男性不妊治療とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/29

男性不妊治療とは

男性不妊治療とは、性機能障害や精子通路障害、造精機能障害などさまざまな原因によって起きた男性の性機能の回復を目的とした治療です。男性の不妊の原因として喫煙、加齢、アルコール摂取、心理的ストレス、肥満、高温環境、電磁波なども報告されており、生活習慣の改善も重要です。不妊とは妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交し、1年以上妊娠しないものです。男性不妊の原因のうち約80%が造精機能障害によるものであり、病院での適切な治療が必要となる場合があります。

メリット

・自然妊娠が成立しなかった場合でも、子供を授かる可能性がある
・女性だけでなく男性も子供に対して強い意識を持てるようになる
・妊活に対して夫婦で悩みなどを共有できるようになる
・2022年から保険適用を受けられるようになる

デメリット/副作用

・2021年現在では保険適用になっていないため費用はすべて自己負担しなければならない
・不妊治療を受けたとしても確実に妊娠できるわけではない
・子供をつくらなければいけない義務感がかえって妊娠を遠ざける可能性がある

治療期間

妊娠するまでの期間で男性の症状によって異なりますが、半年から1年の間に妊娠するケースがあります。症状により内服治療のみや、手術が必要な場合もあります。

費用相場

症状によって異なりますが検査で5千円程度、治療に3万円~5万円程度かかるのが相場ですが治療内容により変わります。お住いの自治体によっては助成金もあるため事前に確認してください。

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。