予防歯科とは

公開日:2021/01/06  更新日:2021/11/12

予防歯科とは

予防歯科とは、むし歯や歯周病などの治療を行う対症療法と異なり、定期的に歯のクリーニングやメンテナンスに通うことで虫歯や歯周病を予防し、歯の健康を維持する方法です。歯科衛生士によるフッ素塗布、スケーリングなどのクリーニングや歯科医師による定期健診が行われ、必要があればその場でむし歯治療なども行われます。ビルゲイツなど世界の富豪たちも対症療法にかかる治療時間や費用よりも、予防歯科の方がコストパフォーマンスが良い、とその重要性を認めています。

メリット

・むし歯や歯周病を早期発見・早期治療できる
・定期的なメンテナンスに通うことで、むし歯や歯周病の原因を除去できる
・健康な歯をより長く保つことができる
・磨き残しによる汚れをクリーニングすることで、口臭が予防できる

デメリット/副作用

・3ヶ月~6ヶ月に1回の通院が必要
・定期健診にかかる費用の負担がある(保険診療、自由診療の両方あり)
・ブラッシング指導など1回の検診時間が長いこともある

治療期間

定期健診とクリーニングのみであれば、20~30分程度

費用相場

保険適用で1回3000円程度、さらにPMTCを希望する場合は自由診療となる(5000円から1万円程度)

※定期健診以外に検査や治療が行われた場合は、別途費用がかかります
※治療期間や費用は治療の手法や素材によって大きく異なる場合があります