白内障手術は怖くない。治療してクリアな視界取り戻す【愛知県春日井市 眼科山田クリニック】

眼科山田クリニック
眼科山田クリニック

眼球の水晶体が濁り、ものが見えにくくなる白内障。加齢に伴って多くの人が発症する症状だ。治療には手術が必要だが、「手術はなんとなく怖い」と感じる人も少なくない。そこで今回は、数多くの白内障手術の経験を持つ、眼科山田クリニックの山田潔院長に、白内障治療に関する詳細を伺った。

Doctor’s Profile
山田 潔
眼科山田クリニック 院長

昭和44年生まれ。医学博士。北里大学医学部医学科を卒業後、名古屋市立大学眼科などを経て平成18年からアメリカ・ケンタッキー大学 Ocular Angiogenesis Laboratory 研究員に。平成20年、名古屋市立大学大学院医学研究科視覚科学助教に就任し、平成21年からは土岐市立総合病院眼科部長を務める。平成23年に眼科山田クリニックを開業。日本眼科学会専門医。

目次 -INDEX-

【白内障の基礎知識】白内障とはどんな症状なのか?

まず、そもそも白内障とはどんな症状なのでしょうか?

白内障とは、眼球のレンズ(水晶体)の成分であるタンパク質が変性し、濁ってくる症状です。ほとんどの原因は加齢によるもので、発症する人の多くは60歳以上です。しかし、50歳代で発症する人もいます。また、外傷やアトピーなどが原因で発症する人もいます。

【白内障の基礎知識】白内障とはどんな症状なのか?

白内障は簡単に治療できる症状なのでしょうか? 目を手術するとなると、何となく「怖そう」と感じる人もいます。

白内障の手術は、眼科の手術の中ではもっともポピュラーなものです。ですから、怖がる必要性はまったくありません。
ただし、ほかに持病をお持ちの方などには、手術による合併症のリスクも存在します。それを理解していただけるように、術前にはしっかりと説明します。「白内障手術は決して怖くない。ただし理解する」というスタンスが重要だということです。

【白内障のデメリット】白内障は放置すると生活に支障をきたす

白内障を発症すると、どんな生活上のデメリットが出てくるのでしょうか?

白内障を発症すると、目の前の視界がいつも曇っている状態になります。つまり、ずっとかすみ目の状態ということです。当然、視界がぼやけ、テレビや新聞が読みづらくなります。また、自動車の運転では、対向車のライトが非常に眩しく感じて危険なこともあります。
このように、白内障は放置すると生活に大きな支障をきたすことになります。行動がおっくうになり、引きこもりがちになってしまう人もいらっしゃいます。

そういったデメリットが、手術によって改善されるということですね。

手術によって水晶体の濁りが取れると、視界がクリアになり、ものが見やすくなります。白内障の症状に慣れていると、かすみ目を「これが普通」と感じている人もいらっしゃいます。しかし、いざ手術を終えてみると「こんなにものがクリアに見えるようになるのか!」と、驚く人も少なくありません。

【白内障のデメリット】白内障は放置すると生活に支障をきたす

【白内障の手術】白内障手術は日帰りでできる

白内障の手術で入院は必要でしょうか? 日帰りで手術は可能ですか?

ほとんどの場合、日帰り手術が可能なので、患者さんの負担は軽減されます。ただし、まれに合併症のリスクをお持ちの方や、足腰が弱くて通院が大変な方などには、入院手術をおすすめしています。当院から入院手術が可能な病院をご紹介しています。

【白内障の手術】白内障手術は日帰りでできる

治療中はしばらく仕事を休むなど、日常生活に支障が出たりはしないのでしょうか? また、通常の生活に戻るまでにどの程度の期間が必要ですか?

手術後しばらくは、傷口を安定させる必要があります。手術後すぐに激しい運動をすると、傷口が開いて中に入れたレンズがずれたり、傷口から感染症を発症したりするリスクもあります。
そのため、事務系で目を多く使うお仕事の人には、1週間ほど休んでいただいています。また、運動系や力仕事など動きが大きいお仕事の人は、大事をとって1カ月ほど休んでいただいています。

手術後は、何かゴーグルを着用する必要があると聞きました。

手術後は、感染予防のために2週間ほど専用のゴーグルを着用していただきます。激しい運動をしなければ外出しても大丈夫です。お風呂は、手術の翌日から5日後までは半身浴で、それ以降は普通に洗髪も可能です。

【白内障の手術】白内障の手術の流れ

それでは改めて、貴院での白内障治療の流れについて教えてください。

まず、手術の予約をしていただきます。目安としては、1~2カ月先の日程となります。
手術までの間に、2回ほど検査を行います。眼底精密検査など入念な検査になるので、2、3時間ほどかかります。検査の結果、別の病気が見つかった場合などは、治療方針を変更する場合もあります。
また、どちらかの検査日には、できればご家族も一緒に説明を聞いていただくことを強くおすすめしています。そして、ご家族も納得された上で「同意書」を書いていただいています。

手術前日や当日に何か制限事項はありますか?

手術前日には、特に制限はありません。食事もお風呂も可能です。手術当日の朝食も、普通に食べられます。ただし、昼食は軽めにしておいてください。
手術の日は、当院では午前11時~11時30分の間に来院していただき、直前検査を行います。そして、午後から手術となります。手術自体は非常に短く、10分とかかりませんね。ですから午後1時~2時には帰宅が可能です。

貴院では手術は毎日行っているのですか?

いいえ、白内障の手術は曜日が決まっています。当院では毎週火曜日と木曜日に行っています。

【白内障の手術】白内障の手術の流れ

【白内障の治療費用】白内障の治療は保険治療が基本

貴院での白内障手術は、保険治療と自由診療のどちらですか?

当院の白内障治療は、すべて保険治療で行っています。ですから、費用も最小限で抑えることができますよ。保険治療で使用できる治療用の眼内レンズは、単焦点レンズと乱視矯正レンズのみとなります。
自由診療の手術では、多焦点レンズなども使用が可能となります。多焦点レンズは焦点距離が長くなるメリットがありますが、眼内レンズの特性もあり、患者さんによって向き不向きがあります。一方、単焦点レンズは人にやさしく、リスクも非常に少ないというメリットがあります。

【白内障の治療費用】白内障の治療は保険治療が基本

単焦点レンズの素材には、どんなものが使われているのですか。

単焦点レンズの素材は、かつてはPMMAというハードコンタクトレンズに近い素材を使用していました。最近ではシリコンや、アクリル樹脂などソフトな素材が主流となっています。

【白内障の治療効果】手術後は「矯正視力」が向上する

手術後に、視力はどれぐらい上がりますか?

白内障によって感じていた、霞む感じや見にくい感じは、とてもクリアになります。
元々あった乱視(=黒目の歪み)は手術では改善しないこともあるので、その場合は眼鏡をかけていただくことにより、より見やすくなることが多いです。

ということは、手術後もやはり眼鏡が必要ということですか?

患者さんそれぞれの生活習慣にあった見え方になるように眼内レンズの度を選択しておりますが、若い頃のように遠くから近くまで、裸眼でよく見えるようになるということではありません。老眼鏡や遠用(常用)の眼鏡を使っていただいた方がより快適にお過ごしいただけると思います。

【白内障の治療効果】手術後は「矯正視力」が向上する

【白内障治療の留意点】安全な手術が最重要

貴院で使用されている白内障の治療設備についてご説明いただければと思います。

当院の白内障手術では、実績の豊富な超音波白内障手術装置を使用しています。当院では、年間で200件以上の白内障手術を行っております。

【白内障治療の留意点】安全な手術が最重要

白内障の治療に際し、先生はどんな点にもっとも留意していますか?

何よりも、合併症を起こさず、安全に手術を行うことを最優先に考えています。術中の合併症はもちろん、術後の合併症にも充分注意して経過観察をさせていただいております。
当院では、学会に積極的に参加し、新しい治療情報を集めるなど常に技術の向上を心がけています。

白内障の治療を受けた人は、術後にどんなことに注意すべきでしょうか? 貴院では、どのようなアフターフォローを行っていますか?

先ほどの繰り返しにもなりますが、術後しばらくは激しい運動を控えていただくことが大切です。また、術後の感染症の防止、炎症の軽減のために点眼薬をしっかりと使用してください。
当院では、術後1週間はほぼ毎日通院していただき、術後検査を行っています。万が一、その時点で異常が見つかれば、適切に対応いたします。
その後は、1~2カ月に1回の割合で来院していただき、術後の経過観察を行います。

【白内障治療の留意点】安全な手術が最重要

最後に、これから白内障の治療を受けようと考えている方、Medical DOCのサイトを訪れている読者に対してメッセージをお願いします。

白内障による目の見えにくさは、快適な生活の大きな妨げとなります。手術でクリアな視界を取り戻せば、生き方も前向きに変えることができると思います。
目が常時かすむように見えたり、対向車のライトがまぶしかったりするなどの異変を感じていたとしたら、白内障が進行している可能性は大きいでしょう。すぐに検診を受けることをおすすめします。

編集部まとめ

今回の取材で、白内障の手術は怖くない、生活の質的向上を求めるなら積極的に行うべきだということがよくわかりました。ただし、重要なのは合併症のリスクなどを考慮し、術前検査や説明をしっかりと行い、安心で納得できる手術を行ってくれる医院を選ぶこと。近年はインターネットでも多くの情報を得られます。白内障の治療を検討している医院については、必ず事前にチェックするようにしたいものですね。

眼科山田クリニック

医院名

眼科山田クリニック

診療内容

白内障 眼科一般 小児眼科 糖尿病網膜症 など

所在地

愛知県春日井市廻間町大洞681-157

アクセス

JR中央本線・愛知環状鉄道 高蔵寺駅 車で12分