1. Medical DOCTOP
  2. 【NEWS】“ライト”なタバコにがん抑制効果なし 米国学会発表(医師コメント募集中)

【NEWS】“ライト”なタバコにがん抑制効果なし 米国学会発表(医師コメント募集中)

サウスカロライナ医科大学のニナ・トーマス医師らは、5月に開かれた米国胸部学会で、「タバコに含まれるタール量の“差”と、肺がん罹患率(りかんりつ)・がん死亡率・全死亡率との間には、有意な関係性が認められない」と発表した。

同医師らは、スクリーニング試験(National Lung Screening Trial)に参加した約1万4000人の喫煙者を対象に、喫煙行動の調査をおこなった。被験者が吸っていたタバコの種類は、タール含有量が高い順に、レギュラー55.7%▽ライト33.0%▽ウルトラライト11.1%となっていた。しかし、それぞれの「タバコのタイプ」による罹患率などには、明確な違いが見られなかった。メンソールタバコと普通のタバコの比較でも、同様の結果が得られた。また、「軽いタバコを吸っている人ほど、禁煙しにくい」という発見もあった。

日本国内で流通しているタバコのタール含有量は、「1mg」などと、数字で示されていることが多い。この数字の少ない方が「より安全」だと考えている人も、少なからずいるだろう。同医師らは、「全てのタイプのたばこが重篤な健康リスクをもたらす」と警鐘を鳴らしている。

© Medical DOC.