噛むことが健康への近道。安全なインプラント治療を【クレタ歯科医院】

クレタ歯科医院
クレタ歯科医院

インプラントは、歯の欠損を補う優れた治療技術である。そのよさもすでに世間に広まっている一方で、未だ怖いというイメージも強く残っている。手術への恐怖心から、入れ歯やブリッジという手段を選択する人がいるが、治療後の負担はインプラントが一番少ないという。インプラントの治療を専門的に行っている「クレタ歯科医院」の暮田郷先生にインプラントのアドバンテージや、治療へのこだわりについて、詳しくお話をうかがった。

Doctor’s Profile
暮田 郷
クレタ歯科医院 歯科医師

鶴見大学歯学部卒業、藤本研修会補綴/咬合コース修了、JIADSペリオコース修了。口腔インプラント学会会員、顎咬合学会会員。岩田淳先生ダイレクトボンディングセミナー受講など、セミナー多数受講。現在、クレタ歯科医院の歯科医師として、歯の保存にこだわったインプラント治療に努めている。

インプラントの大きなメリット 治療後の負担が少ない

インプラントのよさは十分認知されてきていますが、それでも入れ歯やブリッジを選択する人がいます。費用面はもちろんですが、ほかにどのような理由で敬遠されていると思いますか?

やはり外科処置に対して、恐怖心が大きいのだと思います。身近な家族や友人からインプラントについて、「怖かった、痛かった」などの話を聞いて、影響されてしまう人も多くいるのではないでしょうか。周りにインプラント治療が上手くいっている人がいると、やりたいと思う人もいるので、やはり周囲の影響はかなりあると思いますね。そのため一歩踏み出せず前向きになれない方もいらっしゃるのだと思います。

インプラントの大きなメリット 治療後の負担が少ない

実際、インプラントの治療は痛みがあるものなのですか?

基本的に痛みはありません。インプラントの治療をした後に、不具合があるとか、痛みが止まらないということも多くありません。もしそのような不具合があるのだとしたら、診断が甘いのだと思います。骨を足すなどの難しいケースじゃない場合、腫れや痛みなどは、ほぼありません。

インプラント以外の治療だと、ブリッジや入れ歯という手段になりますが、それぞれのメリット・デメリットについて教えてください。

ブリッジのメリットでいうと、歯を削るだけで外科的処置の必要がないので、治療期間が短いということです。また保険制度がしっかりしているので、治療にお金をかけたくない人にはいいかもしれません。1本の治療が4,000~5,000円でできます。しかし、素材にこだわると、ブリッジでも30万円程度かかることもあるので、そうなるとインプラントと変わりありません。

素材でそんなにも費用が変わるとは驚きです。ではブリッジのデメリットは?

歯を削ることが最大のデメリットだと思います。虫歯に強い、歯のエナメル質の部分を削るため、長期的に考えると虫歯になるリスクが高まります。歯の欠損は奥歯が多く、個人での手入れが難しいとされています。素材もこだわらず、たとえば保険が適用されて安いというだけの理由で銀などを入れてしまうと、さらに虫歯になるリスクが高まってまいります。

入れ歯のメリット・デメリットについてもお願いします。

入れ歯のメリットとしては、型を取るだけなので外科処置がなく、診療の時間が短いことから体への負担が少なくて済みます。デメリットは、自分で取り外しをしなければならないこと。食事をしたら必ず外して、自分で手入れをしなければなりません。また、咀嚼に関してもインプラントやブリッジに比べると噛む力が弱いというデメリットもあげられます。

インプラントの大きなメリット 治療後の負担が少ない

ブリッジや入れ歯と比較して、インプラントは何が優れているのでしょうか?

自分の歯と同じように噛めるという点です。その点では、ブリッジも同じように噛めます。しかし、ブリッジの場合、左右の歯に支えられているため、噛むときにその左右の歯にも負担がかかってきます。インプラントは、その1本でしっかり噛めるため、一番歯に負担が少ない治療法です。

治療の原因を追究 根本的な解決を

治療後の負担が少ないという点はとても魅力的ですね。先生の医院でのインプラント治療の流れを教えてください。

まずは検査をして、患者さんの今の状況を把握するところから始まります。インプラントの施術をするだけでいいということはなく、なぜ歯を失ってしまったのか、まずその原因をしっかり探って解決しておかなければなりません。全体的な噛み合わせや清掃状態など、トータルで治す必要があります。

治療の原因を追究 根本的な解決を

根本的な解決が必要ということですね?

そうです。原因をしっかりと抑えて、解決しながらインプラントの準備をします。検査を行った後、患者さん自身にも自分がどのような状況なのか把握してもらえるよう説明をします。そして患者さんの要望を聞いた上で、口頭だけではなく計画書で治療期間、費用などを説明し、同意をもらってから治療に進みます。

治療の原因を追究 根本的な解決を

計画書を用意されるのですか?

はい。患者さんが快く治療に入れるよう、丁寧に説明します。患者さんの要望も聞きますが、それを受け入れるだけでは医療ではありません。患者さんは歯に関しては素人です。プロとしての意見をしっかり伝え、メリットとデメリットを納得してもらうよう努めています。

こだわりはリスクをはっきり伝えること

患者さんに納得してもらうためにどんな説明をされますか?

それぞれの治療のデメリットをちゃんと伝えるということです。いい面しか伝えないところもあると思いますが、当院ではメリットだけを言うことはありません。インプラントならば、手入れをしなければ悪くなってしまうこともはっきり伝えます。患者さん自身の手入れだけでは限界があるので、歯科医師や衛生士の処置が必要になります。医師にはリスクを伝える義務があると思います。

こだわりはリスクをはっきり伝えること

インプラントの手入れは難しいものなのですか?

特別な手入れが必要ということはないですね。普段の歯磨きが変わるということもありません。ただし、定期的にチェックが必要です。インプラントは構造が複雑なので、手入れが上手くいっていないと歯茎が腫れることもあります。そんな状況は早期に発見して、解決しておかなければなりません。ただ、治療の後は患者さんもモチベーションが上がっているので、僕らが言わなくても丁寧に磨いている人が多いですよ。

こだわりはリスクをはっきり伝えること

噛めるようになることで、患者さんのモチベーションが上がるのですね?

そうですね。あとは、やはり費用がかかっているので。高額な金額をかけて治療するなら「大切にしましょう」と僕らも心から伝えます。当院はくみ取ってくれて自ら検診で足を運んでくれる患者さんが多くいます。

オペ前にガイドを作成するより安全で的確な施術

治療をする上で先生がこだわっていることを教えてください

しっかり説明をすること。また痛みの起きにくい治療にこだわっています。それはインプラントに限ったことではなく、どんな治療に対しても同様です。麻酔がしっかり効いていれば、痛みを感じることはありません。ただ、麻酔が痛いのも患者さんの負担になると思うので、麻酔の打ち方から気を遣っています。打つ場所や打つ前の表面麻酔の塗り方で痛さはまったく変わってきます。

オペ前にガイドを作成するより安全で的確な施術

ほかにはどのような工夫をされていますか?

経験則でオペはしないということです。サージカルガイドというものを使い、あらかじめどの位置で、どの角度で、どの進路でインプラントを入れるかを決めています。オペの前にインプラントをどのように打つか、デジタルデータの上で決まっているためシンプルで簡単に治療をすすめることができます。どんなに簡単なケースでも必ずサージカルガイドを使い、より確実に安全な施術をするようにしています。

歯が及ぼす健康への影響を教えてください。

人間は食べることで生きています。まず食べられないということで、免疫力が下がってしまいます。歯がなくなってしまったり、入れ歯が合わなくなったりして、噛めなくなる高齢者が多くいます。咀嚼ができないと脳への刺激がいかなくなり、すると認知症のリスクも高まってきます。

オペ前にガイドを作成するより安全で的確な施術

噛むことそのものが健康につながっているのですね?

そのとおりです。咀嚼が足りずに食物を飲み込めば、内臓への負担も大きくなります。また、高齢者は唾液の量が減ります。噛まないことによって唾液が出なくなり、すると虫歯になりやすくなります。本当に負のサイクルに陥ってしまうわけですね。噛めば噛むほど脳への刺激になるので、噛むことが全身の健康の一番の近道だと思っています。

実績数を鵜呑みにしない。歯科医院は通いやすさも重要

これまでのインプラントの治療実績を教えてください。

数えているわけではないのではっきりわかりませんが、当院はそんなに多い方ではありません。年間で80本くらい。年間で500本から600本を打っている先生もいると思いますが、インプラント治療において当院が心がけていることは患者さんが安心してインプラント治療を選択できるかだと感じます。中には数を気にしている患者さんがいますが、腕は決して数で測れるものではありません。

実績数を鵜呑みにしない。歯科医院は通いやすさも重要

実績数で歯医者を選ぶことは避けた方がいいですか?

当院は、歯を残す治療を心がけています。万が一抜歯という選択に至った場合の一つの選択肢としてインプラント治療を提供しており他の選択をされる患者さんも多くいます。よくサイトで実績数やクチコミNo1と謳っているところがありますが、そこが大事なのではなく、患者さんがインプラント治療に対して理解をし、よりよい選択ができる環境が整っているのかが大事なポイントなのではないでしょうか。

歯医者を選ぶときのコツはありますか?

数字を鵜呑みにしないこと。インプラントの実績が多い先生のところに行けば成功するというわけではありません。治療後のメンテナンスをするのは衛生士です。治療後のこともしっかり考え、患者さんが通いやすいと思えるところを選ぶことが大切だと感じております。審査診断と細かい説明。インプラント治療とはなにかをしっかり理解した上で、患者さんによりよい治療をして行きたいと思っております。

実績数を鵜呑みにしない。歯科医院は通いやすさも重要

最後にMedical DOCの読者にメッセージをお願いします。

インプラントはとても身近な治療です。インターネットでインプラントと検索すればたくさんの歯医者が出てきます。あまりにも多く、どこに行っていいのかわからないという人も多いのではないでしょうか? インプラント治療がすべてというわけではありません。当院では、お話を聞いた上で、しっかりコミュニケーションを取りながら最適な治療を提案します。皆さんの悩みを一緒に解決していきたいと考えていますので、まずは気軽に相談にいらしてください。

編集部まとめ

噛むという行為そのものが健康面に大きな影響を与えます。その意味でも、噛む力を確実に取り戻すことのできるインプラントのメリットは大。ただし、インプラントは治療後のメンテナンスがとても重要です。そのためには、歯科医院を選ぶ際に“通いやすい”という要件を満たすことも必要なようです。インプラント手術の実績数ばかりでなく、さまざまな条件を考慮して安心して通える歯医者さんを見つけたいものです。

医院情報

クレタ歯科医院

クレタ歯科医院
所在地 〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-17-1
えびす第一ビル3F
アクセス JR各線 恵比寿駅 西口 徒歩4分
診療内容 歯科一般 インプラント 小児歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 審美治療