過酸化ベンゾイルとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

過酸化ベンゾイルとは

過酸化ベンゾイルとは、塩化ベンゾイルと過酸化ナトリウムから合成される酸化剤です。過酸化ベンゾイルの分解により生じるフリーラジカルが周囲の細胞にダメージを与えるため、強力な殺菌作用・角質剥離作用を有します。そのため、ニキビの原因となるアクネ菌の殺菌や、過剰な角質に対するピーリング作用があることから皮膚科領域ではニキビの治療薬として使用されます。
一方で刺激性がやや強く、乾燥や皮膚炎といった副作用もあるため、治療初期は十分に皮膚を保湿した上で病変部のみに塗布し、徐々に使用部位を広げることが推奨されています。また、外出時は紫外線対策を行う必要があります。

メリット

・炎症がないニキビと炎症があるニキビのいずれにも効果を発揮する
・抗生物質を使用していないので耐性菌の出現がない

デメリット/副作用

・肌への刺激が強い
・既に肌に炎症がある場合、さらに悪化する恐れがある
・乾燥や皮膚炎を起こす可能性がある
・使用時は日焼け止めや防止、日傘などによる紫外線対策が必要

治療期間

1日1回洗顔後に塗布します。ニキビの患部のみから開始して徐々に量を増やすようにします。使用開始後、刺激が強すぎると感じる場合は一度皮膚科医に相談してください。

費用相場

15 gの剤形で1本当たりの薬価は約1,500円となります。(3割負担で約500円)
処方せん料や調剤料などが別途必要です。

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。