FOLLOW US

目次 -INDEX-

  1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. コラム(医科)
  4. 20代大学生なのに自覚症状ゼロで「甲状腺がん」告知。「残りの人生は自由に生きようと決めました」【闘病体験】

20代大学生なのに自覚症状ゼロで「甲状腺がん」告知。「残りの人生は自由に生きようと決めました」【闘病体験】

公開日:2023/10/28  更新日:2023/10/26
【闘病】大学生で甲状腺がんと告知。自覚症状がない中で受けた健診で見つけた白い影

大学生時代に甲状腺がんの肺転移を告知されたことをきっかけに、自分のために人生を楽しむ選択をされたU・Mさん。大学時代に受けた健康診断と病院での検査によって甲状腺がんと告知されましたが、現在も精力的に活動されているがんサバイバーです。そこで今回は、U・Mさんが甲状腺がんと診断されるまでの経緯や治療、そして現在の様子についてお聞きしました。

※本記事は、個人の感想・体験に基づいた内容となっています。2023年6月取材。

U・Mさん

体験者プロフィール
U・M

プロフィールをもっと見る

1990年代生まれ。大学生時代に受けた健康診断にて、肺のレントゲンに白い影が映る。病院にて再検査したところ、甲状腺がんと肺転移と診断を受ける。手術や放射線治療、抗がん剤治療も経て、現在は以前とほぼ同じ日常生活を送れるようになっている。

森崎 剛史

記事監修
森崎 剛史(耳鼻咽喉科専門医/内分泌外科専門医)
※先生は記事を監修した医師であり、闘病者の担当医ではありません。

「死ぬまでにやりたいこと」を考えて人生を生きることにした

「死ぬまでにやりたいこと」を考えて人生を生きることにした

編集部編集部

まず、甲状腺がんについてどのような病気か教えてください。

U・MさんU・Mさん

喉のあたりにある甲状腺という器官に、悪性の腫瘍ができる病気です。私自身も自覚症状がなく検査で発覚したのですが、しこり以外の症状はほとんどないようです。まれに喉の違和感や嗄声(声のかすれ)、飲み込みにくさ、痛み、血痰が出る人もいるようですが、私の場合は無症状でした。30代以降の人から発症しやすく、一番の好発年齢は60代なのですが、私の場合は20代で発症していました。

編集部編集部

どのような経緯で病気が判明したのですか?

U・MさんU・Mさん

大学で年に1度の健康診断があり、希望者は胸部レントゲン検査を受けることができます。普段は面倒くさくて受けていなかったのですが、この時はなぜか「受けないともったいない」と思い、受けることにしました。その結果、肺に白い影が写っており、病院で再検査したところ「肺の白い影は転移したがんで、根本の原因は甲状腺がん」という診断を受けました。

編集部編集部

大学生(20代)という若い年代での発症ですが、自覚症状はあったのでしょうか?

U・MさんU・Mさん

体調は全く問題なく、当時やっていたアメフトも普段通りにできていたので、本当に自覚症状は何もありませんでした。

編集部編集部

検査で甲状腺がんという診断を受けて、そこからはどのような治療を行ったのでしょうか?

U・MさんU・Mさん

まずはPET検査、それから甲状腺の摘出手術という流れでした。その当時、私の病気に有効な抗がん剤は臨床試験の段階でしたので、肺に転移したがんの方は様子見になりました。

編集部編集部

がんの診断から治療に進むまではどのくらいの期間があったのですか?

U・MさんU・Mさん

2か月ほどの期間になります。がんの告知を受けたのが2014年4月頃で、同年6月頃に甲状腺全摘手術を受けました。

編集部編集部

がんという告知を受けた時は、相当なショックだったのではないでしょうか?

U・MさんU・Mさん

がんの発症・転移=死ぬ」と考えていて、本当にショックだったことを覚えています。当時は医療のことはもちろん、がんの知識もなかったので、ドラマや漫画のイメージそのままでした。「自分はいつまで元気でいられるのか」とか、「死ぬまでにやりたいことは何だろう」とかネガティブなことばかり考えていました。

残りの人生を自由に過ごすために大学を中退してお笑いの道へ

残りの人生を自由に過ごすために大学を中退してお笑いの道へ

編集部編集部

発症後の生活の変化について教えてください。

U・MさんU・Mさん

大きかったのは大学を中退したことです。もともと勉強についていけず、治療もしながら授業を受けるとなれば留年は間違いないと思いました。「残りの人生を自由に過ごすためにも、いつまでも大学にいられない!」と思って中退しました。そして、「自分はすぐに死んでしまうから、それまでに世界に何か爪痕を残したい」と思い、上京してお笑いの道に入りました。それから10年経って今はお笑いの道を辞めましたけど、身体は元気です。

編集部編集部

お笑いがそれほど好きだったのですね。

U・MさんU・Mさん

私にとって治療中の心の支えが「お笑い」でした。見るのも考えるのも楽しくて、辛い治療や検査をどうやってお笑いに変えられるかを考えていたくらいです。

編集部編集部

最近の体調についてはいかがでしょうか?

U・MさんU・Mさん

手術後に何年か経過観察して、2021年4月頃には放射線治療を行いました。それから同年12月頃には抗がん剤治療も開始しました。その治療が始まってすぐに少し体調を崩したのですが、とても辛かったです。

編集部編集部

放射線治療の影響はありましたか?

U・MさんU・Mさん

2022年12月頃、脳へ転移したがんに対する放射線治療の影響による硝子体出血で、一時的に右目が見えなくなりました。今年の1月に右目の手術をしたのですが、今度は3月に左目も硝子体出血が起こり、4月に手術をしたばかりです。現在も抗がん剤は使っていますが、体調は安定しています。ただ、視力は落ちてしまっています。

編集部編集部

ご自身の生活についても教えてください。

U・MさんU・Mさん

最近は体調も良くて、日常生活には支障ないです。ただ、お笑いは諦めてちゃんと職に就こうと思い、就職活動中です。

がんと診断されてもまずは冷静に医師の話を聴いてほしい

がんと診断されてもまずは冷静に医師の話を聴いてほしい

編集部編集部

ご自身の体験を通して、同じように病に苦しむ人に伝えたい言葉をいただけますか?

U・MさんU・Mさん

「がん」と言われても、焦らずに落ち着いて医師の話を聞いてください。私のように元気で動ける場合、働くこともできます。そして、がんのせいでできないことばかりを考えるのではなくて、今の自分にできることを考えてほしいです。

編集部編集部

現在も闘病中かと思いますが、病気になる前の自分に声を掛けるなら何を伝えたいですか?

U・MさんU・Mさん

ちゃんと大学卒業しなさい。そして大事なものは手放さないようにしなさい」です。ほかにも言いたいことはたくさんありますけど、多すぎて挙げられません。

編集部編集部

治療を経験して医療従事者との関わりも多かったかと思います。医療従事者の方に伝えたいことはありますか?

U・MさんU・Mさん

治療の際にはとても親切にしていただいて、とても感謝しています。これからも多くの方の治療にあたると思いますが、医療従事者の方の負担が少しでも減れば嬉しく思います。

編集部編集部

最後に、この記事の読者の方にメッセージをお願いします。

U・MさんU・Mさん

自分は健康で問題ないと思っている人でも定期的に健診を受けてください。そして、もしがんと診断されても慌てずに、まずは先生の話をよく聞いてください。

編集部まとめ

甲状腺がんは病期(ステージ)Ⅰなら5年生存率はほぼ100%、ステージⅣまで進行していても5年生存率は高めのがんです。しかし、放置すれば生存率は低下してしまいます。今回のU・Mさんの場合は健康診断で発覚しましたが、それまでは一切の自覚症状がありませんでした。自覚症状がないからこそ、職場や学校の定期健診をしっかりと受け、異常が見つかれば早めに受診することが大切です。自分の身を守るには、自分自身が気を付けることが何よりも重要であることが、U・Mさんのお話から分かりました。

この記事の監修医師