半年で前歯が整う目立たない矯正、インビザライン・iGOシステム【東京都文京区 広野歯科クリニック】

広野歯科クリニック
広野歯科クリニック

前歯のすき間やでこぼこは、自分で思っている以上に人目につきやすいもの。しかし、気になってはいるけれど、矯正装置をつけるのは何となく恥ずかしく、高額な費用がかかるのではと放置している人も多いようだ。しかし、歯並びが悪いと磨き残しにより虫歯や歯周病になりやすいのは今や周知の事実。そこで前歯専用のインビザライン矯正を導入している医療法人社団敬和会 広野歯科クリニックの広野敬理事長にお話を伺ってみた。

 

Doctor’s Profile
広野 敬
医療法人社団敬和会 広野歯科クリニック 理事長

1985年文京区で広野歯科クリニックを開業し、現在医療法人社団敬和会 広野歯科クリニック理事長。日本にインプラントが導入され始めた1980年代からインプラント診療に取り組み、2001年より公益社団法人日本口腔インプラント学会認定専門医。「for the patient」を基本理念に掲げ、40年近い経験と今も研究を怠らない姿勢で多くの患者に良質な歯科診療を提供している。

見た目だけではない歯科矯正のメリット

まず、歯科矯正のメリットについてお話しいただけますか。

歯並びは単なる見た目だけの問題ではありません。歯並びが悪いと、どうしても歯磨きのときに磨き残しが出てしまい、虫歯や歯周病になりやすくなります。歯科矯正は見た目を整えることで、結果的に虫歯や歯周病という歯科の2大疾患を防ぐ助けになるものなのです。
さらに、発音がしやすくなるというメリットもあります。発音の中には舌が歯に触れることで音を出すものがあり、歯並びを改善することで、発音しにくかった音が出しやすくなる場合があるんです。
そしてもちろん、歯並びがよくなれば、顔の印象を変えることができます。歯並びはご自身が想像しているより、他人から見られている部分ですし、きれいに整うと皆さん、非常に喜ばれますよ。

見た目だけではない歯科矯正のメリット
見た目だけではない歯科矯正のメリット

歯科矯正には長い期間がかかり、費用も高額ということで、敬遠している方が多いようです。

従来の歯科矯正は確かに長い期間がかかり、それに伴い費用もかかるものでした。現在でも奥歯は噛んでいるのに前歯が噛み合わないオープンバイトの患者さんなどは、やはりそれなりの期間がかかります。
しかし、前歯の矯正については、インビザラインという矯正治療法によって、ずいぶん患者さんの負担が軽減されるようになっているんです。これは半年間、透明の目立たないマウスピースを装着することで、人目を気にせずに、前歯を整える治療法です。
マウスピース型矯正装置の中でも透明で歯によく似た形態なので、目立ちません。また、取り外しができるので、口腔内を常に清潔に保つことができるんです。

さまざまな負担が軽減される透明で取り外し可能なマウスピース型矯正

さまざまな負担が軽減される透明で取り外し可能なマウスピース型矯正

広野歯科クリニックでもインビザラインによる歯科矯正を取り入れているそうですね。

以前からマウスピース型の矯正を行っていたのですが、これまでのものは、粘土のようなもので歯型を取ってマウスピースをつくっていました。しかも、30日おきに歯型を取ってまたマウスピースをつくるため、通院回数も多く、治療が終わるまでに1年くらいかかっていました。
しかし現在、iGO(アイゴー)システムというインビザラインシステムを取り入れてからは、3Dスキャナで口腔内を撮影し、そのデータをもとにコンピュータ上で治療期間中に必要な14個ほどのマウスピースを一気に作製できるようになりました。それで、治療期間も半年に短縮できるようになったというわけです。
もちろん、すでに作製したマウスピースが途中で合わなくなれば、またコンピュータ上でつくり直すことができますし、動画で歯が動いていく様子をシミュレーションすることもできます。説明の際には、モニターでシミュレーションの様子を患者さんにお見せすることもできます。

インビザラインは患者さんの負担が本当に軽減されるんですね。

型取りの不快感がなくなったのは大きいと思います。従来の型取りでは、嘔吐反射など不快な思いをされる方も多かったのですが、3Dスキャナの場合は、お口の中に5~10分ほどスキャニングすればデータが取れますので、かなり楽になったのではないでしょうか。
しかも、3Dのデジタルデータとして保存するので、従来の型取りよりも正確に型を取ることができるんです。通院も基本的に調整で2回来ていただくだけで大丈夫です。
このときに、歯と歯のすき間を広げたり、アパッチメントという、マウスピースを装着しやすくするためのイボのようなものが削れていないかチェックしたりします。通院回数も減ったので、必然的に費用も軽減できるようになりました。
また、従来の針金による矯正と比べ、見た目がきれいですし、取り外せるので虫歯になりにくく、痛みなどもありません。インビザラインは、さまざまな点で患者さんの負担を軽減できる歯科矯正だといえるのではないでしょうか。

マウスピースのお手入れなどについても教えていただけますか。

本当は24時間マウスピースを装着していれば一番治りやすいのですが、装着したまま食事をすると壊れてしまうので、食事の際には外してもらいます。また、歯磨きのときは外して、流水できれいに洗ってもらいます。それ以外は装着しっぱなしです。
そして、1週間から10日後には新しいマウスピースを装着する、という手順になります。取り外し可能なため、ついつい外したままにしてしまう方もいますが、習慣づけるとそれほど負担を感じないという患者さんがほとんどです。

治療後のアフターケアはどのようになっていますか。

半年間、食事と歯磨きのとき以外はきちんと装着することで、確実に歯並びをよくすることができます。歯並びが整えば、ブラッシングしやすくなり、結果として虫歯・歯周病を予防できるので、よいことばかりなのですが、しかしそこでやめてしまうと、徐々に元に戻ってしまうんです。いわゆる後戻りです。そこでリテーナーという保定装置を装着してもらうことになります。
リテーナーはだいたい動かした期間の倍の期間、装着したほうがいいといわれています。リテーナーも食事と歯磨きのとき以外は極力装着することをおすすめしています。あるいはせめて睡眠中だけでも装着したほうがいいですね。

さまざまな負担が軽減される透明で取り外し可能なマウスピース型矯正

インビザライン矯正をするなら通いやすく設備の整った歯科医院へ

インビザラインの矯正はできない人もいるということでしたが、インビザラインで矯正できるかどうか、自分で判断する目安などはありますか。

自分で判断するのは難しいと思います。インビザラインはあくまでも前歯専用の矯正装置で、先ほども申し上げたように奥歯まで関わってくる矯正治療の場合は、専門の歯科矯正医師でないと治せないんです。その見極めはやはり3Dスキャナでお口の中をきちんと見た上で判断するものですから、そのような設備の整った歯科医院に相談されることをおすすめします。

インビザライン矯正をするなら通いやすく設備の整った歯科医院へ
インビザライン矯正をするなら通いやすく設備の整った歯科医院へ

最後に読者へのメッセージをお願いいたします。

広野歯科クリニックは、患者さんのことを第一に考え、綿密なカウンセリングと適切なアドバイスのもと治療を提供する「for the patient」を基本理念に掲げる歯科医院です。患者さんに自分が受けて不愉快になるような治療を行うようなことは決してしたくありませんので、常に知識や技術を磨き、設備を整え、患者さんにとって安心な環境づくりに努めています。
また、インビザラインによる歯科矯正のほか、インプラント治療、予防歯科、ホワイトニングなどの審美治療などにも力を入れていますので、歯並びを整え、お口の健康を守りたい方はぜひ一度ご相談にいらしてください。

編集部まとめ

広野理事長にわかりやすくご説明いただき、前歯の矯正なら透明で目立たず、半年間で整えられるということがわかり、歯科矯正のイメージを少し変えることができました。広野歯科クリニックは、白山駅からすぐの明るく通いやすいクリニックです。「for the patient」という基本理念にのっとり、穏やかにわかりやすく治療方針を示してもらえますので、安心してまずは相談に訪れてみては。

医院情報

広野歯科クリニック

広野歯科クリニック
所在地 〒113-0001
東京都文京区白山1丁目33-8
朝日白山M107
アクセス 都営地下鉄三田線 白山駅 A1出口目の前
東京メトロ南北線 本駒込駅 徒歩5分
都営地下鉄三田線 千石駅 A1出口 車で3分
診療内容 歯科一般 マウスピース型矯正 ホワイトニング 口腔外科 インプラント 他