レビトラとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/29

レビトラとは

レビトラとは、ED(勃起不全)を治療するための治療薬の一つです。脳に性的な刺激や興奮が起こると、NO(一酸化窒素)が増加し、cGMP(環状グアノシン一リン酸)が陰茎の血管を拡張させるため勃起が起こります。レビトラはcGMPを壊すPDE-5の働きを阻害することで勃起を補助します。水に溶けやすく速効性があり、作用が強く、持続時間が長いのが特徴です。性行為のタイミングに合わせて服用します。心因性EDの場合、自信を取り戻して治療薬が必要なくなることもありますが、器質性EDの場合は使い続ける必要があります。

メリット

・心因性EDの場合、自信を取り戻し治療薬がいらなくなることもある
・他のED治療薬よりも即効性がある
・他のED治療薬よりも勃起効果が強力とされている
・作用時間が約8時間と長い

デメリット

・副作用の可能性がある(ほてり・目の充血・頭痛・鼻閉・動悸など)
・食事の影響を受けにくいが、まったく受けないわけではない
・勃起補助の役割であるため、服用すれば勃起するわけではない

治療期間

レビトラの服用から効果が出るのは、空腹時で15~30分程度です。血中濃度がピークを迎えるのは服用後45~60分前後とされているため、性行為の20~30分目に服用すると効果的です。効果の持続時間の目安は、10mgで服用後4~5時間、20mgで8~9時間程度です。
また、服用は1日1回、服用間隔は24時間以上空ける必要があります。

費用相場

レビトラは保険適応外の治療薬です。病院によって異なりますが、1錠あたり1500~2000円程度です。国内正規レビトラジェネリックの場合は1錠あたり1300~1600円程度です。通販などで海外製品を購入することが可能ですが、その多くが偽造品や未承認薬であると報告されており、重篤な副作用が生じることもあり注意してください。