【2021年】千葉県の白内障手術 おすすめしたい8医院(1/2ページ)

公開日:2021/12/09  更新日:2021/12/15

千葉県で評判の白内障手術をお探しですか?
千葉県は手術方法や実績、移植する眼内レンズの種類など様々な眼科クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、千葉県でおすすめの白内障手術対応クリニックをご紹介いたします。
※2021年12月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

千葉県で評判のおすすめ白内障手術8医院!

かわな眼科(松戸市)

  • 駅徒歩1分

かわな眼科photo

アクセス・住所・診療時間

新京成線 常磐平駅 南口 徒歩1分

千葉県松戸市常盤平3-10-1 セブンタウン常盤平店3F クリニックモール常盤平内

診療時間
9:00~11:30
11:30~12:30
15:00~17:30

★:手術
▲:処置
※手術・処置対応は予約制となります。

【資格】
・医学博士
・日本眼科学会認定 眼科専門医

かわな眼科はこんな医院です

かわな眼科photo

かわな眼科は、千葉県松戸市の常磐平にあるセブンタウン常磐平店の3階に位置する眼科医院です。最寄り駅は、新京成線の常磐平駅です。駅からは、南口を出て徒歩1分という非常に駅チカでアクセス良好な立地をしており、そのアクセスの良さゆえに数多くの患者さんが通われています。近隣にお住いの地元の患者さんはもちろんのこと、遠方にお住いの患者さんも電車をご利用になるなどして通われており、信頼と実績、人気の高さをうかがうことのできる眼科医院となっています。診療時間は、月・火・水・金が午前9時から午後5時半まで、木曜日が午前9時から午前11時半まで、そして土曜日が午前9時から午後0時半までとなっています。診療が行われていない時間帯は手術や処置をされているので、治療が始まれば診療時間外に受診することを指定されるかもしれません。ご注意ください。とはいえ、診療時間は幅広く、商業施設内に開院されていることもあって、お買い物のついでなど便利に通院できる眼科医院です。ぜひ一度受診されてみてはいかがでしょうか。

かわな眼科の特徴について

かわな眼科photo

・経験多数で信頼できる眼科医院です!

かわな眼科は、診療経験が豊富であり、様々な症例にご対応されてきた眼科医院です。治療をご担当されている院長先生は、筑波大学病院をはじめとして様々な大病院で経験を積まれてきた先生であり、その技術の高さと知識の豊富さが魅力的です。現在は、日本眼科学会に認定を受けた専門医としてご活躍されているほか、常に新しい治療を学びながら診療を行われています。そのため、眼の症状に関するお悩みなら何でもご相談可能ですので、かかりつけの眼科医院としてご利用されることもおすすめです。何か気になることがございましたら、ぜひ一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

・駅チカでアクセス良好、便利な立地の眼科医院です!

かわな眼科は、駅チカでアクセス良好な便利な立地をしている眼科医院です。最寄り駅である新京成線の常磐平駅から徒歩1分のところにあるセブンタウン常磐平の3階に位置しており、そのアクセスの良さは市内でも有数です。そのため、沿線沿いなどにお住いである市外の患者さんも多数かわな眼科をご利用されていて、幅広い地域の患者さんから親しまれている眼科医院と言えるでしょう。治療内容によっては帰宅時にお車の運転をされることに危険を伴う場合もありますので、可能な限り電車での通院をおすすめいたします。また、開院されているセブンタウン常磐平には様々なお店が立ち並んでいるので、お買い物のついでなどでも受診しやすいでしょう。ぜひ一度ご利用されてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらかわな眼科の紹介ページ

セントラル眼科クリニック(市川市)

  • 駅徒歩2分

セントラル眼科クリニックphoto

アクセス・住所・診療時間

東京メトロ東西線 行徳駅 徒歩2分

千葉県市川市行徳駅前2-13-16

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:30

※緊急手術が入った際には、受付時間が18:00までになる場合がございます。予めご了承ください。
※受付開始は診療時間の30分前からとなります。

【資格・所属学会】
・日本眼科学会 眼科専門医
・日本眼科手術学会
・日本白内障屈折矯正手術学会
・日本網膜硝子体学会
・日本緑内障学会

セントラル眼科クリニックはこんな医院です

セントラル眼科クリニックphoto

千葉県市川市行徳駅前のセントラル眼科クリニックは、地域に根差した診療のなかで質の高いレベルの医療水準を提供する医療施設です。院長先生は、慶應義塾大学病院をはじめとした様々な病院で長年経験を積まれた診療経験が豊富な先生で、眼科専門医はもちろん厚労省認定指導医の資格を有し、数多くの若手医師の育成にあたっていた先生です。なかでも院長先生は手術治療を得意としており、手術技術の高さや診療能力は定評があります。こちらの眼科で行う手術は、全て院長先生が執刀されているので安心です。また、大学病院で研鑽を積んだ検査員による質の高い検査が受けられます。交通アクセスは、東京メトロ東西線の行徳駅より徒歩2分、通院しやすい便利な立地環境にあります。

診療日時は平日が9:00~18:30(木曜日午後は手術専用)、土曜日は12時まで治療が行われており、休診日は日祝です。診療体制は、新しい医療機器や設備が導入され手術室を完備し、大学病院と連携した医療提供が構築されています。

眼科診療の内容は、結膜炎やものもらいなどの一般的な眼の疾患をはじめ白内障、緑内障、網膜剝離、糖尿病網膜症など専門性の高い疾患まで、さまざま眼の病気に対応する治療が行われています。なかでも白内障、網膜硝子体、緑内障の手術治療に注力しており、全て日帰り手術が可能ですので、必要な場合は一度相談してみてはいかがでしょうか。(※術前術後は経過観察のための通院が必要です)

セントラル眼科クリニックの特徴について

セントラル眼科クリニックphoto

・負担の少ない日帰り白内障手術!

セントラル眼科クリニックでは日帰り白内障手術が行われており、手術時間はわずか10分程度、新しい手術機器が導入されており患者さんに負担が少ない手術対応になるそうです。手術は分院のセントラル眼科今川内で行われますが、手術当日はクリニックから自宅まで車での送迎サービスがあるため安心です。術後は、眼鏡合わせもサポートしてくれます。また、日帰りでの網膜硝子体手術や緑内障手術にも対応しています。

・クリーンルームの手術室を完備

分院である、浦安市にあるセントラル眼科クリニック今川内は駐車場が8台あり、車での通院が可能です。院内はバリアフリーになっているので、車椅子の方やご高齢の方も通いやすい病院です。
手術室は感染防止を徹底したクリーンな手術室を完備しており、手術後の重篤な合併症である感染を防ぐ事にも力を入れています。
また、白内障手術以外にも日帰りでの網膜硝子体手術や緑内障手術も行っているために、白内障手術で起こりうる様々な合併症に対しても迅速に対応してくれるので心強いです。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらセントラル眼科クリニックの紹介ページ

斉藤おとな&こども眼科クリニック(印西市)

  • バス停留所から徒歩3分

斉藤おとな&こども眼科クリニックphoto

アクセス・住所・診療時間

バス:船穂中学校前 下車 徒歩3分
北総線・京成成田空港線 千葉ニュータウン中央駅 南口 車で5分

千葉県印西市高花5-1-3

診療時間
9:00〜12:00
白内障手術
15:00〜18:00


【経歴】
・山形大学医学部を卒業
・山形大学医学部附属病院やその関連病院に勤務
・1992年 斉藤眼科おとな&こども眼科クリニック 開院

斉藤おとな&こども眼科クリニックはこんな医院です

斉藤おとな&こども眼科クリニックphoto

斉藤おとな&こども眼科クリニックは白内障手術に力を入れています。1992年の開業以来、地域の方の眼のお悩みに幅広く対応し、眼科医療に貢献されており、地域の学校の校医としても、印材市内の幼稚園・小学校・中学校・高校で診療を行っているそうです。「目に関するお悩みや疑問について、何でもご相談できる温かいクリニックでありたい」と考え、些細なお悩みも相談しやすい眼科クリニックを目指されています。
結膜炎や花粉症、コンタクトレンズのトラブルなど対処的な治療はもちろん、加齢に伴って生じる加齢黄斑変性や老視、失明原因のトップとも言われる緑内障など、様々な診療に対応されているので、眼のお困りごとを何でも相談できるクリニックとして頼もしいのではないでしょうか。日曜日・祝日は休診で、診療時間は9:00〜12:00/15:00〜18:00です(※土曜日午後は休診)。

斉藤おとな&こども眼科クリニックの特徴について

斉藤おとな&こども眼科クリニックphoto

・日帰り白内障手術に対応!

斉藤おとな&こども眼科クリニックでは、加齢とともに眼球の水晶体という部分が白く濁り、視界の霞みやぼやけなどの症状が表れる、白内障の治療に注力されています。手術は日帰りで行われ、入院の必要がないため、お仕事などの日常生活を送りながら手術を受けられるのが大きな特徴です(※術前・術後の経過観察が必要です)。手術中は、眼球内の体液の圧力を一定に保つ必要がありますが、「センチュリオン・ビジョン・システム」を活用することで、容易に眼圧を維持し、眼球へのダメージが少ない、身体に優しい手術に繋がるそうです。糖尿病やアトピー性皮膚炎などの合併症や、ケガや薬の副作用で症状が生じることもあるそうなので、視力の低下や、光がまぶしく感じるなど気になる症状のある方は、眼への負担に配慮した手術を行っている斉藤おとな&こども眼科クリニックへ相談してみることをおすすめします。

・多焦点眼内レンズ!

白内障手術では、白く濁った水晶体を取り出し、人工のレンズを眼球に入れるそうです。多焦点レンズは、遠方と近くのピントが合うものの、中間距離にあるものが見えづらい2焦点レンズが主流でしたが、斉藤おとな&こども眼科クリニックでは、中間距離にもピントが合う3焦点レンズも採用しているそうです。近くのもの、中間距離のもの、遠方のものにピントが合うため、仕事に差し支えないほど見え方が改善されるそうです。また、手術を行う院長は豊富な手術経験をお持ちで、深い知識に裏打ちされた白内障手術が行われています。手術を検討されている方は、斉藤おとな&こども眼科クリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら斉藤おとな&こども眼科クリニックの紹介ページ

にしお眼科(富里市)

  • 駅から車で6分

にしお眼科photo

アクセス・住所・診療時間

京成本線 京成成田駅 車で6分

千葉県富里市七栄525-300

診療時間
9:00~12:30
14:30~17:30

★:手術日(完全予約制、一般診療は休診)
※受付は診療終了時間の30分前までです。
※眼鏡処方、コンタクトレンズ処方は診療終了時間の60分前までです。
※眼底検査は診療終了時間の60分前までです。

【所属・資格など】
・日本眼科学会 眼科専門医
・日本眼科医会
・日本神経眼科学会
・日本コンタクトレンズ学会

にしお眼科はこんな医院です

にしお眼科は、ジョイフル本田富里店より徒歩6分ほどの場所にあり、お車でお越しの方のための駐車スペースを完備されています。2021年2月に新規開院した眼科医院で、加齢や目もとの外傷、糖尿病などが原因で視界の霞みや眩しさといった違和感、視力の低下などがみられる“白内障”の治療に注力されています。白内障は初期段階であれば点眼薬で進行を遅らせることもできますが、根本的な視力回復のためには、白濁した水晶体を除去して人工の眼内レンズを挿入する手術が必要なのだそうです。視界不良によって生活上の不自由が生じたタイミングなど、適切な時期に手術を受けることが大切です。

にしお眼科の特徴について

にしお眼科photo

・日本眼科学会眼科専門医による術前から術後までの一貫した診療!

院長は、大学病院や国立病院といった高次医療機関の眼科で臨床経験を重ね、日本眼科学会眼科専門医である知識を生かした白内障手術を行っております。術前に目の状態を調べ、人工眼内レンズの度数や種類を決定するための検査や、目に切り込みを入れてレンズを挿入する処置、そして術後に感染症や後遺症などの病変が生じていないかを調べるための検査まで、先生が一貫して行っているそうです。手術による目の切開創が塞がるのには1週間ほど要するため、その間に毒性の強い細菌の侵入や目の炎症がみられないかを観察するなど、丁寧なアフターフォローが行われています。

・地域のかかりつけ医として一般眼科診療にも対応!

白内障手術はもちろんのこと、目の神経の異常で視野が狭まり、40歳を過ぎると発症のリスクが高まる「緑内障」や、視界に歪みが出現する「加齢黄斑変性」、糖尿病の合併症としても知られている「糖尿病網膜症」など、様々な目の疾患の治療が行われています。ものもらいや角膜結膜炎といった突発的なトラブルをはじめ、パソコン作業などによる慢性的な眼精疲労やドライアイ、お子さんに多い斜視や弱視など、一般的な眼科診療にも幅広く対応し、富里市の地域医療に貢献されています。

・院内処方に対応!

にしお眼科では、患者さんのご負担に配慮し、調剤薬局へ足を運ぶことなくお薬を受け取ることができる院内処方に対応されています。白内障の症状でお悩みの方、年々目が見えにくくなっているという方は、経験豊富な先生が手術を執刀し、院内処方にも対応しているにしお眼科へお早めに相談してみることをおすすめします。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらにしお眼科の紹介ページ

オリーブ眼科クリニック(鎌ヶ谷市)

  • 駅徒歩0分

オリーブ眼科クリニックphoto

アクセス・住所・診療時間

東武アーバンパークライン 馬込沢駅 徒歩0分

千葉県鎌ヶ谷市東道野辺7-22-46 KU馬込沢ビル3F

診療時間
9:00~12:00
14:30~18:30

※月曜日・木曜日は手術日です。
※受付時間は8:50~12:00/14:20~18:00です。

【所属・資格など】
・日本眼科学会 眼科専門医
・日本眼炎症学会
・日本白内障屈折矯正手術学会
・日本眼科手術学会
・日本近視学会
・日本網膜硝子体学会
・日本緑内障学会
・千葉県眼科医会

オリーブ眼科クリニックはこんな医院です

オリーブ眼科クリニックphoto

オリーブ眼科クリニックは、馬込沢駅の東口よりすぐの場所にあり、地域に根ざした眼科診療を提供されています。中でも、加齢などに伴って視力低下や視界の霞み、ぼやけなどが生じる白内障の治療に力を入れており、日帰り手術を行っているそうです(※術前・術後の経過観察が必要です)。白内障は、レンズの役割を担う水晶体が白く濁る疾患で、加齢のほかにはアトピー性皮膚炎や糖尿病などが原因として考えられており、60歳前後で発症するケースが多いと言われています。初期段階であれば点眼治療で進行を遅らせることもできますが、症状の根本的な改善のためには手術が必要で、人工の眼内レンズを挿入することで視力を改善することができるそうです。年々視界がぼやけて、自動車の運転やお仕事などの日常生活に支障が出ているという方は、オリーブ眼科クリニックへご相談ください。

オリーブ眼科クリニックの特徴について

オリーブ眼科クリニックphoto

・多焦点眼内レンズを採用!

白内障治療では、濁った水晶体を除去する超音波乳化吸引術という手術が有効で、濁った水晶体の代わりに人工の眼内レンズを挿入する処置が行われています。オリーブ眼科クリニックでは、保険適用の眼内レンズと自費診療の眼内レンズの両方を取り扱っており、患者さんの要望やご予算、ライフスタイルに適した眼内レンズを提案されています。ピントが合う距離が一点となる保険適用の眼内レンズにはピント調節機能はほぼないため、術後も眼鏡の装着が必要ですが、複数点にピントを合わせることができる自費診療の多焦点眼内レンズであれば、術後の大半の時間は眼鏡による視力矯正なしで過ごせるそうです。眼鏡の装着にわずらわしさをお感じの方や、術後はできる限り眼鏡を使用せずに過ごしたいという方は、オリーブ眼科クリニックへご相談ください。

・経験豊富な先生!

精密かつ安全性の高い白内障手術に欠かせない医療設備が充実しており、きめ細かい手技に対応できる新しい白内障手術装置や、後発白内障の治療に有効なコンビレーザー手術装置、高性能な処置室顕微鏡などを完備しているそうです。
院長は、大学病院や医療センターといった高次医療機関の眼科で臨床経験を積み、数多くの白内障手術を行ってきた経験豊富な先生です。日本眼科学会認定眼科専門医として培った経験と豊富な知識をもとに、白内障の症状でご不便を抱えている方のご不安に寄り添い、「鎌ヶ谷エリアのみなさんの目へ美しい光を届けたい」という思いで日々診療を行っているそうです。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらオリーブ眼科クリニックの紹介ページ

いしい眼科(流山市)

  • 駅徒歩10分

アクセス・住所・診療時間

東武野田線 江戸川台駅 西口 徒歩10分

千葉県流山市中野久木511-2

診療時間
9:00〜12:00
15:00〜18:00

★:9:00~13:00

いしい眼科はこんな医院です

流山市中野久木のいしい眼科は、東武野田線の江戸川台駅から10分ほど歩いたところにあります。35台駐車できる大型駐車場が完備されており、車で通院する患者さんからは広くて便利という好評を集めています。土曜日も13時まで診療をおこなっているので、平日は時間がとれない方も週末を利用して通院することができます。院長先生は大学病院で勤務した経験があり、科学的根拠にもとづいた専門性の高い診療をおこなってもらえる病院です。ドクターやスタッフの方々の対応は親切で気持ちがよく、治療内容についての説明はわかりやすくて丁寧です。まだ新しい院内は綺麗で広々としており、カンファレンスルームやリカバリー室などが設けられています。幅広い年代の患者さんが快適に利用できるように心配りが充実している病院です。

いしい眼科の特徴について

・キッズスペースや小児用トイレを完備!

こちらのいしい眼科には子供と一緒に通院する方も多く、安心して利用できると好評を得ています。待合室の隣にはキッズスペースが設けられており、子供たちは用意されているおもちゃや絵本を自由に使って楽しい時間を過ごすことができます。小児用トイレが完備されているのもうれしいポイントです。ドクターやスタッフの方々は子供の対応に慣れており、優しく丁寧に接してくれるので子供が怖がらずに診療を受けられるという点においても評判が高い病院です。

・白内障の手術をおこなっています!

こちらの院長先生は白内障手術を専門のひとつとしており、オペ室を設けて日帰りでの手術をおこなっています。患者さんの不安や心配ができるだけ少なくなるように、手術の前には家族と一緒に丁寧な説明を受けられるようにしてくれます。また、感染症対策を厳重におこなっている点も安心です。入院を必要とする手術・治療が必要な場合は、大学病院などと連携をとることによってスムーズに診療が受けられるように気を配ってくれます。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらいしい眼科の紹介ページ