1. Medical DOCTOP
  2. NEWS
  3. ファイザー、新型コロナウイルス飲み薬「パクスロビド」を承認申請へ

ファイザー、新型コロナウイルス飲み薬「パクスロビド」を承認申請へ

公開日:2022/01/20

アメリカの大手製薬会社のファイザーが、新型コロナウイルスの飲み薬の承認を厚生労働省に申請しました。このニュースについて工藤医師に伺います。

工藤 孝文 医師

監修医師
工藤 孝文(医師)

プロフィールをもっと見る
みやま市工藤内科 院長・糖尿病内科医・漢方医・統合医療医。福岡大学医学部を卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。現在は、福岡県みやま市の工藤内科にて、糖尿病内科・ダイエット外来・漢方治療を専門に、地域診療を行っている。NHK「ガッテン!」「あさイチ」、日本テレビ「世界一受けたい授業」などテレビ出演多数。著書は50冊以上におよび、Amazonベストセラー多数。YouTube「工藤孝文のかかりつけ医チャンネル」が現在人気を集めている。 
日本内科学会・日本糖尿病学会・日本肥満学会・日本東洋医学会・日本抗加齢医学会・日本女性医学学会・日本高血圧学会、日本甲状腺学会・日本遠隔医療学会・小児慢性疾病指定医。

ファイザーが開発した新型コロナ飲み薬とは?

今回、ファイザーが厚生労働省に承認申請した新型コロナウイルスの飲み薬について教えてください。

工藤 孝文 医師工藤先生

今回、ファイザーが承認申請をおこなったのは、新型コロナウイルスの重症化を防ぐための飲み薬である「パクスロビド」です。パクスロビドは、新型コロナウイルス対策のために開発した抗ウイルス薬と既存の抗エイズウイルス薬を組み合わせたもので、ウイルスが自身のRNAをコピーして増える準備段階で働く酵素を機能しなくすることで増殖を抑える薬です。

12月14日、ファイザーは治験の最終的な分析結果を公表していますが、「重症化リスクのある患者に対して発症から3日以内に投与を始めた場合には、入院や死亡のリスクが89%低下し、発症から5日以内に投与を始めた場合でも、88%低下する」という結果が出たそうです。副作用について、薬の服用後に有害事象が出た割合は、薬を服用した人たちと偽の薬を服用した人たちで頻度は変わらず、ほとんどが軽度であったとしています。

また、実験室での分析結果にはなりますが、オミクロン株に対しても強い抗ウイルス活性を維持する可能性が示唆されたということです。

各国での承認の状況は?

ファイザーが開発した新型コロナウイルスの飲み薬「パクスロビド」の各国での承認状況を教えてください。

工藤 孝文 医師工藤先生

「パクスロビド」の各国での承認状況についてですが、EMA(ヨーロッパ医薬品庁)が緊急時などに重症化リスクの高い成人に使用できるとする見解を先月時点で発表しています。ただし、正式な承認はしていない状況です。

また、FDA(アメリカ食品医薬品局)は正式な承認の前に薬を使用できるようにする「緊急使用の許可」を出しています。アメリカで投与の対象となるのは、軽症から中等症の患者で、12歳以上の重症化リスクが高い人とされています。感染確認後はなるべく早く、症状が出た場合は5日以内に、1日に2回、5日間、服用するということです。

新たな飲み薬が日本で承認された際のメリットは?

「パクスロビド」が日本で承認されると、新型コロナウイルス対策にどのようなメリットがあるのでしょうか?

工藤 孝文 医師工藤先生

現在、日本では1種類の治療薬が承認を受けていますが、無効もしくは効果不十分の際の次の一手があることによって、新型コロナウイルス対策への貢献が期待されます。

まとめ

アメリカの大手製薬会社のファイザーが、新型コロナウイルスの飲み薬の承認を厚生労働省に申請したことが今回のニュースで明らかになりました。日本ではすでにメルク社の「モルヌピラビル」が承認されており、今回のファイザーの申請が認められれば国内2種類目の飲み薬となります。