メタルボンドとは

公開日:2020/12/24  更新日:2021/11/12

メタルボンドとは

メタルボンドとは、被せ物の種類の1つです。

以前は、銀歯と呼ばれる被せ物で治療を行うのが主流でしたが、近年、セラミックという生体親和性の高い素材を用いた審美的な治療も可能になりました。

このセラミックを金属の土台に焼き付けて使用する、強度のある治療材料をメタルボンドといいます。

セラミックの高い審美性と金属の硬さ・耐久性を兼ね備えた治療法です。

メリット

・銀歯に比べて見た目が良い
・変色しにくい
・オールセラミック製の被せ物に比べて強度が高い
・ブリッジに適応できる場合がある

デメリット/副作用

・土台に金属を使用しているため金属アレルギーの方には使えない
・長期使用すると、金属により歯肉が黒ずんでしまう場合がある
・焼きついていたセラミックが割れてしまった場合、金属が見える場合がある

治療期間

通院回数:2〜3回
治療期間:10日〜1ヶ月前後(型取りのあと出来上がりまで:1週間程度)

費用相場

・詰め物や被せ物の場合:1本あたりの治療費用は7万円〜9万円程度
(ブリッジの場合は歯の本数分増加する)

注意点

治療期間や費用は治療の手法などによって大きく異なる場合があります。