FOLLOW US

目次 -INDEX-

  1. Medical DOCTOP
  2. MedicalDOC(医科)
  3. 脂肪溶解注射は顔痩せにも有効?メリット・おすすめの人・施術の流れについてご紹介します

脂肪溶解注射は顔痩せにも有効?メリット・おすすめの人・施術の流れについてご紹介します

 公開日:2023/12/18
顔

運動や食事制限などで、ダイエットを試みる人は多いでしょう。しかし、一生懸命運動を行い綿密な計算をして食事制限をしても、なかなかは痩せにくいです。

顔だけを重点的にスリムにできないかと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。実は顔痩せには、脂肪溶解注射が効果があるといわれています。

そこで本記事では、脂肪溶解注射が顔痩せに有効なのかどうかをご紹介します。メリット・おすすめの人・施術の流れについても解説するので、参考にしてください。

甲斐沼 孟

監修医師
甲斐沼 孟(TOTO関西支社健康管理室産業医)

プロフィールをもっと見る
大阪市立大学(現・大阪公立大学)医学部医学科卒業。大阪急性期・総合医療センター外科後期臨床研修医、大阪労災病院心臓血管外科後期臨床研修医、国立病院機構大阪医療センター心臓血管外科医員、大阪大学医学部附属病院心臓血管外科非常勤医師、大手前病院救急科医長。2023年、TOTO関西支社健康管理室産業医。日本外科学会専門医、日本病院総合診療医学会認定医など。著書は「都市部二次救急1病院における高齢者救急医療の現状と今後の展望」「高齢化社会における大阪市中心部の二次救急1病院での救急医療の現状」「播種性血管内凝固症候群を合併した急性壊死性胆嚢炎に対してrTM投与および腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行し良好な経過を得た一例」など。

脂肪溶解注射(BNLS)は顔痩せにも有効?

ピューラー
脂肪溶解注射(BNLS)は顔痩せにも効果が期待できます。脂肪溶解注射とは、注射で脂肪を分解・溶解・細かくする効果のある薬剤を投与する施術方法です。
注入する成分によって脂肪分解の強さは異なりますが、注入した部分の脂肪を減らす効果があり、脂肪の気になる顔にも注射はできます。
BNLSとは薬剤の種類であり、ハーブを主体とした植物エキスです。エキスの効果により、代謝を上げることで脂肪を減らす仕組みとなります。
BLNSはダウンタイムが少なく、脂肪溶解効果が比較的低い点が特徴です。脂肪溶解注射をさせる顔の部位はさまざまですが、特に人気の高い部位は次のものが挙げられます。

  • 下あご

小顔にしたいと悩まれている人の多くが、の脂肪を落としたいと思っているのではないでしょうか。頬に脂肪が多いとフェイスラインに関わり、顔が大きく見えてしまいます。
運動や食事制限を頑張っても、なかなか思うように頬の脂肪を減らせず困っている人も多いでしょう。脂肪溶解注射は、頬の脂肪も分解してくれます。
フェイスラインの調整だけでなく、脂肪の重さによるたるみの解消や予防にも役立つため非常に魅力的です。も人気の部位であり、シャープな鼻にしたいと悩む人が施術します。
脂肪溶解注射は、歯などの狭い範囲の脂肪を減らすのにも対応可能です。鼻の脂肪を取り、鼻の丸みや小鼻の膨らみを調整することで、綺麗な鼻を作れます。
下あごもフェイスラインに関わる部位であり、脂肪溶解注射で小顔にしたいと希望する人に人気です。
輪郭を作るためには下あごの脂肪の多さは大きく影響します。下あごに脂肪が多いと、顔のもたつきが生じるためです。二重あごの解消にも、脂肪溶解注射は効果に期待できます。

脂肪溶解注射のメリットは?

青空
脂肪溶解注射は、顔のさまざまな部位に注射して部分的に脂肪を減らせる方法です。
つらい運動や食事制限をせずに小顔が手に入るメリットは大きいですが、その他にも多数のメリットがあります。
ご自分の目指す顔を効率良く実現するためにも、メリットを十分把握しておきましょう。

ダウンタイムがほとんどない

脂肪溶解注射のメリットの1つが、ダウンタイムがほとんどない点です。通常、手術などをした場合は、手術後に腫れや痛みが伴うためダウンタイムがある程度必要です。
例えば、脂肪溶解注射とは別に脂肪を減らす方法として脂肪吸引があります。
この方法では、メスを使用して切開しているため手術後に痛みや腫れがあり、ダウンタイムが1カ月程度必要です。
しかし脂肪溶解注射の場合は、手術後に腫れや痛みが生じるケースは少ないです。生じたとしても、少しの腫れや赤みが発症する程度であり、非常に軽い傾向があります。
そのため、ダウンタイムはほとんどありません。個人差もありますが、短い場合であれば1日程度で、長くても1カ月程度で治まります。

痛みが少ない

写真
痛みが少ない点も、脂肪溶解注射のメリットです。脂肪溶解注射は、医療用の注射針を使うだけなので、施術中の痛みは一瞬のことです。
また、痛みを感じにくいように、クリニックによってはアイシングやクリームなどで対策を講じてくれる所もあります。
脂肪吸引などの場合、切開を伴うため、痛みが強いです。麻酔を打って行われますが、麻酔が切れると痛みは増します。
一度で大量の脂肪除去が可能ではありますが、身体への負担は非常に大きいでしょう。しかし、脂肪溶解注射であれば施術中の痛みが少ないため、身体への負担も軽いです。
痛みや身体への負担少なければ、普段の生活にも影響が少ないため、普段通りの生活に早く戻れます。

リバウンドが起こりにくい

リバウンドが起こりにくい点も、メリットに挙げられます。これは、脂肪溶解注射が、リバウンドの原因である脂肪細胞を減らす効果があるためです。
一般的な運動や食事制限では、ダイエットに成功しても、脂肪細胞は減りません。運動や食事制限で脂肪が減るのは、脂肪細胞が小さくなるためです。
そのため、食べ過ぎや運動を止めると再び脂肪細胞が大きくなり、これがリバウンドとなります。
しかし脂肪溶解注射の場合は、脂肪細胞のサイズを小さくするのではなく数を減らすため、運動や食事制限を止めたとしてもリバウンドが起こりにくいのです。
一度顔の脂肪がなくなれば、半永久的に効果が変わりません。

脂肪溶解注射がおすすめの人は?

看護師
脂肪溶解注射は多数のメリットがあり、顔痩せで悩んでいる多くの人の強い味方になってくれるでしょう。中でも、特に脂肪溶解注射がおすすめなのが、次のような人です。

  • 小顔になりたい人
  • たるみが気になる人
  • 二重あごが気になる人

ここでは、おすすめの人の特徴を詳しくご紹介します。

小顔になりたい人

脂肪溶解注射がおすすめなのが、小顔になりたい人です。脂肪溶解注射は、部分的に脂肪を溶かし、小顔や引き締め効果をもたらしてくれます。
また、セルライトを減らす効果もあります。セルライトは、脂肪細胞・老廃物・不純物が一緒に固まったものであり、ダイエットでは除去が難しい不純物です。
セルライトがあると、ボコボコとした見た目になり顔周りにできると印象も悪くなります。
脂肪溶解注射は脂肪だけでなくセルライトの除去も行ってくれるため、顔痩せ効果に期待できるでしょう。人によっては、1周り程小さくなったように感じることもあるでしょう。

たるみが気になる人

たるみが気になる人にも脂肪溶解注射はおすすめです。年齢を重ねると、頬・あご・まぶたなどの脂肪が下がって皮膚にたるみができてしまうことがあります。
これは、皮膚などが下にある脂肪の重さを支えられないためです。たるみが悪化すると、老けて見えるなどの印象にも大きく関わります。
脂肪溶解注射はたるみの原因となる脂肪を減らせるため、たるみジワなどの改善予防にもつながります。

二重あごが気になる人

序
二重あごが気になる人にも、脂肪溶解中はおすすめです。二重あごは、脂肪が顎の下にたまってしまうことで生じるものです。
二重あごとなるとフェイスラインがもたつき、横顔も美しくありません。脂肪溶解注射は、頬や下あごの余分な脂肪を除去できます。
脂肪の厚みがなくなってスッキリしたフェイスラインが手に入るため、二重あごが気になっている人には効果の高さを実感してもらえるでしょう。

脂肪溶解注射の施術の流れは?

顔面
脂肪溶解注射を受けるのであれば、施術の流れをしっかりと把握しておくことが大切です。
流れがわからず、施術の十分な相談ができなければ、後悔の残る結果になる心配があります。
施術後のトラブルを起こさないためにも、施術の流れを十分に理解しておきましょう。

診察・カウンセリング

女性
施術を行うために、最初に行われるのが診察とカウンセリングです。脂肪を減らしたい部位や理想の顔の形など、悩みや希望を医師へ伝えます。
そして、診察を行って顔の形や脂肪の状態を見てもらった上で、脂肪溶解注射でどのような効果が得られるのかについて説明があります。施術箇所や本数なども説明されるでしょう。
脂肪の除去する部分を医師と相談して決め、どの程度の範囲の脂肪がなくなって顔の形が変化するかを綿密に打ち合わせしましょう。
この時点で打ち合わせが上手くできていなければ、完成した顔の形が思い描いていたものと違うなどの問題を引き起こします。
また、アレルギーや持病などの説明もしっかりとしておきましょう。薬剤の種類にもよりますが、大豆由来の成分が含まれるものもあるためです。
痛みに不安がある人も相談をおすすめします。クリニックによっては、麻酔を行わずに施術するケースもありますが、相談すれば麻酔を使ってくれる所も多いです。
施術後のダウンタイムや費用についても相談して、気になる点はもれなく質問しておきましょう。全てに納得した上で、施術に移ることが大切です。

麻酔

カウンセリングが終わったら、施術箇所へのマーキングを行って麻酔を行います。施術前には、顔のメイクを落として清潔にしましょう。
麻酔前に、脂肪を除去したい箇所と針を刺す箇所のマーキングを行います。カウンセリング時に話した通りの箇所で施術ができるかを確認しましょう。
そして、マーキング箇所に麻酔を行います。麻酔は、注射タイプやクリームタイプがあり、クリニックによって異なります。
クリームタイプであれば、痛みがなく麻酔できるでしょう。

脂肪溶解注射

麻酔が終わったら、実際に脂肪溶解注射を行います。マーキング通りに丁寧に薬剤しなければなりません。
施術時間は10分~1時間程度で終了します。注入が終わったら、マーキングなどの残りを拭き取り、クリーニングを行います。
そして、注入後に体調不良や施術箇所の腫れ・痺れ・痛みなどがないかを確認しましょう。特に異変がない場合には、施術は終了です。

終了・帰宅

施術が終了し、その後の痛みなども問題がなければ、帰宅してからのケア方法や注意点なども聞いて帰宅となります。
ケア方法としては、痛みがあった場合に冷やすなどです。また、過度な運動を避けたり触ったりしないなどの注意点も説明されます。不安な点を払拭して、帰宅しましょう。

効果が表れるのはいつ頃から?

時計
効果が現れるのは、施術後3日程度経過してからとなります。施術を行った後は、すぐに脂肪がなくなるのではなく、徐々に脂肪細胞が分解されます。
そのため、個人差もありますが小顔効果や顔痩せの効果が現れるのは3日程度はかかるのです。
また、中には1回の施術では効果を実感できない可能性もあります。1回でも効果はありますが、はっきりと実感できるまでとなると複数回施術をしてからになるかもしれません。
その場合は、2回~3回程度施術してからとなるため、1月程度の期間が経過してから効果が実感できるようになるでしょう。

クリニック選びは慎重に行おう

医師たち
脂肪溶解注射の施術には、クリニック選びも非常に重要です。信頼できるクリニック選びのポイントとしては、次のようなものが挙げられます。

  • 豊富な実績
  • 丁寧なカウンセリング
  • アフターフォローの充実さ

クリニックを選ぶ際には、豊富な実績のある所を選びましょう。一般的にはクリニックのホームページなどで過去の症例や実績を確認できます。
また、丁寧なカウンセリングが行われているかも大切なポイントです。無料カウンセリングが整っている点や、親身になって悩みを聞いてくれるかを注目してみましょう。
相談がしにくく、施術などの説明がわかりにくい場合、安心して施術を受けられません。医師との関係を築くための、コミュニケーションの場でもあるため非常に重要です。
また、丁寧にカウンセリングが行われるほど、医師との施術の完成イメージを共有できます。上手く共有ができていないと、不均一な仕上がりや理想と異なる可能性があります。
施術後に後悔をしても、脂肪溶解注射は元に戻せません。後悔のない施術にするためにも、細かく打ち合わせができるかどうかも含めて、コミュニケーションに注目しましょう。
アフターフォローの充実さも重要なポイントです。脂肪溶解注射は、基本的に施術後の腫れや痛みは少なくダウンタイムは短いです。
しかし、ごく稀に腫れや痛みが大きい場合や、長引く場合があります。その際に、適切なフォローを得られるかは大変重要です。
ひどい場合には、注入部分が感染を起こして化膿することもあるため、アフターフォローが充実していれば万が一の時も安心です。
このようなポイントをしっかりと見極めて、信頼できるクリニックを慎重に選びましょう。

脂肪溶解注射の顔痩せについて知りたいなら

注射
脂肪溶解注射は、部分的に脂肪を除去できる施術方法です。顔の場合でも、気になる箇所に注射して、余分な脂肪を除去できます。
運動や食事制限などを試しても上手く小顔にできなかった人などは、脂肪溶解注射の効果を実感してもらえるでしょう。
しかし、実感の仕方には個人差があります。注射を打って数日後に実感する場合もあれば、1回の施術では実感できないケースもあります。
その場合は、複数回の施術をしてみると、フェイスラインの変化に気づけるのではないでしょうか。
脂肪溶解注射の効果は、リバウンドの心配も少ないなどメリットが多いです。
しかし、実際に施術を受けるのであれば、施術の流れを理解して信頼できるクリニックでの実施が大切です。
メリット・リスク・施術にあたっての注意点・施術後のサポートなどあらゆる点に注目して、信頼できるクリニックを選びましょう。
脂肪溶解注射の顔痩せについて詳しく知りたい場合には、まずは専門のクリニックに相談しましょう。

編集部まとめ

医師
脂肪溶解注射は、顔の脂肪を除去でき、小顔効果に期待できる施術方法です。リバウンドの心配が少なく、痛みや腫れも少ないため、身体への負担も軽いです。
しかし、ごく稀に痛みや腫れが強く現れることがあります。感染症などを引き起こし、化膿するケースもあるため、あらかじめ施術について詳しく把握することが大切です。
顔の脂肪について悩んでいる場合や、少しでも施術の不安や疑問がある場合には、専門のクリニックに相談しましょう。
丁寧なカウンセリングをしてくれる信頼できるクリニックを見つけられれば、安心して施術も受けられます。

この記事の監修医師