目立たない裏側矯正とマウスピース型矯正でより早くきれいな口元を手に入れる【東京都武蔵野市 吉祥寺デンタルクリニック】

吉祥寺デンタルクリニック
吉祥寺デンタルクリニック

美しい歯並びには憧れるものの「矯正するほどでは…」と、躊躇している人は多い。矯正治療には、治療期間の長さや装置が目立つといった負担があるためだ。しかし、治療中人に気づかれることなく美しい歯並びを手に入れることができるなら、多くの人が矯正したいと思うのではないだろうか。裏側矯正、マウスピース型矯正の様な目立たない矯正法について、吉祥寺デンタルクリニックの大西院長に話を聞いた。

 

Doctor’s Profile
大西 栄史
吉祥寺デンタルクリニック 院長

1999 年岡山大学歯学部卒業後、同大学歯科補綴学第一講座入局。その後、歯科医院勤務を経て、2006 年吉祥寺デンタルクリニックを開院。裏側矯正や、マウスピース矯正で矯正装置の見た目や、治療期間などの負担をなるべく軽減した矯正治療を提供している。
日本歯科審美学会、日本舌側矯正歯科学会、日本顎咬合学会、日本包括歯科臨床学会所属。

矯正治療のハードルを下げたい

矯正治療はハードルが高いと感じている人が多いようですが、どうしてでしょうか?

矯正治療は高額そう、時間がかかりそう、痛そうとイメージしている人も多いと思います。場合によっては「抜歯の必要がある」などと言われることもありますからね。矯正装置をつければ装置が目立ちますし、食事をする時や、話をするときに不自由になる可能性があると心配されている人もいるかもしれません。そういったところが、やはりハードルが高くなってしまう理由だと思います。しかし、その様な患者様の負担を少しで下げたいと思い、患者様に寄り添った矯正治療を提供したいと考えています。

矯正治療にまつわるハードルの高さ

歯並びが悪いのは、どんな問題がありますか?

もちろん機能的な問題もあります。話しにくい、食べにくい、歯磨きが難しく不潔になり易いということもあります。しかし、見た目のコンプレックスから歯並びを治したいと考える人が圧倒的に多いです。矯正治療の目的は、「理想的な噛み合わせを作り」、「理想的な見た目」と「安定」にあります。しかし、この3 つをすべて充分に満たすのはほぼ不可能なのが現実です。実際の治療では、それらの問題に優先順位をつけて、患者様にとって最も良い治療法を、相談しながら考える事になります。

矯正治療中の見た目に配慮した方法が注目されているんですね。

そうですね。裏側矯正やマウスピース型矯正であれば、治療中に装置が目立たないので、従来の一般的矯正治と比べるとハードルは下がると思います。今は、見た目を気にされる人が多いので、矯正中に装置が目立たないのも喜ばれますし、矯正後歯並びがきれいになり、見た目のコンプレックスが解消され、自信を持てるようになる、ということもあり注目されている様です。

矯正治療にまつわるハードルの高さ

先生のクリニックでは、裏側矯正やマウスピース型矯正がご専門ですか?

はい。単に「裏側矯正」や「マウスピース矯正」に特化するだけでなく、治療計画を工夫することで、治療期間を短く、コストを下げられるようにも心掛けています。過去に、矯正治療には、「3 年かかります」「100 万円かかります」「歯は抜かなきゃいけません」って言われてあきらめていたけれど、実は矯正したい気持ちのある方は多いです。そういった人のために、矯正治療のハードルを少しでも下げられるように、と思っています。

裏側矯正とマウスピース型矯正のメリット

裏側矯正とは、どんな矯正ですか?

歯の裏面に矯正装置をつける矯正です。口の中ですし、舌も装置に触りますから、最初は違和感があると思います。装置に厚みがあると、それだけ異物感が大きくなるので、裏側矯正装置の中でも薄いタイプのものを選んでいます。実は、その薄い装置はすべての人に適用できるわけではないのですが、それが使用できるケースではかなり違和感が少ない裏側矯正となりメリットがあります。

裏側矯正とマウスピース型矯正のメリット

裏側矯正は、表側に装置をつける矯正治療と効果に違いはありますか?

機能的な違いはありません。装置が見えてしまうのを避けるために裏側に装置をつけるというだけで、何か治療法が異なるわけではありません。基本的にどなたでも裏側矯正で治療することが可能です。特に見た目を気にするお年頃の方には、前歯にギラギラ装置がつくのは抵抗があると思うので、裏側矯正を選択肢に考えていただきたいですね。

では、マウスピース型矯正は通常の矯正とどう違うのでしょうか?

マウスピース矯正は、ペットボトルの様な素材のマウスピースを使用する矯正方法です。透明で目立ちませんし、外せるという圧倒的なメリットがあります。マウスピースを外して食事ができますし、歯磨きも通常通りにできます。矯正装置を歯に接着する矯正よりも歯は磨きやすいので、清潔に治療できるのも良い点ですね。
ただ、マウスピースは「使わない」こともできてしまうものですから、真面目に矯正に取り組める人でないと効果は上がらないです。毎日17 時間はマウスピースをつけておく必要があるんですが、ついつい外す時間が多くなってしまうと、せっかく治療を始めたのに、思ったほど効果が上がらないということもありえます。そんな方には、裏側矯正がおススメになります。

外したいタイミングがある人にはとてもよい方法ですね。

当院の土地柄なのか、声優さんの患者さんが多くて、そういった方にはマウスピース矯正が安心なようです。録音のあるお仕事のときはマウスピースを外すとおっしゃっていますね。そういう観点で見れば、語学を教える先生や人前に出て話す人は、微妙な発音や声の質までにこだわるのであればマウスピースが向いているでしょうね。

裏側矯正やマウスピース矯正に伴う痛みはありますか?

一般的な矯正同様多少の痛みは伴います。しかし、当院の裏側矯正は、超薄型タイプを採用し、装着部位を限定することで、極力痛み軽減に努めています。マウスピースは何となく痛くなさそうに感じられるようですが、全く痛くないとはいえません。

裏側矯正とマウスピース型矯正のメリット

裏側矯正やマウスピース矯正の治療中に注意すべきことは何かありますか?

裏側装置がついていると、金具の周囲が不潔になりやすいので、丁寧に歯磨きしていただかないと歯肉炎になる可能性があります。そのケアは大事なので、歯磨きの際には意識していただきたいですね。マウスピース矯正の場合は、とにかくマウスピースを装着し続けることですね。ただ、食事のときは外さないといけないので、毎日何回もつけたり外したりする必要があることはしっかりお伝えしています。

治療期間を短く、コストを下げる工夫

先生は、裏側矯正とマウスピース型矯正だけを行っているんですか?

はい。13 年前に今のクリニックを開業して以来、裏側矯正とマウスピース矯正の希望される方がほとんどだった為、運営上の都合もありその様にさせて頂いています。表側の矯正を希望される方には、他院の受診をお願いすることがあります。また、外科処置が必要な方も、他院の受診をお願いすることがあります。

治療期間を短く、コストを下げる工夫

矯正治療を受ける際は、まずはカウンセリングを受けるんですか?

まず、一度見せていただいて、お口の中の写真を撮って、歯並びの悩みや問題点をお聞きします。そこで、マウスピース型矯正や裏側矯正に限らず、一般的な矯正のメリットとデメリットをご説明して選んでいただく事が多いです。稀に、マウスピース型矯正では難しい場合もあります。抜歯をせずに矯正するのは、効果が一部限定になる場合もあるので、それについてもご説明します。でも、そういった場合は、患者様自身が気にしていらっしゃらない箇所のことが多いですね。

抜歯をしないのはなぜですか?

抜歯をする代わりに、歯を並べる位置を工夫したり、少し歯を削って歯のサイズを小さくしたりしています。しかし、そのような方法には限界があり抜歯を要するケースはあります。全ての治療で抜歯無しの矯正治療が良いとは考えていません。ただ、歯を抜かずに矯正できるケースはわりと多いとは思います。

治療期間を短くということですが、だいたいどの程度期間がかかるものですか?

半年から1 年のケースが最も多いです。当院では、矯正法を限定することで、適応できる範囲が限定されてしまいますが、適応可能なケースで1 年以上かかるケースはかなり少ないです。

どれぐらい期間がかかるかは、治療を始める段階で目途はつくのでしょうか?

たくさんの患者さんを治療してきた経験から、このぐらいの歯並びならこれぐらいという予想して、治療を始める前にお話をしています。もちろん個人差がありますので、予想については多少前後する可能性はあります。特にマウスピース型矯正の場合は、患者さん自身の取り組み具合によって変わってくるので、平均的な取り組み具合を踏まえてお伝えするようにしています。

マウスピース型矯正は何となく手軽そうなイメージでしたが、実際にはいかがでしょう。

マウスピース型矯正はハードルが低いイメージを持つ方が多いですが、そのイメージのままで治療を始めてしまうと、上手くいかない場合があります。マウスピース矯正は、マウスピースの装着の徹底がとても大事です。せっかく治療をするのだから、失敗していただきたくないので、「マウスピース矯正のつまずきポイント」と、その代替え案としての裏側矯正も丁寧に説明するようにしています。

治療期間を短く、コストを下げる工夫

最後に、矯正を考えている読者にメッセージをお願いします。

当院の患者さんからは、「裏側矯正」や「マウスピース矯正」で目立たずに短期間で治せたといった喜びの声をたくさんいただいています。「矯正装置が見えず」、「歯を抜かず」、「短期間」という、そういう方法もあることを知っていただきたいですね。矯正治療はハードルが高いとあきらめている方は、ぜひ一度ご相談にいらしていただきたいと思います。

編集部まとめ

裏側矯正、マウスピース型矯正それぞれに特徴があるのがわかりましたが、目立つことなく矯正できる方法があるというのは大きな発見でした。吉祥寺デンタルクリニックのように、裏側矯正、マウスピース型矯正を数多く手掛け、治療期間やコストのことも配慮してくれていれば安心です。歯並びが悪いと、笑顔になるのもためらいがち。コンプレックスを解消して思い切り笑えるように、見えない矯正を選択肢に入れつつ、歯並びの治療を検討してみるのもいいかもしれません。

医院情報

吉祥寺デンタルクリニック

吉祥寺デンタルクリニック
所在地 〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-5
伊藤ビル2階
アクセス JR中央本線・総武線・井の頭線 吉祥寺駅 公園口 徒歩約3分
診療内容 マウスピース型矯正 裏側矯正