MI治療とは

公開日:2020/12/24  更新日:2021/11/12

MI治療とは

MI治療とは、可能な限り歯を削ることを抑えた治療法のことです。

Minimal Intervention(最小限の侵襲)の略であり、国際歯科連盟によって提唱された歯科治療に対する概念です。

むし歯治療などで歯を削った場合、その削った部分は基本的に二度と再生されません。

そこで、MI治療という「必要最小限まで削る範囲を限定し、自己歯を大切にする」ことに重点をおいて、自分の歯を長持ちさせようとする考え方が注目されるようになりました。

グラスアイオノマーセメント(GIセメント)などの、歯質接着性が高く、フッ素徐放性(歯を強化するフッ素を徐々に放出する特性)を持つ素材などを用いて治療が行われます。

メリット

・歯を削る量が少なくなるため、自己歯を守ることができる
・歯の神経を取ることが減る
・麻酔をすることが少なくなる
・型を取るほどのむし歯になる前に治療するため、通院回数が減る

デメリット/副作用

・神経を残すため、稀に治療後の神経痛が出ることがある
・従来の方法より詰め物の接着性が悪くなる場合がある
・麻酔を行わない場合、痛みを感じることがある
・定期的な検診が必要となる

治療期間

治療回数:1回(即日治療が可能)

むし歯の状態によっては、MI治療が困難な場合があります。

費用相場

咬合面:1万円〜
隣接面(1ヶ所):1万5千円〜

注意点

治療期間や費用は治療の手法などによって大きく異なる場合があります。