副作用疑いで一時中断の新型コロナワクチンが治験再開 英製薬大手

公開日:2020/09/19  更新日:2020/09/18

イギリスの大手製薬会社「アストラゼネカ」は、新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を行っています。しかし、被験者に副作用が疑われる症状が現れたため、治験を一時中断しました。今回は、新型コロナウイルスワクチンの副作用について中島先生にお伺いします。

中島 由美 医師

監修医師
中島 由美 医師

プロフィールをもっと見る
金沢医科大学医学部卒業後、同大学病院にて小児科・内科として研修を積む。その後は複数の病院で内科医や皮膚科医として勤務。2018年より福岡市中央区に「国を超えた新しい形の医療を提供」をコンセプトに、クリスタル医科歯科クリニックを歯科医師である夫と開院。

そもそも治験とは?

治験の目的や方法について詳しく教えください。

中島 由美 医師中島先生

治験(臨床試験)は、新しい薬の安全性や有効性を確認するために行います。絶対に安全な薬は存在しないため、安全性や有効性を調べ、国が定める基準をクリアしていることを確認しなければなりません。

治験には、1~3のフェーズがあります。フェーズ1は安全性、フェーズ2は最大の効果と最小の副作用になる用法容量、投与方法などを確認します。そして、フェーズ3はフェーズ1~2で取得したデータを元に、同じような効果が期待できる薬やプラセボなどと効果の程度を比較するのです。

新型コロナウイルスワクチンの副作用の詳細は?

新型コロナウイルスワクチンの治験が一時中断された理由について詳しく教えください。

中島 由美 医師中島先生

被験者に、副作用と思われる深刻な症状が現れたことが理由です。ただし、具体的な症状や発生時期は公表されていません。また、被験者に現れた症状が新型コロナウイルスワクチンの副作用であったかどうかも不明です。

なお、一部メディアでは、治験で確認された症状は横断性脊髄炎(せきずいえん)で、回復する見込みがあると報じています。

治験は再開する?

新型コロナウイルスワクチンの治験が再開される見込みはあるのでしょうか。

中島 由美 医師中島先生

「アストラゼネカ」は9月12日に「新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を再開した」と発表しました。イギリス当局が治験を再開しても問題がないと判断したためです。また、治験を再開するに至った経緯は明かされていません。

今後も治験が中断される可能性はある?

新型コロナウイルスワクチンの治験は、再び中断される可能性はあるのでしょうか。

中島 由美 医師中島先生

治験が終了するまでは、何度でも中断する可能性があります。そのため、新型コロナウイルスワクチンが世界へ供給される時期も不明です。また、副作用と思われる症状が現れたら必ず中断するわけではありません。今回のように、深刻な事態と思われる症状が現れたときは、治験が再び中断されるでしょう。

まとめ

新型コロナウイルスワクチンは、治験が完了し、国の承認を得ることで国民へ提供できるようになります。そのため、ワクチンを接種できるようになるまでの期間は予測できません。ワクチンの接種を検討している方は、常に最新の情報を入手したいところでしょう。