1. Medical DOCTOP
  2. 歯科TOP
  3. 治療・検査・手術の事典(歯科)
  4. インプラントリカバリー(再治療)とは

インプラントリカバリー(再治療)とは

公開日:2021/08/30  更新日:2022/01/07

インプラントリカバリー(再治療)とは

インプラントリカバリー(再治療)とは、インプランのト治療後、設計上の不備やメンテナンスを怠ったことでインプラントの周囲が炎症を起こし、痛みが続く、腫れが引かない、噛み合わせが悪いといったトラブルを治療するためのシステムです。まず感染の有無やインプラントと歯の状況などを検査、次にレントゲンCT撮影・血液検査・問診を行い現状を把握し治療に移ります。
インプラントの感染症は大きく2種類あり、インプラント周囲粘膜炎(インプラント周囲の歯茎で炎症がある場合)では歯ブラシ指導とともに、直接歯肉の洗浄を行います。インプラント周囲炎(インプラント体の周りの骨に感染がある場合)ではレーザーでインプラントに付着した歯石を取り除いていきますが、場合によっては外科手術も必要となるケースもあります。

メリット

・医院によってはセカンドオピニオンを受け付けている
・インプラント埋入後のトラブルが解消できる

デメリット/副作用

・炎症によっては高度な技術と高度な医療設備を要する

治療期間

症状にもよりますが治療期間は
上部構造の治療:1~3ヶ月
最初から行う治療:3~7ヶ月
骨を増やす治療:5ヶ月~1年
となっています。

費用相場

治療を行う歯科医院によって異なります。
インプラント手術を行った医院でインプラント交換の場合、保証期間内であれば無償もしくは無償に近い料金となり、それ以外は実費の可能性が高くなります。

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。