審美歯科で美しい歯を!気になるラミネートベニアとは

口元に並ぶ美しく白い歯は、初対面の相手にも好印象を与えるものです。審美歯科などで矯正や、ホワイトニングなどを行い白く歯を保つ人は増えていますが、何かの原因で歯の表面が変色してしまう人も少なくありません。歯のホワイトニングや矯正にはさまざまな方法がありますが、治療時間も短く負担の少ないラミネートベニアという方法が最近人気を集めています。
ホワイトニング以外にも、歯並びなどの矯正にもなるラミネートベニアについて、Medical DOC編集部がお届けします。

この記事の監修歯科医師
中山 大蔵 (中山歯科医院 院長)

ラミネートベニアとは一体ナニ?

ラミネートベニアとは、歯の表面にあるエナメル質の部分を削り、薄い膜を貼り付ける治療法です。歯を白くしたり、隙間などで見栄えの悪い歯並びを良くしたりするために行います。

健康な歯を削るのはごくわずか

健康な歯を削ってしまうのには、少なからず抵抗がある人も多いです。しかしラミネートベニアによる治療では、歯の表面わずか0.5mm程度のエナメル質の部分を削るだけなので、自分の健康な歯の大部分を保つことができます。また場合によってはエナメル質すら全く削らずに処置できるケースもあります。

ラミネートベニアで行える治療

人気のラミネートベニアですが、実際にどのよう人がどのような場合に適している治療方法なのか、紹介していきます。

歯を白くする

口元からのぞく歯が、白く美しいと相手に与える印象が全く違うものになってしまうほどです。相手に対する印象を良くするためにも、歯は白く美しい状態に保っておきたいものです。
しかし、何かの原因で黄ばんでしまった歯に元の白さに戻すのは、容易なことではありません。そんな時には、好みに合わせた白さのラミネートベニアを貼ることで、思い通りの色の歯に変えることができます。

歯の隙間を改善する

歯の間に隙間があると、歯並びが悪く見た目も決して良くはないです。そんな人でも、隣同士の歯に少し大きめのラミネートベニアを入れることで、歯と歯の間隔を調整することができます。
きれいに生えそろった前歯を、ラミネートベニアによって簡単に手に入れることができます。

形の整った歯並び

一つずつの歯の大きさが違い、見た目が悪いという人がいます。そのような場合でも、噛み合わせに問題がない範囲であれば、ラミネートベニアを使うことで歯並びを整えることが可能です。
自分が理想とする形に見せることができるのも、ラミネートベニアの特徴と言えます。

ラミネートベニアをする上での注意点

他の方法に比べて、治療に要する時間が短く比較的簡単に行えるラミネートベニアによる歯の見た目や機能の改善ですが、もちろんメリットばかりではありません。ラミネートベニアによる治療を行うにあたっては、しっかりとメリットだけでなくデメリットも考慮した上で行うことが大切です。
ラミネートベニアによる歯の矯正を行う前に知っておきたい、メリットやデメリットを紹介します。

ラミネートベニアのメリット

人気のラミネートベニアによる治療には、他の治療法に比べても多くのメリットがります。治療法を決める際に参考となるような、メリットは次のような事柄です。

歯を削る量が少なくて済む

歯の矯正とは言え、健康で何も問題のない歯を削ることに抵抗がある人は少なくありません。ラミネートベニアは、歯の表面わずかな部分を削るだけで済みます。
よって、健康な自分の歯を残すことができることで虫歯になるリスクは今までの被せものの治療に比べてかなり低くなります。また、歯を削らずにシミュレーションが事前に可能な方法もあるので歯へのダメージなく元の状態へ戻ることも可能です。

治療した歯とそれ以外の歯に違和感が少ない

きれいで美しい歯を手に入れたいとは言え、周囲の歯とあまりにも色が違っているのでは逆に違和感が出てしまいます。
その点ラミネートベニアなら、自分の希望にとても近い色の歯にすることができるので、周囲の歯となじみやすくなっています。また、薄いセラミックを貼り付けるだけなので、一般的な被せものよりも高い自然感がえられます

ラミネートベニアのデメリット

一見優れているように思えるラミネートベニアですが、決して完全ではありません。治療を開始する前には、ラミネートベニアによるデメリットも十分考慮しておくことが大切です。主なデメリットとしては、次のようなものが考えられます。

素材があまり丈夫ではない

実際に使用する素材によって差はあります。一般的に強度があるといわれているオールセラミックという素材であっても、ものを強く噛んでしまったり歯ぎしりがひどかったりすると、壊れてしまことがあります。

健康な歯を削る

実際に削る量は多くはありませんが、やはり健康な歯を削ってしまうということには抵抗を感じてしまいます。また、強度を持たせるためにエナメル質を温存することが重要なのですが、歯並びによっては削る量を増やさざるを得ず、歯の象牙質を削ることになってしまい、強度が弱くなってしまうことがあります

全てのケースで使える治療法ではない

残念なことに、ラミネートベニアによる治療法は、全ての人に適している方法とは言えないです。
噛み合わせが悪い人や、ひとつひとつの歯の間隔が空きすぎているような場合には、、ラミネートベニアだけでは美しい歯の形を作ることが難しく、それを望まれる方には治療を行うことができません。

ラミネートベニアに使う素材とは

一口にラミネートベニアといっても、使う素材の違いにより治療時の費用やケアの方法が違ってきます。実際にラミネートベニア治療に使われる素材について紹介します。

オールセラミック

陶器(セラミック)で作った素材です。見た目も本物の歯のように見える上、比較的強度があるので安心して使えます。また、長い間使っていても変色することがないのですし、着色もしにくいので長期間美しく白い歯を保つことができます。

ハイブリッドセラミックス

セラミックでできたラミネートベニアに、合成樹脂を混ぜた素材です。オールセラミックに比べると、費用を低く抑えられるという利点がありますが、強度が若干落ちることや変色してしまう可能性もあるので、耐久面では劣っていると言えます。また自然感はあまり得られないことが多いです。

しっかりとしたスキルのある審美歯科を選ぶ

歯の表面に貼り付けるだけのラミネートベニアですが、その治療は決して簡単なものではありません。削る技術や、薄いラミネートベニアを扱う技術といったように、審美歯科にも高い技術が求められます。
実際に利用した口コミ情報など、信頼できる情報を元に確かな審美歯科を選ぶことも大切です。また、不安があれば事前に相談して納得した上で治療を始めることも大切になります。

審美歯科でラミネートベニア治療をおこない綺麗な歯を手に入れる

歯並びが悪い人や、や黄ばんだ歯で悩んでいる人でも、ラミネートベニアを使うことで比較的簡単に美しい歯を手に入れることができます。見た目の印象を気にするあまり、人前で口を開くのにためらいがあった人でも、自信を持って白い歯を見せることができるようになります。

中山 大蔵 歯科医師 中山歯科医院 院長監修ドクターのコメント
矯正によるきれいな歯並びや、白く美しい歯を手に入れる方法は他にもありますが、メリットやデメリットを参考にした上、信頼できる審美歯科に相談した上で治療を始めることをおすすめします。

監修ドクター:中山 大蔵 歯科医師 中山歯科医院 院長

審美歯科でおすすめの歯医者さん 北陸編

中山歯科医院

出典:http://nakayamadentaloffice.jp/

電話番号 076-222-2235
住所 石川県金沢市尾張町1-10-13 中山歯科ビル3F
アクセス 尾張町バス停留所 徒歩1分
武蔵ヶ辻バス停留所 徒歩4分
JR北陸本線 金沢駅 車で3分
診療時間 【月・火・水・金・土】9:00~18:00
休診日 木曜日・日曜日・祝日
URL http://nakayamadentaloffice.jp/