1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 東京都
  5. 【2022年】東京都のシャント手術 おすすめしたい6医院

【2022年】東京都のシャント手術 おすすめしたい6医院

公開日:2022/04/19  更新日:2022/04/27

東京都で評判のシャント手術対応クリニックをお探しですか?
東京都には、日本胸部外科学会・日本血管外科学会・日本心臓血管外科学会認定の心臓血管外科専門医が在籍しているなど、さまざまな医院の選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、東京都でおすすめのシャント手術対応クリニックをご紹介いたします。
※2022年4月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

東京都で評判のシャント手術対応クリニック6医院

ひらくクリニック(世田谷区)

  • 駅から車で4分

ひらくクリニックphoto

アクセス・住所・診療時間

京王線 仙川駅 車で4分
小田急線 成城学園前駅 車で5分
小田急線 狛江駅 車で9分
京王線・京王相模原線 調布駅 車で10分
バス:若葉町二丁目 下車 徒歩1分

東京都世田谷区上祖師谷5-18-9

診療時間
9:00~12:30
14:00~17:00

★:シャント手術
※午後は原則的にシャント手術のみとなります。一般診療の方はなるべく午前にお越し下さい。
人工透析の時間は異なります。詳しくはクリニックホームページをご確認ください。

【所属・学会など】
・日本内科学会 総合内科専門医
・日本腎臓学会 腎臓専門医
・日本透析医学会 透析専門医・指導医
・日本医師会

ひらくクリニックはこんな医院です

ひらくクリニックphoto

東京都世田谷区にあるひらくクリニックでは、日本腎臓学会腎臓専門医によるシャント手術が行われています。シャントとは、手首の近くで静脈と動脈を繋ぎ合わせ、透析の際に血液を体外に取り出したり体内に戻すための血管のことを指すそうです。
シャントは透析で使用しているうちに血管の幅が狭くなることがあり、血管が狭くなる原因には、もともとの血管が細いことや大量の血液が流れることによってかかる血管への負荷、透析時に針を刺すことによる血管の劣化などがあるとされています。シャントが狭くなり十分な血流が確保できなくなると、体外に取り出せる血液量が不足し十分な透析ができなくなると言われており、シャントの血流が減少した場合には、シャントを修復する必要があります。
風船つきのカテーテルを使用し、シャントの狭くなった部位を血管の内側から押し広げる治療方法が採用されています。シャント手術後は定期的にエコー検査をし、状態の確認をしているそうです。血管や腎臓は症状が出にくい臓器と言われていますので、気になる方はひらくクリニックを訪れてみてはいかがでしょうか。

ひらくクリニックの特徴について

ひらくクリニックphoto

・日帰りシャント手術に対応!

ひらくクリニックphoto

ひらくクリニックは、シャント手術の日帰り手術に対応しています(※術前・術後は経過観察が必要です)。日帰りシャント手術は短時間で終了し、入院が必要ないため経済的にも負担が少ないとのことです。
院長は、慈恵医大附属病院でシャント手術や経皮的シャント拡張術の経験を積んでいるそうです。豊富な医療知識を持ち合わせていることから、安心して治療を任せることができるでしょう。

・患者さんの負担が少ない手術!

ひらくクリニックphoto

ひらくクリニックでは、シャント手術局部麻酔を使用されています。局所麻酔をすることで痛みを感じにくくなることに加え、全身麻酔とは異なり患者さんの身体に対する負担も少ないとされています。意識がある状態のため、手術の最中に執刀医と会話が可能だそうです。患者さんの緊張をほぐしながら、リラックスした状態で手術を受けることができる治療法だと考えられています。

・透析治療とシャント手術を行える!

ひらくクリニックphoto

ひらくクリニックでは、腎臓を専門とした院長の管理の下、安全性の高い人工透析シャント手術ができる環境が整えられています。
透析治療では、質のよい透析液を大量に精製するシステムを導入しているそうです。きれいな透析液を大量に使用することで、効率よく血液が浄化されると考えられています。ひらくクリニックは、血液の質と量の双方にこだわったクリニックと言えるでしょう。

もう少し詳しくこのシャント手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらひらくクリニックの紹介ページ

東京ネクスト内科・透析クリニック(荒川区)

  • 駅徒歩1分

東京ネクスト内科・透析クリニックphoto引用:https://www.tokyonext.jp/

アクセス・住所・診療時間

JR山手線 日暮里駅 東口 徒歩1分

東京都荒川区西日暮里2-22-1 ステーションプラザタワー2F

診療時間
9:30~13:00
15:00~18:30

※受付時間は診療終了の30分前までになります。

東京ネクスト内科・透析クリニックはこんな医院です

東京ネクスト内科・透析クリニックphoto引用:https://www.tokyonext.jp/

東京ネクスト内科・透析クリニックは、患者さんのライフスタイルに合わせた人工透析治療を提供しているクリニックです。人工透析が必要になった患者さんに対する、シャントの手術や管理にも力を入れているそうです。

名誉医院長は日本透析医学会認定の透析専門医かつ日本腎臓学会認定の腎臓専門医でもあるため、人工透析に欠かせないシャントに関する知識を豊富に有しており、大学病院での診療経験も活かすなど、安心して治療を受けられる環境が整えられています。

診療日によっては、中国語での対応も可能だそうです。また、日暮里駅から徒歩1分と、アクセスしやすいでしょう。無料送迎にも対応しているそうなので、一人での通院が難しい方は相談してみてはいかがでしょうか。

東京ネクスト内科・透析クリニックの特徴について

・日常生活に配慮した手術!

透析の必要となった患者さんに対してシャント手術を行う場合には、患者さんの状態に応じてシャントを作製する位置を決定するそうです。大抵の場合、利き腕とは逆の腕を手術することで、患者さんの日常生活に大きな影響を及ぼさないように配慮が払われています。

また、患者さんの血管が細く、静脈と動脈を直接つなぐことが難しい場合には、人工血管を使用したシャント手術も可能だそうです。

・術後の管理を実施!

シャントを継続的に使用するためには、手術後に清潔に保つなどのアフターケアが大切だそうです。東京ネクスト内科・透析クリニックではシャントエコーを実施し、異常の早期発見に努めています。

手術部位が細くなっているなどの異常を発見した場合には、必要に応じてPTAを実施し、血液の流れを改善する早期治療が行われています。アフターケアも充実しているので、安心して透析治療を受けることができるでしょう。

もう少し詳しくこのシャント手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら東京ネクスト内科・透析クリニックの紹介ページ

阿佐谷すずき診療所(杉並区)

  • 駅徒歩4分

アクセス・住所・診療時間

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩4分
JR中央・総武線 阿佐ヶ谷駅 南口 徒歩10分

東京都杉並区阿佐谷南1-9-2 GOOD 2F・3F

診療時間
9:00~11:30
13:00~16:30

★:手術(当日診療も受け付けております。)
※他の診療科の診療時間は異なります。詳細はお電話でお問い合わせください。

阿佐谷すずき診療所はこんな医院です

阿佐谷すずき診療所photo引用:https://www.shoyohkai.or.jp/

阿佐谷すずき診療所では、地域の患者さんに親しまれるクリニックを目指しているそうです。中でも、人工透析治療に力を入れており、透析治療を行う患者さんにとって必要なシャント手術が行われています。

シャント手術は、日帰りで行うことができるため、患者さんの負担が少なくて済むでしょう(※術前・術後の経過観察が必要です)。また、突然のシャント不全など、定期的な確認だけでは防げないトラブルにも迅速な対応が可能です。

院長は日本循環器学会認定の循環器専門医・日本内科学会の内科認定医であり、透析治療だけでなく患者さんの体の状態を総合的に診断し、必要な治療を提供できるように努めているそうです。

阿佐谷すずき診療所の特徴について

・身体の状態に合わせた手術!

手首の動脈と静脈を繋ぎ合わせる、内シャント造設術が行われています。血管が細いなどの理由で、患者さん自身の血管を使用することが難しい場合には、人工血管を使用するグラフト移植術の実施も可能だそうです。
また、心臓に負荷のかかることを避ける必要がある患者さんに対しては、深い場所にある動脈を皮膚の表面近くに持ち上げる手術が行われています。ほかにもカテーテルを内頚静脈に留置する手術など、患者さんの身体の状態に適した手術が実施されています。

・痛みに配慮した手術!

通常のシャント手術の際には局所麻酔を行うことで、痛みの軽減を図っているそうです。痛みに弱い患者さんに手術を行う場合や、手術内容が動脈表在化あるいはグラフト移植術の場合には、腋窩神経ブロックが実施されています。手術に不安を感じている患者さんも安心して治療を続けられるでしょう。

また、シャント手術を行うための清潔な手術室が完備されています。感染症対策として、診療室だけでなく、待合室も定期的に消毒するなど、患者さんがきれいな環境で治療を受けられるように努めているそうです。"

もう少し詳しくこのシャント手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら阿佐谷すずき診療所の紹介ページ

池袋血管外科クリニック(豊島区)

  • 駅徒歩3分

アクセス・住所・診療時間

JR各線 池袋駅 東口 徒歩3分

東京都豊島区南池袋1-17-2 南池袋I-Nビル7F

診療時間
9:00~18:00

※完全予約制

池袋血管外科クリニックはこんな医院です

池袋血管外科クリニックphoto引用:https://ikebukuro-kekkan.jp/

池袋血管外科クリニックは、人工透析を行う際に必要なシャントと呼ばれる手術に力を入れているクリニックです。

静脈と動脈を血管吻合し、動脈の血液が静脈に流れるようにする手術のことが、一般的にシャント手術と呼ばれています。院長・副院長共に、日本外科学会認定の外科専門医かつ日本心臓血管外科学会認定の専門医であり、手術経験が豊富だそうです。手術は日帰りで行われており、家を空けられない患者さんも安心して手術を受けられるでしょう(※術前・術後の経過観察が必要です)。

患者さんの待ち時間を減らすために、診療は予約制です。JR池袋駅から徒歩3分とアクセスしやすい立地で、手術の時だけでなく、経過観察で定期的に通うのにも便利でしょう。シャント手術が必要な方は、池袋血管外科クリニックに足を運んでみてはいかがでしょうか。

池袋血管外科クリニックの特徴について

・個々に適した手術方法を提案!

シャント手術には、患者さん自身の血管を直接繋げる方法と、人工血管を使用する方法があるそうです。可能であれば患者さん自身の血管を使用するそうですが、血管が細く手術に適していない場合には、人工血管が使用されています。

事前に丁寧な検査を行うことで、患者さんに適したシャント手術が提案されています。手術前に不安に感じていることや疑問があれば、気軽に相談することができるでしょう。

・手術後も定期検査によるフォローを実施!

シャント手術を行った後も、血管が詰まらないように定期的なメンテナンスが必要だそうです。池袋血管外科クリニックでは、3~6カ月に1回の割合で超音波検査を実施し、経過観察が行われています。

また、検査により血管が細くなっている場合には、PTAを行うことが可能だそうです。PTAとは、バルーンカテーテルを使用し血管を広げる治療のことです。不具合の早期発見・早期治療により、人工透析に支障が出るのを防ぐことができるでしょう。

もう少し詳しくこのシャント手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら池袋血管外科クリニックの紹介ページ

あさくさ橋心臓と血管のクリニック(台東区)

  • 駅徒歩1分

アクセス・住所・診療時間

JR総武線 浅草橋駅 徒歩1分
都営地下鉄浅草線 浅草橋駅 徒歩1分

東京都台東区浅草橋1-18-9 山上ビル2F

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:00

★:13:00〜18:00
☆:9:00〜14:00
▲:9:00〜17:00
※受付は診療開始の15分前から開始いたします。
※最終受付は診療終了の15分前までになります。

あさくさ橋心臓と血管のクリニックはこんな医院です

あさくさ橋心臓と血管のクリニックは、患者さんを自分の家族のように考えて治療を提供しているクリニックです。

透析治療を行う際に必要となる、シャント手術が実施されています。シャント手術とは、大量の血液の出し入れを可能にするために、静脈に動脈を繋げるバスキュラーアクセスを作製するものだそうです。患者さん自身の血管をつなげたり、カテーテルにより人工的につなげたりと、患者さんに適した方法で手術が提供されています。

また、透析装置が完備されており、緊急でシャントの治療が必要になった患者さんに対して、透析治療を行うことも可能だそうです。JR総武線・都営浅草線の浅草橋駅から徒歩1分の場所にあり、お出かけついでに立ち寄ることが可能です。日曜日にも診療が行われているので、仕事の休みの日に受診することもできるでしょう。

あさくさ橋心臓と血管のクリニックの特徴について

・手術環境が整っている!

シャント手術の経験や、透析カテーテル留置の治療経験が豊富な日本循環器学会専門医によって、手術が実施されています。また、診療室とは別に清潔な手術室が完備されています。

丁寧な検査と手術を行うのに必要な設備が整っており、安心して手術を受けられるでしょう。透析治療のためにシャント手術を受ける必要がある患者さんは、相談してみてはいかがでしょうか。

・アフターケアが充実!

シャント手術を行った後も、血管が閉塞してしまうと、再度別の場所に内シャントを作る手術をしなければならない場合があるそうです。あさくさ橋心臓と血管のクリニックでは、超音波装置によりシャント内を丁寧に観察し、必要であればPTAを実施することで、血管の閉塞を予防しています。

PTAとは、バルーンにより細くなった血管を広げる治療方法で、定期的に行うことで再手術を防ぐことができるそうです。PTAを行う際には局所麻酔を実施し、できるだけ患者さんの負担の軽減が図られています。

もう少し詳しくこのシャント手術対応クリニックのことを知りたい方はこちらあさくさ橋心臓と血管のクリニックの紹介ページ

新中野透析クリニック(中野区)

  • 駅徒歩6分

アクセス・住所・診療時間

東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 3番・4番出口 徒歩6分
東京メトロ丸ノ内線 中野新橋駅 3番・4番出口 徒歩6分
京王バス:新橋通り 下車 徒歩1分
都営バス:本町三丁目 下車 徒歩3分
京王バス:鍋谷横町 下車 徒歩5分

東京都中野区本町3-23-3 新中野AM1ビル1階

診療時間
8:30~
12:30~
16:30~

新中野透析クリニックはこんな医院です

新中野透析クリニックは、質の高い治療の提供を行うことで、患者さんの生活の質の向上をサポートしている中野区にあるクリニックです。

人工透析が必要と診断された患者さんに対して、老廃物を取り除くための出入り口になる、バスキュラーアクセスを作製する手術が実施されています。バスキュラーアクセスを作製する手術は、日帰りで行うことができるそうです(※術前・術後の経過観察が必要です)。

透析を受けている多くの患者さんに実施されている自身の血管を使用した内シャント作製術だけではなく、人工血管移植術や動脈表在化など、様々な手術に対応しています。シャント手術に関する相談は随時受け付けているので、気になる方は連絡してみてはいかがでしょうか。

新中野透析クリニックの特徴について

・使い続けられるバスキュラーアクセスの作製!

バスキュラーアクセスを作製する手術を行う際には、長期的に使用できるように患者さんの身体の状態に適した手術方法を選択しているそうです。また、穿刺を行いやすいようにも工夫がなされています。

手術後のアフターケアも行われ、再手術のリスクを軽減するようにサポートが行われています。静脈が細くなってしまった場合でも早期に発見することで、皮膚を切開することなくバルーンで狭窄部位を広げるPTA治療が可能だそうです。

・安心して通院できる環境作り!

シャント手術を行えば治療が終わりではなく、手術を行った後に継続的に透析治療を行うことが必要だと考えられています。新中野透析クリニックでは、患者さんへの治療を開始する前に手術や治療についての説明を丁寧に実施し、合わせてクリニックの様子を見学できる機会を提供しているそうです。

また、車いすを利用している方など、一人では継続的な通院が難しい患者さんに対しては、無料の送迎も実施しています。無料送迎の対応区間は中野・杉並・新宿・練馬となっているため、関心のある方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこのシャント手術対応クリニックのことを知りたい方はこちら新中野透析クリニックの紹介ページ

評判のいいシャント手術対応クリニックおすすめ6医院まとめ

シャント手術対応クリニックの選び方は人それぞれと思いますが、東京都には、駅から近い医院だけでなく、少し範囲を広げればさまざまな選択肢があることがわかりました。日本胸部外科学会・日本血管外科学会・日本心臓血管外科学会認定の心臓血管外科専門医が在籍しているなど、、、ご要望にあわせて、じっくりシャント手術対応クリニックを選んでみてはいかがでしょうか?