人工骨補填材料とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/30

人工骨補填材料とは

人工骨補填材料とは、主にインプラント治療や歯周病治療をする際に用いられます。骨を失ってしまった場所に人工骨を填入し、組織の安定化を図ります。材質として、ハイドロキシアパタイト、β-TCPなどがあります。人工骨補填材料を単体で使用することもありますし、自家骨やCGFと混ぜて使用することもあります。

メリット

・自家骨採取によるダメージを避けることが出来る
・自家骨と違い、量の限界がない

デメリット/副作用

・人工骨がうまく骨に置き換わらない場合がある

治療期間

補填する材料によっても異なりますが、2~6カ月程で自分の骨に置換されます。

費用相場

使用する補填材料によって異なります。相場は2万円~です。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。