FOLLOW US

目次 -INDEX-

  1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 医科コンテンツ
  4. 脂肪冷却のダイエット効果は高い?脂肪冷却の原理とメリット・注意点などを解説します

脂肪冷却のダイエット効果は高い?脂肪冷却の原理とメリット・注意点などを解説します

 公開日:2023/12/18
ウエスト

食事制限や無理な運動を伴わないダイエット方法はいくつかありますが、その中でも注目が集まっているのが脂肪冷却です。

比較的新しい痩身技術である脂肪冷却は、メスを使うことなく施術でき、ダウンタイムも比較的短いなど多くのメリットがあります。

ダイエット効果などが気になっている人も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、脂肪冷却のダイエット効果について解説します。

脂肪冷却の原理・メリット・注意点なども併せてご紹介するので、参考にしてください。

山下 真理子

監修医師
山下 真理子(医師)

プロフィールをもっと見る
京都府立医科大学医学部医学科 卒業 / のべ10年以上の美容皮膚科勤務を経て、現在はくみこクリニック北山院に勤務している。コロナ以前は、大阪医専にて、医療従事者の教育にも関わった経験がある。

脂肪冷却のダイエット効果は高い?

氷
脂肪冷却はダイエット効果に期待できます。脂肪細胞を凍らせてダイエットを目指す痩身医療の1つであり、比較的新しい技術です。
ダイエット効果の効果に期待できる部位としては、二の腕・背中・お腹・お尻・太もも・ふくらはぎなどさまざまなものが挙げられます。
脂肪細胞のみに働きかけるため、無理な運動や食事制限などは必要なく、リバウンドしにくい点が特徴です。
通常の運動や食事制限では、脂肪細胞は減らせずサイズを小さくすることしかできません。しかし、脂肪冷却の場合は、脂肪細胞を体外へ排出できます。
そのため、高いダイエット効果に期待できるのです。

そもそも脂肪冷却とは?

腹
脂肪冷却が高いダイエット効果に期待できる理由は、その仕組みが関係しています。非常に科学的根拠に基づいた医療技術なのです。
仕組みがわかれば、実際にご自分で利用する際にも安心して施術が受けられるでしょう。ここでは、脂肪冷却の仕組みについてご紹介します。

脂肪細胞を凍らせてダイエットを目指す

脂肪冷却は、脂肪細胞を凍らせてダイエットを目指す方法です。脂肪は4℃で凍り始めます。
凍った脂肪細胞は機能を失い老廃物となり、体外へ排出されるのです。不要な老廃物として体外へ排出される期間としては、2~4カ月程度かかります。
そのため、同じ個所の施術は2カ月程度の間隔を空けて行うことが多いです。
脂肪細胞は、20歳前後から数が増えることはないため、施術によって凍った脂肪細胞が体外へ排出されるとそのまま痩せた状態を維持しやすい点が特徴です。

水と脂肪が凍る時の温度差を利用

温度計
脂肪細胞を凍らせる仕組みから、他の細胞や皮膚まで凍ってしまうのではないかと不安に思う人はいるかもしれません。
しかし、脂肪冷却は水と脂肪が凍る時の温度差を利用しているため、脂肪以外が凍るようなことはないのです。
先述したように脂肪は4℃という温度で凍りますが、他の皮膚・神経・筋肉などの細胞はそれ以下の0℃でなければ凍りません。
また、血液に関しては、マイナス18℃まで下がらなければ凍ることはありません。水が主成分である組織は、脂肪が凍る温度ではほとんど影響がないのです。
そして、一度冷却した脂肪細胞は、常温に戻っても機能を取り戻すことはありません。
そのため冷却後の脂肪細胞は、老廃物として排出されるしかないので、効率的に脂肪細胞を体内から減らせます。

脂肪冷却で用いる医療機器

カルテ
先述したような、脂肪細胞を凍らせることで除去する脂肪冷却を行うには、専用の医療機器が必要です。
主な医療機器としては、クールスカルプティングとクールテックが挙げられます。それぞれ特徴や適した部位があるため、ここではそれぞれの医療機器についてご紹介します。

クールスカルプティング

脂肪冷却で用いる医療機器の1つが、クールスカルプティングです。厚生労働省から認可を受けている機器であり、脂肪冷却機器の中でも特にに豊富な実績があります。
冷却による脂肪細胞の除去の仕組みは、クールスカルプティングも後述のクールテックも同じです。しかし、装置の使い方や施術の流れが異なります。
クールスカルプティングの大まかな施術方法としては、まず脂肪除去を行いたい部位に専用のジェルを塗ります。
そして、アプリケーターを装着して皮膚ごと皮下脂肪を吸引し、アプリケーターの内部温度を脂肪細胞のみが凍る4℃まで下げて一定に保つ工程が必要です。
これによって、部分的に脂肪細胞を凍らせて破壊できるようになります。万が一4℃以下になった場合は、自動で停止する機能も付いているため、安全な医療機器です。
脂肪細胞以外の皮膚・周辺組織・他の細胞への影響といった副作用の発生率は非常に低く、安全性と有効性の高さがあるため、厚生労働省から人気を受けています。
クールスカルプティングが適している主な部位は、次の通りです。

  • 二の腕
  • お腹
  • 背中
  • 太もも
  • ひざ上
  • 大腿

副作用は少ないですが、主に患部の赤み・内出血・腫れ・鈍痛・色素沈着などが挙げられます。

クールテック

クールテックも基本的な施術の流れは、クールスカルプティングと同様ですが、クールテックの方が効率的な施術が行える点が大きな特徴です。
クールスカルプティングなどの従来の脂肪冷却機器は、1度に1箇所しか施術が行えません。
しかし、クールテックは強力な冷却能力を備え、同時に2箇所の冷却が可能です。ハンドピースと呼ばれる部分を2箇所取り付けて、より広範囲の部位を施術できます。
ハンドピースは、日本人の体格向けのものがあるため、身体のほとんどの部位の施術が行えます。代表的な部位としては、次の通りです。

  • あご下
  • 二の腕
  • お腹
  • 背中
  • 大腿
  • ふくらはぎ

また、メタルアダプターを使用すれば、皮下脂肪の厚みが35mm以下の場合でも対応できます。あともう少し減らしたいといった希望を叶えられる点は大きな魅力です。
吸引時の圧力をモニターして自動調整する機能があるため、副作用は非常に少ないですが、患部の赤み・内出血・かゆみなどが生じることがあります。

脂肪冷却はエステでも受けられる?

机
脂肪冷却は、エステでも受けられます。医療機関で受けるのと、エステで受けるのでは違いがあるためそれぞれの特徴を把握することが重要です。
医療機関で受ける場合は、医師にしか使用できない医療機器を採用しているケースがあります。エステの機器よりも出力が高くて効果が優れている可能性があります。
出力が高いため、1度の施術で効果を実感しやすい点も大きな特徴です。
また基本的に脂肪冷却は医療行為に該当するため、より高い効果を期待するのであれば、医療機関を選択した方が良いでしょう。
さらに、医療機関で施術を受ける場合には、万が一に備えられる点もメリットです。ひどい副作用などが生じたり健康被害が生じたりした場合、医療機関の方が対応が素早いです。
しかし、専用の医療機器を使っているなどのことから、医療機関の方が施術費用が高額である点には注意しましょう。
医療機関で受けるメリットは多いですが、決してエステで受けるメリットがないわけではありません。
エステで受けることの最も大きなメリットが、施術費用が安い点です。これは、医療機関の機器よりも出力が弱く効果が劣る可能性があるためです。
医師免許がなくても使用できる美容機器を採用しているため、医療機関で用いられる機器よりは性能面で劣ってしまいます。
ただし、これらの理由があるからこそ、費用面では医療機関よりも安く受けられます。
必ずしも費用が安いから良いわけではありませんが、費用と効果の両方を比べて、どちらで施術を受けるかを選びましょう。

脂肪冷却のメリット

OK
脂肪冷却には、さまざまなメリットがあります。
脂肪吸引脂肪溶解注射など、さまざまな痩身効果に期待できる施術はありますが、それらとの違いが気になっている人も多いでしょう。
そこで、ここでは脂肪冷却のメリットをご紹介します。

メスや麻酔を使用しない

注射器
脂肪冷却のメリットの1つが、メスや麻酔を使用しない点です。脂肪冷却では、切開などを必要としません。
例えば脂肪吸収の場合は、皮膚を切開して管を通し、脂肪を吸引して取り除きます。1度に多くの脂肪の除去を行える点はメリットです。
しかし、切開を伴うため、切った部分が腫れたり痛みを生じたりします。もちろん、ダウンタイムも長くなるため、身体への負担は大きいです。
また、切開を行うためには、局所麻酔や全身麻酔を行う必要があります。そのため、麻酔によるリスクも無視はできません。
一方、脂肪冷却であれば、切開と麻酔のどちらのリスクもありません。どちらも用いないため、身体への負担は非常に軽いといえるでしょう。
脂肪溶解注射と比べても、リスクが少ないです。ほとんど発生はしませんが、脂肪溶解注射では、ごく稀に注射した部分が感染症を起こす可能性があります。
このリスクと比較しても、脂肪冷却の方がより安心して施術を受けられるでしょう。

部分痩せが便利にできる

部分痩せが便利にできる点もメリットです。脂肪冷却は先述した通り、脂肪細胞と他の細胞などが凍る温度差を利用して、効率的に脂肪を取り除く施術です。
医療機器によっても異なりますが、目的の部位を絞って冷却できるため、部分痩せができます。通常の運動や食事制限では、部分痩せは難しいです。
お腹をスリムにしたいのに、バストが減ってしまうなど、望んでいない部位が痩せてしまうケースも少なくありません。
脂肪冷却であれば、部分痩せを可能にしてくれるので、理想の体型を目指せるでしょう。また、部分痩せは脂肪溶解注射などでも可能ではあります。
脂肪溶解注射は、脂肪細胞を分解する薬剤を、目的の部位に投与する施術方法です。この方法でも部分痩せはできます。
しかし、一度に投与できる薬剤の量は決まっており、それ以上は身体への負担を増やしてしまいます。
脂肪冷却であれば、医療機器によっては複数の部位を同時に冷却することも不可能ではありません。効率的で便利に部分痩せが実現できます。

リバウンドしづらい

リバウンドしづらい点も、大きなメリットです。脂肪冷却によって凍った脂肪細胞は、常温に戻っても機能を取り戻すことはありません。
そして、機能を失った脂肪細胞は徐々に体外へと排出されます。そのため、リバウンドが起こりづらいのです。
通常の運動や食事制限では、脂肪細胞のサイズを小さくすることはできます。しかし、脂肪細胞の数は減っていません。
つまり、運動や食事制限をやめてしまい、再び食べ過ぎるなどしてしまうと脂肪細胞が大きくなってリバウンドにつながってしまうのです。
脂肪冷却は、リバウンドを引き起こす根本的な原因である脂肪細胞の数を減らすため、リバウンドするケースは少ないです。

脂肪冷却には注意点もある

注意
脂肪冷却には、メリットが非常に多いですが、もちろん注意点もあります。
さまざまな脂肪除去方法がある中で、納得して脂肪冷却を利用するためには、注意点を把握するのも非常に大切です。
詳しい注意点も押さえた上で、後悔のない脂肪冷却にしましょう。

施術中に冷たさや引っ張られる感覚がある

脂肪冷却は、基本的に施術中の痛みが少なく、麻酔も必要ありません。しかし、人によっては施術中の冷たさや引っ張られるように感じる人もいます。
施術の仕組み上、吸引と冷却する必要があるため、これらの感覚を苦手に思う人はいます。しかし、ほとんどの場合、数分程度で気にならなくなることが多いです。

すぐに効果を実感できない

すぐに効果を実感できない点にも注意が必要です。脂肪冷却は、脂肪を冷却させて体外へ排出させる仕組みで、体外への排出はすぐに行われるわけではありません。
脂肪細胞は、施術を受けてから2~4カ月程度の時間をかけて、老廃物として少しずつ体外へ排出されます。
そのため、同じ部位に再度施術を行うにしても、2カ月程度の間隔を開けて行うケースが多いです。このようなことから、施術してすぐに効果を実感するのは難しいです。
施術効果が見られないからといって、焦って次の施術を行おうとしたりせず、医師と相談しながら計画的に施術を進める必要があります。

肌の状態や体調によっては施術が受けられないこともある

肌
肌の状態や体調によっては、施術が受けられないこともある点も押さえておきましょう。施術中に、冷却や吸引によって肌へ刺激が伴います。
そのため、次のような人は施術に適していないと診断されてしまうかもしれません。

  • じんましんのある人
  • 低温過敏症の人
  • 治療部位にヘルニアがある人
  • がんの既往歴がある人
  • 1年以内に手術をした人
  • 妊娠や授乳中の人

上記の他にも、施術が適さないと判断されるケースはあります。施術前には、必ず医師に相談して、ご自分が施術可能かどうかを確認しましょう。

脂肪冷却の効果についてより詳しく知りたい方は

医師
脂肪冷却は、痩身効果に期待できる施術方法です。脂肪吸引脂肪溶解注射などのように、他にも部分痩せができる方法はあります。
しかし、切開が必要ないことや効率的に部分痩せができる点など、脂肪冷却ならではのメリットは多いです。
そのため、もしダイエットで悩んでいる人は、脂肪冷却を試してみてはいかがでしょうか。とはいえ、ご自分が脂肪冷却に適しているかどうかを自己判断するのは難しいです。
注意すべき点もあり、万が一ご自分には脂肪冷却が行えない場合、思わぬトラブルを招く可能性もあります。
施術中だけでなく、施術後も体に負担をかけないためにも、医師に相談しながら施術を進めることが大切です。
また、もし脂肪冷却について不明点がある場合にも、まずは医師に相談しましょう。丁寧なカウンセリングや親身に対応してくれるクリニックであれば、安心して施術できます。

編集部まとめ

看護師
脂肪冷却は、痩身効果に期待できる施術の中でも、比較的先進の技術が用いられた方法です。他の細胞にほとんど影響することなく、脂肪細胞を除去できます。

そのため、ダイエットに困っている人や部分痩せで悩んでいる人の強い味方になってくれるでしょう。

しかし、施術効果を得るまで時間がかかるなどの注意点もあります。早く効果を得たい人や、肌が敏感な人であれば、他の施術方法の方が適しているかもしれません。

脂肪冷却が適切か、他の施術が適切かを判断するのは簡単ではありません。ご自分の肌の状態や理想の体型によっても変わるためです。

これらの判断は、医師でなければ難しいでしょう。適切な施術で効率的に痩せるためにも、しっかりと医師に相談して、信頼できるクリニックで施術を受けましょう。

この記事の監修医師