レジン床義歯とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/17

レジン床義歯とは

レジン床義歯とは、歯肉および粘膜を覆う部分がプラスチック樹脂で作られた入れ歯のことです。保険適用内で治療が可能です。金属床義歯に比べ、分厚く熱を通しにくいので、そのための違和感を感じることがあります。調整や修理がしやすい反面、壊れやすいので、扱いには注意が必要です。

メリット

・保険適応である
・修理しやすい
・調整しやすい

デメリット/副作用

・食べ物、飲み物の温度が伝わりにくく、味も変化しやすい
・分厚いので違和感が強く発話しにくい
・プラスチックでできている為、壊れやすく擦り減りやすい
・汚れや臭いがつきやすいため、日々のお手入れや定期的なメンテナンスが必要

治療期間

作成に2週間~2ヶ月程度かかります。装着後に違和感が強い場合は微調整が必要になるため、違和感なく使用できるようになるまで2~3ヶ月程度かかります。

費用相場

部分入れ歯:1割負担1200~2500円程度・3割負担3600~7500円程度
総入れ歯:1割負担3千円程度・3割負担9千円程度

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。