ダーモスコープとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

ダーモスコープとは

ダーモスコープとは、ダーモスコピー検査に用いる拡大鏡のことです。皮膚表面の光の反射を抑え、肉眼よりも皮膚の少し深い部分まで詳しく確認することができます。良性であるホクロと悪性であるメラノーマを見分けるために用いることを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、その他にも老人性のイボ、アタマジラミ、血管病変の観察などさまざまな病気の診断の補助に使われます。
ダーモスコープを使うことによって、良性であるのか悪性の病気の可能性があるのかを推測することができます。

メリット

・痛みが無い
・肉眼で見るよりも、良性か悪性かを推測しやすい
・病気に特徴的な見た目が確認できれば、診断の大きな手がかりとなることもある

デメリット/副作用

・特徴的な見た目がはっきりしない場合、良性か悪性かを判断できない
・ダーモスコープがない皮膚科もある

検査期間

ダーモスコープは検査に用いる機器です。検査の結果悪性が疑われる場合には、より詳しい検査や治療が必要となります。

費用相場

保険適用で数百円程度

注意点

検査期間や費用は、医療機関や検査内容などによって大きく異なる場合があります。