FOLLOW US

目次 -INDEX-

  1. Medical DOCTOP
  2. ドクターインタビュー
  3. マウスピース型矯正のメリットを最大に生かす、失敗しない歯科医院選びとは?【福岡市早良区 医療法人Misora『Shiro矯正歯科』】

マウスピース型矯正のメリットを最大に生かす、失敗しない歯科医院選びとは?【福岡市早良区 医療法人Misora『Shiro矯正歯科』】

 更新日:2024/05/20

マウスピース型矯正のメリットを最大に生かす、失敗しない歯科医院選びとは?
マウスピース型矯正のメリットを最大に生かす、失敗しない歯科医院選びとは?

「目立ちにくい」「取り外しができる」といった特徴のマウスピース型矯正従来の矯正装置にはないメリットが注目され、一般的にも広く知られるようになった。その一方で、マウスピース型矯正には自己管理が求められる。外している時間がつい長くなってしまうと、矯正効果に影響が及ぶからだ。このような問題を払拭し、高性能なマウスピース型矯正のよさを最大に生かすためには何を意識し、どのような歯科医院を選択すればいいのだろうか? 矯正の認定医として数多くの症例を積んできた医療法人Misora『Shiro矯正歯科』の秦省三郎院長に話を伺った。

Doctor’s Profile
秦 省三郎(はた しょうざぶろう)
医療法人Misora『Shiro矯正歯科』院長

2009年福岡歯科大学を卒業、2014年には矯正歯科学の博士課程を修了し、その後は同大学の矯正歯科学分野助教・医局長などを歴任した。2016年には日本矯正歯科学会 認定医を取得している。2018年より『はた矯正歯科』副院長に就任して実績を重ね、2021年、福岡市早良区に『Shiro矯正歯科』を開業した。認定医としての知識・技術を駆使し、矯正装置の併用などで幅広い症例に適応。子どもから大人まで、幅広い世代の患者さんに安心と笑顔を提供している。

「マウスピース型矯正」が注目されていますが、メリット・デメリットについて教えてください

マウスピース型矯正は、主流であった『金属ワイヤー矯正(ブラケット矯正)』と比較して、「透明なので目立ちにくい」「取り外しができる」という点が大きな特長です。いつでも外せることで食事の制限がなく、通常どおりに歯磨きもできます。患者さんにとって心身の負担が抑えられ、むし歯などのリスクも圧倒的に軽減できる方法といえるでしょう。
しかし、マウスピース装着は一日20~22時間が必要で、それはすべて患者さんの自己管理となり、外している時間が長いと効果が出ないというデメリットが出てきます。患者さんご本人の「治したい」という強い意志が大切ですし、歯科医師には事前にその点をしっかり説明することが求められます。
また、マウスピースだけで歯並びが完全に整うと言い切れるものではなく、ワイヤーなど他の方法との組み合わせが必要なケースもあります。

マウスピース型矯正のメリット・デメリット

マウスピース型矯正のネガティブなニュースで不安を感じている方もいるようですが…

矯正治療の費用は高額という印象があるため、患者さんが「格安」と表示されているものを選択してしまうということが影響しています。
その多くが「マウスピース」というワードをちらつかせて、医療ではなく“サービス”として矯正を提供している事業者によるものです。
なかには歯科医師が介入しているものの、最初だけで、あとはすべて自己責任というケースもあります。そういう事例は、マウスピース装着後の医師の診察や治療を完全にカットすることでコストを抑えているのです。
しかし、矯正治療では、装着している間は医師のモニタリングが非常に重要です。ただマウスピースを着けたけたからといって、簡単に矯正されていくものではありません。歯科が入り口だからと警戒せずにスタートしてしまうと、効果がまったくないどころか、副作用が出たり、結局は全然噛めなくなったりと、患者さんにとって甚大な被害が出てしまうこともあり得ます。

マウスピース型矯正のメリット・デメリット

そのような被害に遭わないために、どのようなことに注意したらよいでしょうか?

「安い」「簡単」といった広告だけで判断せず、矯正歯科としてしっかりとした実績があるかどうかをリサーチし、歯科医院を訪ねることが大切です。
予算やライフスタイルなどは患者さんごとに異なるでしょうが、まずは矯正治療の経験が豊富な医師に相談してみることをおすすめします。

効果の高いマウスピース型矯正を提供するための取り組み

効果の高いマウスピース型矯正を提供するための取り組み

貴院は、歯科矯正の専門としてたくさんの実績を重ねていらっしゃると伺いました。具体的なことをお聞かせいただけますか?

私は日本矯正歯科学会の「認定医」を取得し、その資格を生かしながらたくさんの知識や経験を重ねてきました。
当院では、全世界で普及しているアメリカ発のマウスピース型矯正インビザライン(※1)』を導入しており、その治療法では不可欠な口腔内スキャナー『iTero(アイテロ)』を用いることで、従来のような型取りの負担がない治療を行います。
進化を続ける新バージョンのiTeroへ常に更新して、精密なデータの取得に注力しています。事前に矯正のビフォー・アフターのシミュレーションをお見せすることもでき、快適性・安全性を向上させ、効果の高い治療をご提供しています。
また、当院では、専用のアプリを通じた『遠隔治療』も実装しています。患者さんがアプリで現状の写真を送信し、それを医師が確認・アドバイスしながら矯正治療を進めていくというものです。これにより、半年に一度しかご来院できない方でも矯正治療が可能です。当院は福岡市内ですが、東北地方にお住まいの方や海外の患者さんにご活用いただいております。

診断は無料で行われているそうですね

はい。当院のこだわりは、「無料診断ですべての資料を収集・確認できる」という点です。単なるカウンセリングに留まらず、レントゲン、CT、iTeroを使って診断し、治療方法や期間・費用などをご提示します。それをもとに、治療に進むかどうかをご検討いただければと考えております。無料でここまでやっている矯正歯科はほとんどないと思います。

治療にはどのくらいの時間がかかりますか? また費用について教えてください

治療期間は1~3年ほどになります(保定期間2年※矯正治療で後戻りしないようにするためのメンテナンス期間)。進捗確認のために通院は1〜3ヶ月に1回程度行っていただきます。費用は、トータルフィー(総額制)によって、治療開始から保定期間(安定する期間)終了まで一律98万円(税込)と定めています。
先進的な技術を次々に採用することで状況を正しくかつスピーディに可視化し、後戻りの少ない、確かな矯正治療をご提供しています。

貴院では、マウスピース以外の矯正も可能ですか?

基本的にはマウスピースで行いますが、患者さんの状態によっては、金属ワイヤーを組み合わせることもあります。
複雑な症例で、どうしてもマウスピースだけでは矯正できない箇所がある場合、そこだけに金属ワイヤーを使うことで、迅速・確実に歯を動かすことが可能になるからです。これは、どこでもできる方法ではなく、確かな診断力や技術力、症例数を持っている当院の強みといえます。
ほかにもたくさんの選択肢をご用意しており、臨機応変に対応しています。たとえば、「前歯の歯並びが悪いのでそこだけ部分的な矯正を」という方のご相談も承ります。しかし、奥歯や骨の状態が前歯に影響していることが多々あるため、部分ではなく全体の矯正をおすすめすることが多いですね。逆に、ご本人が全矯正をご希望していても、前歯だけの部分矯正が適切という方には、その旨をお伝えしています。

小児の場合はどのような矯正治療になりますか?

お子さんもマウスピース型矯正インビザライン・ファースト(※2)』が中心となります。開始のタイミングは、前歯が乳歯から永久歯へ生え替わる6歳~7歳が目安ですが、乳歯と永久歯が混在している時期でも治療は可能です。
歯を直接動かすのではなく、発育期の骨の成長をコントロールする『上顎前方牽引装置MPA)』も行っており、こちらは特に小学校低学年に適した治療です。
まずは、将来的な歯の生え方や、矯正の必要性の有無などを確認するため、気になることがあったら無料診断を受けることを推奨しています。
(※1,2) 未承認医薬品等であるため医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります。

効果の高いマウスピース型矯正を提供するための取り組み

矯正治療のプロフェッショナルとともに心身健康な充実した人生を

矯正治療のプロフェッショナルとともに心身健康な充実した人生を

歯科矯正において、先生が大切にしていることをお教えください

見た目だけでなく、機能についても精密に整え、しっかり噛めてこその矯正といえます。それを患者さんにお伝えし、治療そのものは効率化を意識して、心身のご負担が少しでも軽減されることを目指しています。
難しいケースにはマウスピースにこだわらず、柔軟に対応しています。先述のとおり、たとえばワイヤーを組み合わせることで確実に矯正が進み、期間の短縮に繋がることもあるからです。認定医としての経験を反映し、各患者さんにオーダーメイドの矯正をご提供することをモットーにしています。

矯正後、歯並びが元に戻ってしまうようなことはありませんか?

矯正治療が終わっても、状態が安定するよう2年間は保定専用のリテーナーを付けていただく必要があります。最後まで気持ちのよい矯正ができますよう、当院ではアフターケアも充実させています。

矯正治療のプロフェッショナルとともに心身健康な充実した人生を

改めて、自分に合った矯正歯科を選ぶためのポイントを教えてください

歯科矯正は「どこでやっても同じ」というものではありません。まず、費用は大切なポイントですが、「安い」を基準にせず、慎重に検討していただきたいと思います。単に「歯科だから」「診療項目に矯正があるから」というだけでなく、実際に矯正治療に従事してきた知識・経験がある歯科医師を選ぶことも重要です。その指標になるのは、矯正歯科学会の認定医の資格をもっているかどうかといえます。
また、実績があっても、マウスピース型矯正は「やっていない」「慣れていない」という歯科もあるため、マウスピースを選択したい方はその点の確認も必要になります。
マウスピース型矯正も多種ありますが、『インビザライン』に興味があるという方は、同社が設定している「ブロバイダー」という資格を有しているかどうかもチェックポイントになるでしょう。ブロバイダーはインビザラインの年間症例数に応じて決められているランクで、実績が豊富にあるかどうかの基準となります。
あとは、歯科医師との相性も大切かもしれません。「ちゃんと質問に答えてくれるかどうか」「マウスピース(一つの矯正方法)に固執せず、たくさんの選択肢やリカバリーの技術を持っているかどうか」なども、相談の段階でできるだけ確認したほうがいいでしょう。

最後に、このサイトをご覧になっている読者の方にメッセージをお願いします

矯正は、医師として非常にやりがいがある治療で、患者さんの毎日がキラキラ輝くことをサポートできるものです。一人でも多くの方が矯正に臨み、見映えも噛む力も改善して、笑顔の日々を送ってほしいと思います。
矯正治療を検討中の方は、一つの歯科医院で決めず、複数の矯正歯科医師に相談してしっかり納得し、気持ちよく治療を開始していただきたいものです。
矯正治療のトラブルのニュースを見ると、「怖い」と感じる方もいるでしょう。でも、トラブルは矯正治療そのものにあるのではなく、いずれも取り扱っている機関や人に問題があるというケースです。
今回のお話を、安全で正しい「矯正歯科選び」のご参考にしていただければ幸いです。

編集部まとめ

日々患者さんをお迎えしているという心地よくスタイリッシュな院内で、秦先生はとても穏やかに、かつ丁寧にさまざまなお話をしてくださいました。
マウスピース型矯正の歯科選びにおいては、「広告や看板に左右されないこと」「しっかり矯正治療に関わってきた医師を選ぶこと」「認定医であるかどうかに着目すること」と、多くのポイントを学ばせていただきました。マウスピース型矯正を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

Shiro矯正歯科

医院名

Shiro矯正歯科

診療内容

マウスピース型矯正 小児矯正 予防治療 など

所在地

福岡県福岡市早良区高取1丁目3-20
ファインガーデン高取202

アクセス

福岡市地下鉄空港線「藤崎」駅より徒歩4分
福岡市地下鉄空港線「西新」駅より徒歩8分
西鉄バス「高取」停留所より徒歩3分

この記事の監修歯科医師