プロテック治療器とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

プロテック治療器とは

プロテック治療器とは、椅子に座った状態で足を持ち上げ、腰部に上半身の重さがかからない状態を作ることにより、腰痛の緩和を図る治療器です。腰を浮かせることで、牽引せずに椎間板内部の圧力を下げることが可能であり、坐骨神経痛や変形性脊椎症、腰椎分離症、腰部脊柱管狭窄症などの治療に利用されています。

メリット

・慢性のみならず急性の腰痛へも対応可能
・強制的に牽引しないので筋緊張が起こる可能性が少ない
・リハビリとして下肢部の運動療法を取り入れることも可能
・負担が少なく高齢者でも治療が可能
・無理のない、安全で気持ちの良い腰痛治療ができる

デメリット

・導入しているクリニックが少ない
・機器が高額であるため自宅での治療は難しい
・症状緩和までの期間は人によりばらつきがある

治療期間

1回の治療時間は10~15分程度です。急性の腰痛などでは、一度の治療で効果が出る場合もあります。通常は数週間の治療期間を要することが多く、椎間板の損傷や臀部や足にシビレがある場合は、症状の緩和が見られるまで数ヶ月を要する場合もあります。

費用相場

1回の治療費は500~3,000円程度です。治療後に症状観察のうえセルフケア指導があるなど、クリニックにより治療内容は異なります。