吸引法(中絶手術)とは

公開日:2021/08/30  更新日:2022/01/12

吸引法とは

吸引法とは、流産手術や人工妊娠中絶手術を行う際の手術法の一つで、子宮の内容物を吸い出す方法です。さらに二通りに分かれ「手動真空吸引法」と「電動真空吸引法」があります。吸引法を実施している施設のほとんどは「電動真空吸引法」を行っています。世界的に推奨されているのは「手動真空吸引法」ですが日本で認可されたのは2015年であり、採用している施設はまだ少ないですが、徐々に増加傾向です。

メリット

・ソウハ法より簡便で、術後の合併症が少ない
・手術者による技術差が出にくい

デメリット/副作用

・手動真空吸引法、電動真空吸引法ともに手術操作の際に子宮損傷の恐れがある
・電動真空吸引法では、器具が確実に滅菌されていな場合感染症のリスクがある
・妊娠12週0日以上21周6日未満では実施できない
・子宮内に妊娠成分が遺残してしまう場合もある

治療期間

手術にかかる時間は5~10分程度です。

費用相場

妊娠週数や施設によって様々ですが、平均的な費用として10~20万円です。流産手術の場合は保険適応となるため、3~5万円の自己負担となります。手術の前処置費として別途費用が掛かる場合もあります。

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。