セラビームアフィニーとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

セラビームアフィニーとは

セラビームアフィニーとは、インプラント治療においてインプラント体と顎の骨の接触率を高めてくれる光学装置です。製造後に時間の経過したインプラント体と顎の骨の接触率は低下すると言われていますが、セラビームアフィニーによりインプラント体の性能を製造直後まで戻してくれる効果があり、インプラント体の接触率が回復すると言われています。
セラビームアフィニーを使用したインプラントは骨と強く密着するため安定し、骨全体とのバランスも保たれます。

メリット

・インプラントが抜けるリスクを軽減
・インプラントが骨と強く密着する

デメリット/副作用

・導入しているクリニックが少ない

治療期間

セラビームアフィニーを用いてインプラント治療を行った場合、インプラント体周囲の骨芽細胞の増加を促進しインプラントが顎の骨に定着しやすくなります。一般的な定着期間は半年程度ですが、それより短くなるケースが多いです。

費用相場

セラビームアフィニーを導入しているクリニックでは、その他の検査機器と同様に治療に使用されており、追加費用などはかからないケースが多いです。

注意点

治療期間や費用は治療内容などによって大きく異なる場合があります。