1分

すみれ眼科photo引用:https://sumire-eye.com/

アクセス・住所・診療時間

京成本線 八千代台駅 東口 徒歩1分

千葉県八千代市八千代台東1-13-1 佐藤八千代台ビル2F

診療時間
10:00~12:30
14:30~17:00

★:予約のみ
▲:手術のみ
※第1及び第3水曜日の午後は手術になる場合があります。外来については事前にHPまたはお電話にてご確認ください。

すみれ眼科はこんな医院です

すみれ眼科では、眼科の診療が行われています。大学病院にも劣らない設備を有する手術室を完備しているほか、日帰りで網膜硝子体手術をはじめ多くの手術がされているそうです。セカンドオピニオンも行われており、患者さんが納得のいく治療方法を選べるよう意見を聞くこともできるでしょう。(※経過観察が必要)

平日のほかに日曜日にも手術が行われており、予定に合わせた手術日程を計画してくれるため平日に時間の取れない方には朗報なのではないでしょうか。

アクセス京成本線八千代台駅より徒歩2分です。診療時間は月曜日・火曜日・水曜日・土曜日は10時~12時30分/14時30分~17時、木曜日・金曜日は10時~12:30です。休診日は日曜日・祝日ですが手術のみ行っているそうです。

すみれ眼科の特徴について

・侵襲の少ない日帰り硝子体手術!

硝子体手術では、近年様々な手術装置や手技が開発されているそうです。すみれ眼科では、その中でも手術侵襲が極めて少ない小切開硝子体手術で手術が行われています。この手術は極小切開創で行う手術のため、日帰りで行うことができるそうです。(※経過観察が必要)

平日はもちろんのこと日曜日も手術が行われているため、お仕事等で忙しい方にとっては予定に合う手術日程の計画ができるのではないでしょうか。視力低下でお悩みの方は放置せず、1度相談してみてはいかがでしょうか。

・セカンドオピニオンで治療法の選択!

硝子体手術は様々な種類の治療方法があるため、ほかの医療機関で提案された治療方法について納得がいかず、別の治療方法をお探しのかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

すみれ眼科では、患者さんが納得のいく治療法を選択することができるよう、セカンドオピニオンが行われています。第二の意見を聞くことで病気への理解が深まり、別の治療法の提案で選択の幅も広がるでしょう。

もう少し詳しくこの硝子体手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらすみれ眼科の紹介ページ

我孫子おがわ眼科(我孫子市)

  • 駅徒歩10秒

我孫子おがわ眼科photo引用:https://abiko-ogawa-ganka.com/

アクセス・住所・診療時間

JR常磐線 我孫子駅 北口 徒歩10秒

千葉県我孫子市我孫子1-1-22 アラベスクビル5階

診療時間
9:00~12:30
14:30~17:30

★:手術

我孫子おがわ眼科はこんな医院です

我孫子おがわ眼科photo引用:https://abiko-ogawa-ganka.com/

我孫子おがわ眼科の院長は眼科専門医で、特に網膜硝子体疾患や白内障の診断と手術治療を専門にしているそうです。臨床第一線で培った経験のもと、検査や治療法の選択肢を、患者さんにわかりやすく納得のできる説明を行うことに尽力されているほか、日帰り手術に力が入れられています。(※経過観察が必要)

手術室は特別な換気システムで埃や塵を除去し感染予防を行い、患者さんが安心して手術を受けられるよう環境が整えられています。

アクセスはJR我孫子駅より徒歩10秒です。診療時間は9時~12時30分/14時30分~17時30分で、休診日は水曜日・土曜日の午後・日曜日・祝日です。手術は月曜日と木曜日の14時30分~17時30分に行われています。

我孫子おがわ眼科の特徴について

・経験豊富な専門医による硝子体手術!

院長は眼科専門医として、眼科臨床診療の中でもとりわけ網膜硝子体疾患の診断と手術治療を専門的に経験されてきたとのことです。中でも硝子体手術は、1830件以上の手術実績があるそうです。手術を希望される患者さんは、高い水準の医療を安心して受けることができるのではないでしょうか。(2021年1月現在)

我孫子おがわ眼科では、常に新しい知識や治療法を習得して患者さんにわかりやすく丁寧に説明をしているそうです。病気や手術についてわからないことを相談してみてはいかがでしょうか。

・患者さんのことを第一に考えた手術環境!

我孫子おがわ眼科では、手術室をHEPAフィルターという特別な換気システムを使い塵やほこりを除去し、大学病院並みの清浄度を誇るっているそうです。

手術では痛みに不安をお持ちの方に向けて、3種類の麻酔方法を使って対応してくれるそうです。万一術中合併症が起きた場合でも、合併奨励を多く治療してきた院長により適した治療が施されるそうなので、安心して手術に臨めるでしょう。

もう少し詳しくこの硝子体手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら我孫子おがわ眼科の紹介ページ

市川なかじま眼科(市川市)

  • 駅徒歩1分

アクセス・住所・診療時間

JR総武線 市川駅 北口 徒歩1分
京成本線 市川真間駅 徒歩7分

千葉県市川市市川1-4-10 ダイエー市川店11F

診療時間
10:30~13:30
15:00~19:00

★:手術のみ
▲:10:30~14:30
※初診の最終受付は終了の30分前です。

市川なかじま眼科はこんな医院です

市川なかじま眼科では、眼科の診療が行われています。院長は眼科専門医で網膜硝子体疾患を専門としていますが、開業にあたりオルソケラトロジーICL治療も診療に取り入れたそうです。白内障や硝子体、緑内障の日帰り手術も毎週水曜日に行われています。

患者さんの話をよく聞き親切で丁寧な診療を心がけると共に、豊富な手術経験と実績で地域の医療発展のために尽力されているそうです。

アクセスはJR市川駅より徒歩1分、京成本線市川真間駅より徒歩7分で、仕事帰りでも通いやすい立地です。診療時間は10時30分~13時30分/15時~19時で、土曜日が10時30分~14時30分、休診日は土曜日の午後・日曜日・祝日です。手術は水曜日の午前中に行われています。

市川なかじま眼科の特徴について

・硝子体疾患に詳しい専門医!

理事長は2015年に開業以降、硝子体手術、白内手術などの手術を1500件以上されてきたそうです。勤務医時代には網膜硝子体疾患を主に診療されていました。(※2020年1月時点)

患者さんの話をよく聞き、親切で丁寧な診療を心がけているそうです。病気や手術の説明を詳しく納得できるまで聞くことができるため、目のお悩みを抱えている方は症状や検査方法、治療法について1度相談してみてはいかがでしょうか。

・日帰りの極小切開硝子体手術!

市川なかじま眼科では、極小切開硝子体手術が行われています。小さな傷口と十分な麻酔で痛みの少ない手術なので、日帰りでの手術が可能だそうです。(※経過観察が必要)

特に糖尿病をお持ちの方に対して目の症状がある場合は、定期的な眼底検査と必要に応じて手術をするそうです。手術となっても日帰りで行え負担は軽くなっているので、糖尿病をお持ちの方は1度受診されてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの硝子体手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら市川なかじま眼科の紹介ページ

千葉県でおすすめの硝子体手術対応クリニック6医院まとめ

眼科の選び方は人それぞれだと思いますが、目の病気などで治療や手術が必要な場合は、少しエリアを広げてでも信頼できる眼科を探したいものだと思います。千葉県内の眼科には様々な選択肢があることがわかりました。日本眼科学会認定の眼科専門医が在籍しているなどはわかりやすいポイントですが、豊富な経験や手術方法に対応しているなど、、、ご要望にあわせて、あなたにふさわしい硝子体手術対応クリニックを選んでみてはいかがでしょうか?