1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 神奈川県
  5. 横浜市
  6. 【2022年】横浜市の白内障手術 おすすめしたい10医院

【2022年】横浜市の白内障手術 おすすめしたい10医院(1/2ページ)

公開日:2022/06/13  更新日:2022/06/29

横浜市で評判の白内障手術をお探しですか?
横浜市は神奈川県の市のひとつで、手術方法や実績、移植する眼内レンズの種類など様々な眼科クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、横浜市でおすすめの白内障手術対応クリニックをご紹介いたします。
※2022年6月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

横浜市で評判のおすすめ白内障手術10医院!

医療法人社団千正会 塚原眼科医院(旭区)

  • 駅徒歩1分

医療法人社団千正会 塚原眼科医院photo

アクセス・住所・診療時間

相鉄本線 二俣川駅 北口 徒歩1分

神奈川県横浜市旭区二俣川1-5-5 二俣川北口第2ビル2F

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00

※受付の開始時間/終了時間は、各診療開始時間/診療終了時間の30分前となります。
【所属・資格など】
・日本眼科学会 眼科専門医
・医学博士
・日本白内障屈折矯正手術学会

医療法人社団千正会 塚原眼科医院はこんな医院です

医療法人社団千正会 塚原眼科医院photo

横浜市旭区の二俣川駅より徒歩1分の塚原眼科医院は、医師から受付まで医院全体で診療や患者さんのサポートを行なっており、目の中にある水晶体が加齢などによって白濁し、視力低下や視界のかすみといった症状を引き起こす白内障の手術に注力されています。術後の満足度を予測する検査機器や、眼内レンズの度数を決定する検査機器など、新しい医療設備を常に導入し、より快適な見え方を提供できるよう尽力されています。白内障手術は人生に一度の重大な手術だからこそ、昭和29年から地域に信頼され続け、正確性にこだわった手術を行っている塚原眼科医院へ相談してみてはいかがでしょうか。

医療法人社団千正会 塚原眼科医院photo

医療法人社団千正会 塚原眼科医院の特徴について

医療法人社団千正会 塚原眼科医院photo

老眼矯正も同時にできるプレミアム眼内レンズ!

医療法人社団千正会 塚原眼科医院photo

白内障手術は、加齢や外傷、糖尿病などで白濁した水晶体を摘出し、人工の眼内レンズを挿入して視力を回復させますが、その眼内レンズには焦点が1か所に合う単焦点眼内レンズと複数か所に合う多焦点眼内レンズがあるそうです。塚原眼科医院では、乱視や老眼も同時に矯正可能な「プレミアム眼内レンズ」と呼ばれる多焦点眼内レンズを採用されています。運動に適したタイプや読書に適したタイプまたそのバランス型など、様々な多焦点眼内レンズを取り扱っており、一人ひとりの目の状態や生活環境に適したものを提案されています。

メスを使わないレーザー白内障手術が魅力!

医療法人社団千正会 塚原眼科医院photo

FLACS(Femtosecond Laser Assisted Cataract Surgery)と呼ばれるフェムトセカンドレーザーを使用した、切開を必要としない白内障手術が行われています。角膜の切開や水晶体の破砕を術者の経験や勘に頼ることなく、コンピューター制御で行うことができるため、従来の人の手による手術よりも高い正確性が期待できるそうです。角膜組織への負担を減らし、切開部分の閉鎖性が高まるため、術後の乱視や感染症といったトラブルのリスクの軽減につながると言われています。自費での多焦点眼内レンズや難症例の方が適応となるそうですが、レーザー手術に興味があり、より精密な手術を受けたいという方は塚原眼科医院へご相談されることをおすすめします。

3D映像手術システムを導入!

医療法人社団千正会 塚原眼科医院photo

塚原眼科医院では全国に先駆け、顕微鏡を覗かない「ヘッズアップサージェリー」と言われる次世代型の3D手術システムを採用されています。執刀医が専用の3Dメガネを装着し、目の前にある55インチの有機ELモニターを見ながら行う手術で、従来の顕微鏡よりも解像度および視認性が高いため、手術の安全性向上につながるそうです。そのため低光量でも手術が可能となり、網膜の光障害のリスク軽減も期待できると言われています。白内障の症状でお悩みの方は、新しい手術システムを導入している医療法人社団千正会 塚原眼科医院へ相談してみることをおすすめします。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら医療法人社団千正会 塚原眼科医院の紹介ページ

たまプラーザやまぐち眼科(青葉区)

  • 駅徒歩3分

たまプラーザやまぐち眼科photo

アクセス・住所・診療時間

東急田園都市線 たまプラーザ駅 南口 徒歩3分

神奈川県横浜市青葉区新石川3-14-14 ウェルフェアステージたまプラーザクレシオ1F

診療時間
8:30~12:00
14:00~17:30

★:手術日
※予約外の方は受付終了時間の午前10:30、午後15:30までにお越しください。
※予約優先制

【所属・資格など】
・日本眼科学会 眼科専門医
・日本眼科手術学会
・日本白内障屈折矯正手術学会
・日本眼形成再建外科学会

たまプラーザやまぐち眼科はこんな医院です

たまプラーザやまぐち眼科photo

たまプラーザやまぐち眼科は、60歳前後の方に多くみられる白内障の治療に注力し、疾患そのものだけを診るのではなく、患者さんの思いや要望を尊重できるよう心掛けているそうです。白内障は、加齢や全身疾患、外傷などが影響で、視力が低下したり視界の霧みや羞明(まぶしさ)、近視や乱視が進行する症状が見られる眼の疾患で、生活に支障が出るほど症状が進行した場合は、濁った水晶体を超音波装置で除去し、代わりに人工の眼内レンズを挿入する手術が行われています。挿入する眼内レンズによっては、遠視や近視、乱視を矯正できる場合もあるため、白内障自体は初期段階であっても、屈折異常による見えにくさでお悩みの方にも手術がおすすめなのだそうです。

たまプラーザやまぐち眼科の特徴について

たまプラーザやまぐち眼科photo

・白内障手術の経験が豊富!

院長は、日本眼科学会眼科専門医の資格をお持ちで、白内障手術をはじめとする眼内手術の経験が豊富な先生です。大学病院での眼科診療や、総合病院の眼科外来の立ち上げに携わり、多くの患者さんの眼の疾患の治療を行い、現在お使いの眼内レンズの不具合や見えにくさなどの症状にも対応しているそうです。手術による日常生活への懸念や、適切な手術時期、ライフスタイルに合った眼内レンズなどについても相談を受け付けられています。

・多焦点眼内レンズを使った白内障手術!

水晶体の代わりに挿入する人工レンズは大きく分けると、遠くか近くのどちらかにピントが合う単焦点眼内レンズと、眼鏡などの併用が不要となる多焦点眼内レンズの2種類があります。たまプラーザやまぐち眼科では、中間距離と遠方をスムーズに見られる焦点拡張型眼内レンズ(EDOF)や、乱視の矯正もできるトーリック眼内レンズ、欧州でのシェアの高いレンズ、ハローグレアという副症状が少ない3焦点眼内レンズなど、豊富な種類のレンズを取り扱っているそうです。患者さんの自動車運転の頻度、読書やスポーツといった生活背景も考慮して、それぞれのレンズの長所と短所を丁寧に説明し、納得のいく選択をサポートされています。

・通院に便利!

東急田園都市線の「たまプラーザ駅」より徒歩3分の好立地で、通院しやすいのも魅力の一つです。また、水曜日・金曜日が手術日となっているので、白内障手術を検討している方はご相談ください。視界が白くぼやける違和感や視力の衰えなど、気になる症状のある方は、経験豊富な院長による白内障手術が提供されていて、通院にも便利なたまプラーザやまぐち眼科を受診してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらたまプラーザやまぐち眼科の紹介ページ

新横浜かとう眼科(港北区)

  • 駅徒歩1分

新横浜かとう眼科photo

アクセス・住所・診療時間

横浜市営地下鉄ブルーライン・JR横浜線 新横浜駅 北口 徒歩1分

神奈川県横浜市港北区新横浜3-5-1 新横浜KTビル5階

診療時間
10:00~12:30
14:30~18:30

▲:14:30~18:00
※午後の受付時間は診療終了の30分前までです。
※予約優先制

【所属・資格など】
・日本眼科学会 眼科専門医

新横浜かとう眼科はこんな医院です

新横浜かとう眼科photo

新横浜かとう眼科では、加齢などによって目の疲れや視力低下が起こる白内障に対し、日本眼科学会眼科専門医の資格をお持ちの先生による手術が行われています。院長は大学病院や労災病院などの高次医療機関で臨床経験を重ねた先生で、様々な症例を診て培った技術と深い知識を、日々の診療に活かされています。専門医による高品質な白内障手術が期待できるので、眼内手術にご不安をお持ちの方も、安心してお任せできるのではないでしょうか。また、患者さん一人ひとりのライフスタイルやお仕事の状況、自動車運転の有無などにも配慮し、できる限り身体への負担を抑えることができるよう、日帰りの手術が行われています(※術前・術後の経過観察が必要です)。

新横浜かとう眼科の特徴について

新横浜かとう眼科photo

・日帰りの白内障手術!

新横浜かとう眼科photo

手術では、加齢や糖尿病などの影響で濁った水晶体を取りのぞき、代わりに人工の眼内レンズを挿入する処置が行われています。局所麻酔を施した上で超音波によって水晶体を除去し、その全行程を一台で行える装置を導入しており、手術は日帰りで受けられるそうです(※術前・術後の経過観察が必要です)。眼内の切開孔は直径0.4mmと非常に小さく、身体への負担に配慮されています。また、精密な検査に欠かせない医療設備も充実しており、角膜の細胞の状態を確認するスペキュラーマイクロスコープや、角膜から眼底までを検査する細隙灯顕微鏡スリットランプなどを完備されています。

・新しい医療設備で精密な治療を!

術後の乱視など見え方の違和感を極力減らすために、「光学的眼軸長測定装置」を導入されています。術後の快適な裸眼視力のために、従来の角膜前面乱視だけでなく角膜後面乱視も測定でき、角膜の歪みによって生じる乱視を精密に評価しているそうです。白内障による視界の違和感や視力の衰えにお悩みの方は、新横浜かとう眼科へご相談ください。

・様々なライフスタイルに配慮した多焦点眼内レンズ!

保険適用の単焦点眼内レンズは、遠方か近くの一方にしかピントを合わせられないため、眼鏡の併用が必要となりますが、眼鏡を装着せずに快適な日常生活を送りたいという方のために、様々な種類の多焦点眼内レンズを用意されています。特殊な加工が施されており、遠方や中間距離、近方にも焦点を合わせられるため、老眼鏡などの併用も必要ないそうです。乱視の矯正が必要な方向けのレンズや、運転頻度やパソコン作業が多い方に適したレンズ、読書などに向いたレンズなど、目的やライフスタイルに合わせて様々な種類を提案されています。白内障手術を検討している方は、幅広い多焦点眼内レンズを取り扱っている新横浜かとう眼科へご相談ください。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら新横浜かとう眼科の紹介ページ

イセザキ眼科医院(中区)

  • 駅徒歩すぐ

イセザキ眼科医院photo

アクセス・住所・診療時間

横浜市営地下鉄ブルーライン 伊勢佐木長者町駅 3A出口 徒歩すぐ
JR京浜東北線 関内駅 徒歩5分
京浜急行本線 日ノ出町駅 徒歩8分
バス:伊勢佐木長者町駅前 下車 徒歩1分
バス:長者町5丁目 下車 徒歩2分

神奈川県横浜市中区蓬莱町3-110 2階

診療時間
9:30~13:00
14:30~18:00

★:手術日(予約のみ)
※年末年始・夏季は休診となります。

【所属・資格など】
・横浜市眼科医会
・日本眼科医会
・日本眼科学会
・日本糖尿病眼学会
・日本網膜硝子体学会
・日本白内障屈折矯正手術学会
・日本緑内障学会
・ドライアイ研究会

イセザキ眼科医院はこんな医院です

イセザキ眼科医院photo

イセザキ眼科医院は、伊勢佐木長者町駅の3A出口より徒歩ですぐの場所にあります。加齢はもちろんのこと、糖尿病や高血圧などの生活習慣病が原因で生じる白内障の治療に注力しており、視力低下や視界の霞み、ぼやけ、眩しく感じるといった違和感を手術によって改善されています。白内障が進行してしまうと、視力を改善するには手術を受けるしかありませんが、目の手術に強い不安をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。
イセザキ眼科医院では、患者さんに安心して手術に臨んでいただけるよう、一人ひとりの目にあった術式を選択し、丁寧かつ合併症や痛みの少ない白内障手術を心がけられています。手術は日帰りで行われているそうです(※術前・術後は経過観察が必要です)。 また、眼内レンズは、従来の保険でできる単焦点眼内レンズのほか、保険でできる2焦点眼内レンズ、遠近両用の3焦点眼内レンズが取り入れられており、ぞれぞれのニーズに合わせて選んでいただくことが可能となっています。
※選定療養実施施設として、手術代が保険適応(眼内レンズ代は自費となります。)となる遠近両用の3焦点眼内レンズや連続焦点眼内レンズが取り入れられており、ぞれぞれのニーズに合わせて選んでいただくことが可能となっています。

イセザキ眼科医院の特徴について

・安全性を第一に配慮した白内障手術!

イセザキ眼科医院photo

患者さんの身体へのご負担や術後の感染症のリスクなどを軽減できるよう、安全性にこだわった白内障手術が行われています。画一的な処置を行うのではなく、一人ひとりの目の状態に適した術式を選択しており、「丁寧さ」「感染症や合併症のリスクの軽減」を優先的に考えて手術を実施されています。また、手術に伴う痛みにも配慮し、一般的な点眼薬だけでなく、前房内低濃度麻酔を併用することで少しでも痛みを緩和できるよう努めているそうです。術後は1ヶ月ほど経過観察を行って眼内レンズの位置ずれや角膜の異常、出血といった合併症の有無を確認し、丁寧なアフターフォローがなされています。

・感染症対策の徹底!

イセザキ眼科医院photo

白内障手術による後遺症や感染症のリスクが限りなくゼロに近い環境で手術を提供できるよう、手術前はもちろん術中・術後も消毒を徹底し、細菌の侵入を防いでいるそうです。合併症が起きてから対処するのではなく、合併症そのものが生じない環境づくりに尽力されています。また、清潔さの維持にこだわって設計した手術室を完備していることにくわえ、術前後の点眼薬も厳選するなど、万全の体制での白内障手術を目指されています。

・術後の送迎サービス!

イセザキ眼科医院photo

白内障の手術直後は術前よりも強い眩しさを感じる状態やグレアと呼ばれる一時的な違和感が生じる場合が多く、不慣れな視界によって事故などのリスクも高まるため、横浜市中区・南区・西区エリアにお住まいの方に、ご希望があれば手術後のご自宅近くへの送迎サービスを行っているそうです。術後にお一人でのご帰宅がご不安という方もいらっしゃるかもしれませんが、イセザキ眼科医院であれば安心して治療をお任せできるのではないでしょうか。白内障の症状でお悩みの方は、安全性にとことんこだわった治療を行うイセザキ眼科医院へのご相談をおすすめします。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらイセザキ眼科医院の紹介ページ

よしづ眼科(中区)

  • 駅徒歩1分

よしづ眼科photo

アクセス・住所・診療時間

JR根岸線・横浜市営地下鉄ブルーライン 桜木町駅 徒歩1分
みなとみらい線 馬車道駅 徒歩6分
みなとみらい線 みなとみらい駅 徒歩7分

神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1-7 コレット・マーレ みなとみらい3F

診療時間
10:30~13:30
15:00~19:00

※水曜日が祝日の場合は診療いたします。
※散瞳検査は午前12:30、午後18:00受付終了です。
※緑内障の視野検査は完全予約制になります。
※斜視、眼精疲労、眼鏡外来は完全予約制になります。
※コンタクトレンズ処方・眼鏡処方の受付時間は各診療時間終了の15分前までとなります。
※初めてコンタクトレンズ使用の方の受付時間は午前は12:00、午後は18:00までとなります。

【経歴】
・平成16年 3月日本医科大学医学部 卒業
・平成16年 4月日本医科大学千葉北総病院 臨床研修医
・平成18年 4月日本医科大学付属病院 眼科入局
・平成19年 9月日本医科大学多摩永山病院 勤務
・平成22年 3月よしづ眼科 開院

よしづ眼科はこんな医院です

よしづ眼科photo

横浜市中区のよしづ眼科は、JR根岸線・横浜市営地下鉄ブルーラインの桜木町駅より徒歩1分の場所にあり、地域に根ざした眼科診療が行われています。平日はなかなか受診する時間を確保できないという方など、様々なライフスタイルの方に配慮して土曜日・日曜日・祝日も診療を行っているそうです。なかでも白内障手術に力を入れており、これまでに数多くの手術を執刀してきた経験豊富な先生が治療を担当されています。白内障は加齢が原因となったり他の疾患の合併症として発症する目の疾患で、水晶体の濁りによって眩しさや視力低下、色が薄く見えるなどの違和感が症状として現れるため、日常生活に支障が出るほど進行している場合は水晶体を除去して人工の眼内レンズを挿入する手術が必要となります。よしづ眼科では、より良い手術を目指して新しい医療機器を導入し、患者さんへのご負担に配慮した白内障手術が行われています。

よしづ眼科の特徴について

よしづ眼科photo

・精密な医療設備で質の高い治療を!

よしづ眼科photo

よしづ眼科では、正確性・安全性の高い白内障手術を目指し、センチュリオンビジョンシステムを導入されています。角膜をわずかに切開して超音波で濁った水晶体を粉砕・吸引する処置を行っており、新しい手術システムによって身体へのご負担やリスクの軽減を目指しているそうです。また、白内障手術は豊富な臨床経験のある医師が執刀しており、日帰り手術にも対応されています。(※術前・術後の経過観察が必要です)
手術による感染症や後遺症などのリスクを限りなくゼロに近づけることができるよう衛生面にもこだわった治療が行われています。器具や手術室をクリーンに保つなどの環境面に気を配ることはもちろん、眼球の消毒に特に力を入れており、術後の眼内炎のリスクを軽減しているそうです。また、眼内に挿入するレンズには遠くか近くのどちらかにピントが合う単焦点眼内レンズと、ピントが複数距離に合う遠近両用の多焦点眼内レンズの2種類を取り扱っているそうなので、患者様のご要望に合わせた治療が受けられるのではないでしょうか。

・信頼関係を重視!

よしづ眼科photo

よしづ眼科では生活背景や全身疾患の有無なども多面的に考慮し、安心して手術に臨んでいただけるよう配慮されています。見え方の要望から些細なお悩みなど細かい訴え不安に感じていることについてもしっかりくみ取れるよう一人ひとりとの対話を大切にされているそうです。手術の術式や治療後のフローなどについても十分にご納得していただけるまで丁寧に対話を重ね、わかりやすく説明することで信頼関係の構築に努めているそうです。

・笑気麻酔の使用で痛みと不安を軽減!

よしづ眼科photo

白内障の手術をお考えの方の中には手術に対する恐怖心や不安感が大きい方もいらっしゃるのではないでしょうか。よしづ眼科ではそのような不安感や痛みをできるだけ抑えられるよう笑気麻酔を使用しているそうです。不安な気持ちに寄り添いながら治療をすすめているそうなので安心して手術が受けられるのではないでしょうか。手術や痛みに対する不安をお持ちの方もまずは相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの白内障手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらよしづ眼科の紹介ページ