1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. コラム(医科)
  4. 「若年性パーキンソン病」の症状や原因、受診の目安を医師が解説

「若年性パーキンソン病」の症状や原因、受診の目安を医師が解説

公開日:2022/11/18  更新日:2022/11/14
「若年性パーキンソン病」の症状や原因、受診の目安を医師が解説

独特の運動障害を伴い、難病指定も受けている「パーキンソン病」。その多くは高齢になってから発症しますが、40歳以下にみられる「若年性パーキンソン病」というものも存在しています。若いうちから運動時の緩慢さなどがみられたら、きちんと診断してもらいませんか。そんな受診の目安について、Medical DOC編集部が、神経内科医の霜田先生(銀座内科・神経内科クリニック)を取材しました。

霜田 里絵

監修医師
霜田 里絵(銀座内科・神経内科クリニック)

プロフィールをもっと見る
順天堂大学医学部卒業、順天堂大学大学院神経学修了。順天堂大学医学部附属浦安病院ほかで臨床経験を積んだ後の2005年、東京都中央区に「銀座内科・神経内科クリニック」開院。神経内科に特化した医療を提供している。日本神経学会認定専門医、日本内科学会認定医、身体障害者福祉法第15条指定医、日本抗加齢医学会認定専門医、アメリカ抗加齢医学会(A4M)認定専門医、パーキンソン病MDS-UPDRS評価認定医、日本医師会認定産業医。日本平衡機能学会会員。

若年性パーキンソン病とはどんな特徴のある病気なのか

若年性パーキンソン病とはどんな特徴のある病気なのか

編集部編集部

若くてもパーキンソン病になると聞きました。

霜田 里絵先生霜田先生

はい。パーキンソン病の原因は、「ドーパミン」という物質が不足することにより、脳からの指示を十分に伝えられなくなることです。「指定難病6」に指定され、その結果として各種運動障害が生じます。パーキンソン病の多くは高齢者にみられますが、一部の有病者は若い方です。一般に40歳以下で発症したケースを「若年性パーキンソン病」と呼んでいます。

編集部編集部

若年性パーキンソン病でも、主な症状は「運動障害」と考えていいでしょうか?

霜田 里絵先生霜田先生

それで構いません。具体的には、手足の動かしづらさや歩きづらさ、震えなどです。ただし、若年性パーキンソン病の進行は「比較的緩やか」とされています。薬での治療成績も、基本的に良好です。

編集部編集部

一般的なパーキンソン病は「寿命を縮める」と聞いたことがあります。実際どうなのでしょうか?

霜田 里絵先生霜田先生

パーキンソン病は、寿命を“縮めません”。一般に、発症から10~20年以上経過すると、生活上の手助けが必要とされるようになってきます。このとき肺炎や骨折などを合併して、寝たきりになる可能性があります。

編集部編集部

どんな人が若年性パーキンソン病になりやすいのでしょうか?

霜田 里絵先生霜田先生

若年性に関わらずパーキンソン病そのものが、いまだ詳しく解明されていません。「指定難病6」を受けているのも、このためだと考えられています。考えられるとしたら、遺伝要因は否定できません。

若年性パーキンソン病の初期症状と受診の目安は?

若年性パーキンソン病の初期症状と受診の目安は?

編集部編集部

どの程度の運動障害なら、若年性パーキンソン病を疑うべきでしょう?

霜田 里絵先生霜田先生

進行性の疾患ですので、「元に戻る」ということは原則としてありません。ですから、程度問わず、「動かしにくさや歩きにくさ、震えといった動作の変化をご自身で気づいたとき」です。また、周囲の人の指摘もサインになり得るでしょう。

編集部編集部

放っておけば、「そのうち治まる」というものではないということですか?

霜田 里絵先生霜田先生

はい。ただし「震え」は出るときと出ないときがあります。動かしづらさや歩きにくさにも、ある程度の“波”はあります。問題は、こうした間隔や頻度が、10~20年という長いスパンで進行していくことです。そのため、早期の治療介入をすることが重要です。

編集部編集部

運動器の悩みなので、整形外科を受診してしまう場合もありそうです。

霜田 里絵先生霜田先生

整形外科などで若年性パーキンソン病の可能性に気づけるかどうかですね。可能性として、整形外科から神経内科などを紹介される場合もあれば、若年性パーキンソン病に気づかないまま整形外科などで「運動器の治療」が続いてしまう場合もあるでしょう。若年性パーキンソン病は、運動器でなく脳に起きる病気です。

編集部編集部

逆に受診した結果、別の治せる病気だったというケースもありますか?

霜田 里絵先生霜田先生

はい。実際にインターネットなどで自らの症状を調べて、「若年性パーキンソン病ですか?」と受診される患者さんがいらっしゃいます。そして、甲状腺ホルモンの異常のような、ほかの病気だったというケースも少なくないです。医療機関は「病気を治す場」に限りませんので、ぜひ「確認の場」としてもご活用ください。

若年性パーキンソン病の診断方法・治療

若年性パーキンソン病の診断方法・治療

編集部編集部

若年性パーキンソン病の初期でも診断は付くのでしょうか?

霜田 里絵先生霜田先生

可能です。昨今、「ダットスキャン」という検査機器がパーキンソン病の確定診断として“有用”となってきました。パーキンソン病の傾向を「数値化」できるので、客観的な診断が付けられます。もちろん、家族歴などを確認することも重要です。加えて、MRI検査を、「ほかの病気による症状ではないこと」を確認するためにも用いています。

編集部編集部

若年性パーキンソン病は「治る」と考えていいのですよね?

霜田 里絵先生霜田先生

現時点で根本的治療はないですが、症状のコントロールは可能です。難病指定なので難しいところですが、不足しているドーパミンを薬で補いながら生活していくイメージですね。治るというより、薬で症状のコントロールをしていく進め方になります。

編集部編集部

薬によるコントロールが及ばなくなってくることはあるのでしょうか?

霜田 里絵先生霜田先生

経過観察次第ですが、薬が効きにくくなってきた方に対して、電気的に脳を刺激する外科的治療の適応が増えてきました。安全な治療方法ですので、安心してご相談ください。

編集部編集部

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

霜田 里絵先生霜田先生

若年性パーキンソン病は長期の治療が欠かせませんので、「長く付き合える医院選び」に留意しましょう。身体的かつ精神的な「支え」になってくれるような担当医師が必要となります。私自身、患者さんの根気と努力に「尊敬の念」を抱きながら、応援やお手伝いしています。

編集部まとめ

パーキンソン病の主な症状は、手足の動かしにくさや歩きにくさ、震えということでした。原因は脳内のドーパミン不足によるものですが、どうしてそうなるのかは不明です。そして、40歳以下で発症したケースを「若年性パーキンソン病」と言います。心当たりがあったら、この病気は進行しますので、早めに受診して調べてみましょう。

医院情報

銀座内科・神経内科クリニック

銀座内科・神経内科クリニック
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目12-10 龍岡ビル2階
アクセス 東京メトロ「銀座駅」 徒歩4分
診療科目 内科、頭痛外来