1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 沖縄県
  5. 【2022年】沖縄県の眼科 おすすめしたい7医院

【2022年】沖縄県の眼科 おすすめしたい7医院(1/2ページ)

公開日:2021/05/31  更新日:2022/08/29

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策について

沖縄県で評判の眼科をお探しですか?
沖縄県には、日曜診療や、夜間診療に対応しているなど様々な眼科クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、沖縄県でおすすめの眼科クリニックをご紹介いたします。
※2022年2月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

沖縄県で評判のおすすめ眼科7医院!

安里眼科 おもろまち駅前院(那覇市)

  • 駅徒歩3分
  • 専門医 ○
  • 感染症対策強化

安里眼科 おもろまち駅前院photo

アクセス・住所・診療時間

ゆいレール おもろまち駅 徒歩3分

沖縄県那覇市おもろまち4丁目3-13

診療時間
8:30~
14:00~

★:7:30〜
※受付時間は、8:00~16:00(金曜日は7:00〜16:00、日曜日は8:00〜11:00)となります。
※2022年3月より、おもろまち駅前院は、月曜日が祝日の場合、前日の日曜日を休診といたします(3月20日、7月17日、9月18日、10月9日)。
また、引き続き第5日曜も休診となります(1月30日、5月29日、7月31日、10月30日)。
※金曜日午前のみ、総院長の診察開始時間が早朝7:30になります。
※休診日は毎週月曜日と、日曜日の午後、第5日曜日、祝日、年末年始です。
※手術は木曜日となります。学会出席や研修の為、年に数回の不定休診日がございます。
※お子様の視力検査をご希望される方は、午前は11:00、午後は15:30までにご来院下さい。
※新規のコンタクトレンズ、眼鏡処方を希望される方は、午前は11:00、午後は15:30までにご来院下さい。
※新型コロナウイルス感染拡大予防期間は新規(未経験者)のコンタクトレンズ処方受付を中止とさせて頂きます。ご不便をお掛け致しますが、ご理解頂けますようお願い申し上げます。
【所属学会・資格】
日本眼科学会 眼科専門医

安里眼科 おもろまち駅前院はこんな医院です

安里眼科 おもろまち駅前院photo

おもろまち駅より徒歩3分にある安里眼科 おもろまち駅前院は、多くの患者さんが快適に通院できるような診療環境を整えている眼科クリニックです。駅や空港からのアクセスも良好で、広い駐車場が利用できるのでお車でも安心して通院できますね。
診療メニューは、一般的な目のトラブルはもちろん、近視抑制効果のある目薬や、オルソケラトロジー治療、その他先進的な医療機器を積極的に取り入れることで早期発見、早期治療、状態に応じて施設内で白内障、緑内障、糖尿病網膜症に対する治療やレーシック、眼内コンタクトレンズ(ICL)等の近視矯正手術にも対応できる眼科クリニックです。また土曜日・日曜日も受診が可能なので、平日の通院が難しい方も便利ではないでしょうか。

安里眼科 おもろまち駅前院の特徴について

安里眼科 おもろまち駅前院photo

・アクセス良好な立地で通院に便利!

安里眼科 おもろまち駅前院photo

患者さんが無理なく受診できるよう安里眼科 おもろまち駅前院はアクセス良好な立地にあります。おもろまち駅より徒歩3分、那覇空港からもお車で約20分と、遠方の方でも通いやすいでしょう。
医院の1階には33台分の駐車場が利用できるため、お車でも安心して通院できますね。また、土曜日・日曜日の午前と週末も受診できるので、学校やお仕事などで平日の通院が難しい方も安心です。なお、第5日曜日と月曜祝日の前日日曜日はお休みとなっています。

・日帰り・入院が選択できる白内障手術!

安里眼科 おもろまち駅前院photo

安里眼科 おもろまち駅前院では白内障手術を受ける際に、日帰りか1泊入院どちらかを選択できるそうです(※術後の定期的な外来通院が必須です)。緊張や不安の強い方に対して、希望があれば笑気麻酔なども選択でき、リラックスした状態で手術も受けられるそうです。手術直後は安静が必要になるため、一人暮らしの方やご家族からのサポートが難しい方、離島からの方であれば1泊入院がおすすめです。
日帰り手術の場合でも、術後に問題がなければ公共機関を利用して帰宅ができるとのこと。帰宅後の注意事項もあるので、術後の生活の仕方については、医師や看護師からの指示に従ってください。以上のように、患者さんの負担を軽減するよう配慮された手術が、昨年度だけで2,910件(※2022年2月時点、公式HP参照)も安里眼科(糸満院・おもろまち駅前院)で行われたそうです。白内障治療をご検討の方には安里眼科での治療をおすすめします。

・カスタムメイドができるレーシック手術!眼内コンタクトレンズ(ICL)にも対応!

安里眼科 おもろまち駅前院photo

短期間で視力の改善が期待できるレーシック手術ですが、安里眼科 おもろまち駅前院では特殊なレーザーを用いたお一人おひとりにカスタマイズされたレーシック手術が行われています。レーシック手術には適応検査が必要で、問題なければ手術時間は片眼約10分程度で完了し、その後メガネに依存しない生活が送れるなど、QOLの向上に貢献する手術が提供されています。
また、眼の中に薄いレンズを挿入する眼内コンタクトレンズ(ICL治療にも対応されております。こちらはレーシックが不向きな強い近視・乱視、又は、角膜の形状が不正な方にも対応することができるので、レーシック手術ができないと諦めていた方にもおすすめです。眼内コンタクトレンズ(ICL)も手術翌日には視力の改善が期待できる治療法なのだそうで、どちらの治療が合っているか医師と相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら安里眼科 おもろまち駅前院の紹介ページ

安里眼科 糸満院(糸満市)

  • バス停留所から徒歩3分
  • 専門医 ○
  • 感染症対策強化

安里眼科 糸満院photo

アクセス・住所・診療時間

バス:潮平 下車 徒歩3分
ゆいレール 赤嶺駅 車で15分
那覇空港 車で20分

沖縄県糸満市潮平722

診療時間
8:30~
14:00~

★:7:30〜
※受付時間は、火曜日・金曜日は8:00〜16:00、月曜日・水曜日は7:00〜16:00、木曜日・土曜日は8:00〜12:00となります。
※年末年始は休診となります。学会出席や研修の為、年に数回の不定休診日がございます。
※手術日は火曜日となります。
※お子さんの視力検査及び新規の眼鏡処方を希望される方は、午前は11:00、午後は15:30までにご来院下さい。
※新型コロナウイルス感染拡大予防期間は新規(未経験者)のコンタクトレンズ処方受付を中止とさせて頂きます。ご不便をお掛け致しますが、ご理解頂けますようお願い申し上げます。
【所属学会・資格】
日本眼科学会 眼科専門医

安里眼科 糸満院はこんな医院です

安里眼科 糸満院photo

糸満市潮平にある安里眼科 糸満院は、患者さんが快適な視界を手に入れるために新しい治療法を積極的に導入している眼科クリニックです。地域に根ざした診療を行い、クリアな視界でQOLが高まるような質の高い治療を提供されています。
診療メニューは白内障・緑内障手術、レーシックオルソケラトロジー、糖尿病網膜症、一般眼科など、目のお悩み全般に対応されているそうです。中でも白内障手術は医院全体で多くの臨床経験があるため、確実性の高い治療が受けられるでしょう。
また、約30分の手術で視力の改善が期待できる眼内コンタクトレンズ(ICLも行われており、角膜が薄くてレーシック手術が適用できなかった方におすすめです。

安里眼科 糸満院の特徴について

安里眼科 糸満院photo

・白内障手術の経験が豊富!

安里眼科 糸満院は、昭和57年に開院以来、多くの白内障手術を行っており、安里眼科(糸満院・おもろまち駅前院)での白内障手術件数は、昨年度だけで2,910件(※2022年2月時点、公式HP参照)もの実績があります。そうした数多くの手術経験と実績から、患者さん1人ひとりに合わせた手術とアフターフォローがしっかりしています。
手術で挿入する眼内レンズも近くが見えやすいものと遠くが見えやすいもの、遠近どちらも見やすいものなど、患者さんのライフスタイルに合わせたレンズが選択できるとのこと。自費診療にはなりますが、オーダーメイドの眼内レンズを使用することでメガネへの依存が軽減できるそうなので、気になる方はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

・日帰り手術が不安な方には1泊入院の選択が可能!

安里眼科 糸満院photo

白内障手術は比較的短時間で終了することが多いため、日帰りでの手術が可能です(※術後の定期的な外来通院が必須です)。一人暮らしや遠方で手術当日に帰宅が不安な方のために、白内障手術を日帰りと1泊入院のどちらでも選択できるそうです。
1泊入院は術後そのまま入院室でゆっくりと休めるので、違和感や痛みを感じた場合もすぐに医師や当直スタッフに対応してもらえるでしょう。術後に診察を行い、問題がなければ帰宅できるので、術後に自宅でゆっくりしたい方は、日帰り手術を希望すれば良いでしょう。

・角膜を削らずに近視治療が可能!眼内コンタクトレンズ(ICL)手術!

安里眼科 糸満院では、角膜を削らずに近視治療ができる眼内コンタクトレンズ(ICLを提供されています。眼内コンタクトレンズ(ICL)は眼の中に薄いレンズを挿入することで、視力を改善する矯正方法です。
点眼での麻酔を行うため痛みも少なく、手術時間も20~30分程度と日帰りで治療が受けられます。ほとんどの人が手術翌日には鮮やかで快適な見え方が実現するので、仕事が忙しくまとまったお休みが取れない方にもおすすめです。

安里眼科 糸満院院photo

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら安里眼科 糸満院の紹介ページ

カヨウ眼科(うるま市)

  • インターチェンジから車で5分

カヨウ眼科photo引用:https://kayoh-eyeclinic.com/

アクセス・住所・診療時間

石川インターチェンジから車で5分

沖縄県うるま市石川白浜2丁目13番12号

診療時間
8:30~11:30
14:00~17:00

★:11:00まで/☆:手術
※休診日:水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
※コンタクトレンズ処方の受付は一般受付の1時間前まで

カヨウ眼科はこんな医院です

カヨウ眼科は、沖縄県うるま市石川白浜にある地域医療に力を入れている眼科です。院内は新しく開放的な造りになっており、海のそばのロケーションが特徴です。那覇市生まれの犬好きの院長が診察を担当しています。
診療内容は、眼科一般診療やレーザー治療、白内障・翼状片などの日帰り手術、硝子体内注射、メガネ・コンタクト処方、⼩児の近視進⾏抑制治療まで対応しています。
診療時間は、午前が08:30〜11:30、午後が14:00〜17:00までです。火曜日と金曜日は午前11時までの診療で、午後は手術のため一般診療の受付は行っていないそうです。休診は水曜午後、土曜午後、日曜、祝日です。
院内外の緑化にも力を入れているのでクリニックにいながら新緑に癒され、院内は心地よいBGMが流れているので居心地が良く過ごせるでしょう。また、待ち時間システムを導入しているので、待ち時間を無駄なく有効に使用することが可能です。

カヨウ眼科の特徴について

・なるべく専門用語を使わないわかりやすい説明を!

カヨウ眼科では、患者さんが気軽に医師に相談できるように、なるべく専門用語は使わずにわかりやすい説明を心がけてるそうです。もし、緊張して医師にうまく相談できなかったとしても、看護師などのスタッフが患者さんからの質問に答えられるように、スタッフの教育にも力を入れています。スタッフの意識も高まるので、医師だけが治療に当たるのではなく、全員で患者さんに対応していく姿勢が頼もしいです。
患者さんが症状をうまく伝えられる雰囲気を作るのも、とても大切なことです。話しやすい医師がいる眼科をお探しの方は、カヨウ眼科に一度相談してみてはいかがでしょうか。

・ネットで現在の待ち時間が確認できる!

カヨウ眼科では、ネットで待ち時間が確認できるシステムを導入しています。受付番号券のQRコードをスマートフォンで読み込むと呼び出し状況をリアルタイムで確認することができます。自分が呼ばれるまでのおおよその時間も表示されるので、待ち時間を有効的に使うことができます。その間に自宅に帰ったり、買い物などの用事を済ませることができるのもうれしいポイントです。自分の順番が近くなると、画面上でお知らせしてくれるので、予約時間が近くになったらクリニックに行くだけでいいそうです。
LINEで順番を知らせる機能もあるので、希望する場合はぜひご活用ください。待ち時間が長いと診察前に疲れてしまったり、待ち時間で1日が終わってしまうこともあるので、待ち時間を有効に使いたい方は、カヨウ眼科への通院をおすすめします。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちらカヨウ眼科の紹介ページ

外間眼科医院(那覇市)

  • バス停留所から徒歩5分

アクセス・住所・診療時間

崇元寺バス停留所 徒歩5分

沖縄県那覇市泊1-25-1 2F

診療時間
8:30~12:00
13:30~17:30

☆:手術/★:14:00まで
※休診日:土曜午後・日曜・祝日
※水曜日の午後は琉球大学の応援医師の診察になります。

外間眼科医院はこんな医院です

外間眼科医院は、沖縄県那覇市泊にある広い待合室が特徴の眼科です。混雑しているときでも、くつろげるように30人が座れる待合室があるので、リラックスして待ち時間を過ごせるでしょう。さらに、キッズコーナーも完備されているので、お子さま連れでも安心して通院できます。
外間眼科医院では、難症例の治療が必要になった場合も、対応している施設へ紹介することも行っているので、幅広い症状にしっかりと対応することが可能です。
診療内容は、白内障手術、乱視用眼内レンズ(IQトーリック)、多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)、ドライアイ治療、ボツリヌス療法まで対応しています。
診療時間は、午前が8:30〜12:00、午後が13:30~17:30(土曜日は14時まで)です。火曜日は手術のため一般診療の受付不可です。休診は土曜午後、日曜、祝日となっています。

外間眼科医院の特徴について

・ドライアイ治療を行っています!

外間眼科医院では、ドライアイ治療を行っています。ドライアイとは、分泌される涙の量が減少したり、涙の質が変化することで、目の表面に障害が出る疾患のことです。長時間のスマートフォンやパソコンなどの生活環境も大きく影響していると言われています。主な症状は目がゴロゴロする、不快感がある、かすみ、充血などがあります。
ドライアイの治療としては、生活習慣の改善で改善しない場合は、点眼薬で治療していきます。人工涙液やヒアルロン酸配合の点眼薬やムチンという成分を含んだ点眼薬を使用するケースもあります。重症の場合は、涙点プラグというもので涙腺を塞ぐ治療を行うこともあります。ドライアイ治療を希望する方は、一度、外間眼科医院を受診してみることをおすすめします。

・日帰り白内障手術も対応しています!

外間眼科医院では、白内障の治療にも力を入れており、日帰り白内障手術にも対応しています(※術前後は経過観察が必要です)。白内障とは、目の中の水晶体が加齢や外傷で濁ってくることで、目のかすみ、ピントが合わない、物が二重に見える疾患のことです。日常生活に支障がない程度の場合なら、点眼薬や内服により進行を遅らせることが可能ですが、進行し生活に支障が出る場合は手術が必要なのだそうです。
外間眼科医院では日帰り手術を行っているので、術後数時間で自宅に帰ることができます。手術翌日は視力・眼圧の検査があるため来院する必要があり、術後は細菌の感染や化膿を防ぐため、医師の指示のもと定期的な通院が必要なのだそうです。
日帰りの白内障手術を希望している方は、外間眼科医院に相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら外間眼科医院の紹介ページ

比嘉眼科(浦添市)

  • バス停留所から徒歩10分

比嘉眼科photo引用:https://www.higaganka.or.jp/

アクセス・住所・診療時間

第二城間バス停留所 徒歩10分
城間三丁目バス停留所 徒歩15分

沖縄県浦添市城間4-34-20

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

※最終受付は午前午後とも終了の1時間前です。
※年末年始・旧盆は休診です。

比嘉眼科はこんな医院です

比嘉眼科photo引用:https://www.higaganka.or.jp/

比嘉眼科は、沖縄県浦添市城間にある斜視や弱視、加齢黄斑変性症、網膜剥離など、幅広い治療を行っている眼科です。白内障や緑内障の治療や手術も行っており、糖尿病網膜症、眼瞼形成、涙道疾患等、近視矯正手術(ICL手術)も行っています。
角膜や水晶体の丸みなどを短時間で測定できる光眼軸や、角膜屈折力や乱視軸を測定する検査機器などを取り揃えています。
入院設備も整っているため、入院を伴う手術が必要な場合でも安心です。また、入院費の支払いはクレジット払いも対応しているそうです。
診療時間は、午前が9:00~13:00、午後が14:00~18:00までです。最終受付は午前午後とも終了の1時間前となっています。休診は土曜午後、日曜、祝日です。
交通アクセスは、第二城間バス停留所より徒歩10分、城間三丁目バス停留所より徒歩15分、58号線より徒歩5分となっています。
院内は白を基調をしたインテリアで、明るく開放感があり、カフェも併設されているのでリラックスして過ごすことができるのもうれしいポイントです。

比嘉眼科の特徴について

・検査機器が充実しています!

比嘉眼科では、眼科疾患全般に対応しているため、検査機器の種類も充実しています
べリオンによる、角膜屈折力と乱視軸の測定が可能で、乱視矯正眼内レンズや多焦点眼内レンズなどに役立ちます。光眼軸では、白内障手術の際に必要な、眼の長さや角膜の丸み、水晶体の厚みや前房深度などの詳細な測定をすることが可能です。OCTも前眼部3Dスキャンが可能なものを使用しています。シノプト(大型弱視鏡)では、斜視の目の位置を測定することができます。ABモードでは、超音波により眼の表面から奥までの長さを計測することが可能です。コントラストグレアテスターでは、近方・遠方のコントラスト感度を測定が可能なため、白内障の術前術後の測定で活躍します。
他にも検査機器を完備しており、さまざまな検査に対応しています。気になる目の症状がある方は、比嘉眼科に相談してみましょう。

・斜視の治療も対応!

比嘉眼科では、斜視の治療も対応しています。斜視とは、右眼と左眼の視線が違う場所を向いている状態のことです。斜視の場合、立体感を感じにくくなったり、物が2つに見えたりするような症状が現れることがあります。
斜視の原因として考えられるのは、眼の筋肉や神経の異常、脳の異常、視力不良によって斜視になる場合があると言われています。
治療内容としては、眼を動かす筋肉の位置を手術でずらすことで、筋肉のバランスをとり、眼の位置を改善する斜視手術や、プリズムレンズの眼鏡を処方することで斜視が改善する場合もあるそうです。斜視でお悩みの方は比嘉眼科を受診することをおすすめします。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら比嘉眼科の紹介ページ