痛みを軽減する、切開や縫合なしのインプラント治療法とは 【藤沢市 湘南藤沢歯科】 2020/01/06

湘南藤沢歯科
湘南藤沢歯科

自分の歯の代わりとして、インプラントを検討したことのある人は多いのではないだろうか。けれども費用や治療期間、手術といったさまざまな理由でためらっている人もまた多いかもしれない。手術や痛みといった、インプラントへのハードルを軽減できるフラップレス手術を積極的に行っているのが湘南藤沢歯科。通常のインプラントと異なる点について同院の滝澤理事長にお話をうかがった。

 

Doctor’s Profile
滝澤 聡明
医療法人社団 明敬会 理事長

湘南藤沢歯科
 
神奈川歯科大学卒業。日本大学歯学部生理学博士課程修了。国際デンタルクリニック勤務を経て、1996年にタキザワ歯科クリニックを開設。2004年に医療法人社団明敬会を設立し、理事長に就任。2006年に、分院として湘南藤沢歯科を開設。数多くのインプラント治療に携わる学会や勉強会に所属しており、フラップレス治療を積極的に導入し、患者にとって負担の軽いインプラント治療を行っている。

インプラント治療時の痛みを抑えられるフラップレス手術

歯の欠損に対する対策として、ブリッジや入れ歯、インプラントといった方法がありますが、やはりインプラントはメリットがありますか?

はい。インプラントのメリットは大きいと考えます。インプラントでは失った歯の代わりに顎の骨に歯根を埋め込み、そこに人工の歯を取り付けます。顎の骨にしっかりと固定されるので、噛む力はほぼ天然の歯に近い状態まで回復します。もちろん硬いものが噛めるようになりますし、見た目も天然の歯との違いがわからないほどです。
インプラント治療時の痛みを抑えられるフラップレス手術

歯が全部なくなってしまった後にインプラントをするのはいかがでしょう?

総入れ歯にする必要がなくなるので、メリットは大きいですね。食事のときに歯と粘膜の間に食べ物が詰まったりすることもないですし、だんだん入れ歯が合わなくなったりするようなこともありません。日常をとても快適に過ごせると思います。

あえてインプラントのデメリットを挙げるとするなら、どんなことがありますか。
まず、顎の骨に歯根を埋め込むために手術が必要です。インプラントを施す箇所を切開し、顎の骨を露出させて歯根を埋め込みます。手術をするのだから出血があり、程度にも寄りますが腫れや痛みが生じます。やはり誰にとっても手術というのは精神的な負担になるのではないでしょうか。
 

治療期間や費用については、いかがでしょうか。

入れ歯やブリッジに比べると、やはり治療は長くかかります。部位や人によっても異なりますが、だいたい4カ月から7カ月程度はかかりますね。治療後も、定期検診のために通っていただかなければなりません。
費用については、インプラントには保険が適用されないので、保険治療の入れ歯やブリッジに比べると相当高額です。本数や種類、治療方法によって異なってきますが、1本30万円以上はかかってしまいます。
インプラント治療時の痛みを抑えられるフラップレス手術

インプラントをためらうの理由は、やはり金額がネックになっているのでしょうか。

もちろんそれはあると思います。ただ、費用面で問題がなくてもインプラントをためらっている方は結構多くいらっしゃいます。金額のハードルはクリアしているけれど、外科手術が怖くてためらっているといった方などですね。
手術や痛みというものは、私たち歯科医が考える以上に患者さんの精神的な負担になっていることがわかったので、当クリニックではフラップレス手術を積極的に行うようになりました。手術を受けた患者さんからは、評判のお声をいただだきました。

切開も縫合もしないフラップレス手術

通常のインプラントの手術とフラップレス手術との違いを教えてください。

フラップレス手術では、通常のインプラントで行う歯ぐきの切開をしません。直径4mmぐらいの穴をあけて、そこからインプラントを埋め込みます。切開しないので縫合の必要もありません。
通常のインプラント手術だと手術の1、2週間後に抜糸をしますが、それがいらないというわけです。糸を抜く処置だけで、患者さんによっては憂鬱になったりする方もいらっしゃいますが、そういった不安や恐怖を軽減できるのがフラップレス手術です。切開していないので、傷の治りも早くなります。

切開も縫合もしないフラップレス手術

切開しないとのことですが、それではフラップレス手術はどのように進めていくのでしょうか?

歯科医側からいえば、通常の手術のほうがやりやすいですね。切開することで骨が直接目に見えるようになるわけですから。フラップレス手術は、CTを見ながら進めていきます。神経や血管の位置などもCT上で確認しながら施術します。たとえば10mmのインプラントを入れるとするならば、一気に10mm削るのではなく、4、5mmぐらいで止めて、またCTを撮って再確認しながら進めていきます。

見えない分だけ慎重に行うということですね。手術の際に先生はどんな点に留意されていますか。

安全性には特に注意を払っています。腹腔鏡による外科の手術は多くの人がご存じだと思いますが、フラップレス手術はそれによく似ています。ただ、外科の腹腔鏡手術ではモニターをリアルタイムで見ながら手術しますが、フラップレス手術ではそれができないので、途中でCTを撮って中の状態を確認しながら進めていきます。

  

通常のインプラント治療の流れと、ほかに異なる点はありますか。

通常のインプラント治療で行う二次手術はほぼありません。ですから、その点でも患者さんの負担は軽いと思います。切開しないので治癒を待つ期間が短くなるため、治療期間も若干短くなりますね。
切開も縫合もしないフラップレス手術

手術や痛みのためにインプラントをためらっている人にとっては、とても優れた方法だということですね。

インプラントをためらっていた方が、フラップレス手術の利点を聞いて右の歯で手術をしたところ、「これならば左の歯もインプラントにしよう」とおっしゃいました。その人にとって、最初の手術は辛くなかったということです。
プロである歯科医から見て大成功と思えるインプラント手術でも、患者さん側の痛みがひどかったとすれば、また次もインプラントをしようとはなかなか思いませんよね。痛みや恐怖心を軽減することは治療にとって非常に大切と考えています。

患者ファーストの考えを徹底的に貫く

湘南藤沢歯科ではフラップレス手術を積極的に行っているそうですが、フラップレス手術を導入されたきっかけは?

もともとのきっかけは、患者さんから言われたことでした。以前は、「切開しないフラップレス手術もあります」とホームページに書いていただけだったのですが、それを目にした患者さんのほうから聞いてこられたんです。それで導入していくと、フラップレス手術を希望する人が予想以上に多かったというわけです。
患者ファーストの考えを徹底的に貫く

まさに、患者さんのニーズに応えたということですね。湘南藤沢歯科のフラップレス手術の特徴について教えてください。

サージカルガイド(*)を使用しないで、フラップレス手術をするようにしています。というのも、サージカルガイドを使用すると、費用が5~10万円は高くなってしまうんです。フラップレス手術にはサージカルガイドがつきものというイメージがあると思いますが、経験と技術でカバーすることで費用を抑えています。

(*)サージカルガイド:インプラントの埋入角度や埋入する長さをコントロールするための手術用のガイド。顎のCT画像に基づいて個別に作製される。

それは患者にとって有難いことです。また、インプラントの種類がずいぶん多く用意されていますね。

当院では9種類のインプラントを使用しています。ひとつのメーカーだけだとサイズに限りがあります。すると顎の骨が足りない場合に人工骨を使ったり、オプションのGBR(骨移植)をしたりする必要が出てきます。つまり追加の手術が必要になってしまい、当然費用も余計にかかってきます。

さまざまなメーカーのインプラントを使用することで、費用が抑えられると。

インプラントのメーカーではストローマン社とノーベルバイオケア社がよく知られていますが、同社では日本で認可が下りている最低のサイズが8mmなんですよ。同社だけではサイズが限られてしまい、するとインプラントのサイズに患者さんが合わせなければならなくなります。それぞれの患者さんの状況に合わせるには、そもそもインプラントのサイズを増やさなくてはなりません。そのことから、自然に使用するメーカーも多くなっていったというだけです。

患者さんのことを考えたら当然の結果だったわけですね。

なおかつ、短いサイズの中でも値段に幅を持たせているので、さらに種類が増えてしまいます。普通は1、2種類しか使用していない歯科医院が多いのではないでしょうか。ただ、インプラントの種類を増やせば患者さんに合わせやすくなり、それは施術の工程の削減にもつながります。施術の工程が減れば費用を抑えられますし、痛い思いをする機会を減らすことにもつながります。いろんな施術をすればするほど問題だって起きやすくなりますからね。治療は極力シンプルにするのがベストだと考えています。

ほかにも、フラップレス手術をするにあたって注意されていることはありますか。

骨を削るとき、ドリルは熱を持ちます。しかし、フラップレス手術では冷却が難しい。そこでドリルの回転数を落とすなどしています。熱を持つと骨が火傷をしたような状態になり、インプラントがつきにくくなります。冷却するための生理食塩水も、手術の直前に冷蔵庫から出すなど、細かい工夫はいろいろしています。

患者ファーストの考えを徹底的に貫く
こちらは東京の「タキザワ歯科クリニック」の分院とのことですが、出来るだけ負担の掛けないフラップレスインプラント治療を他の地域でも必要とされる人々に提供したいとのことから開院されたということですか?
 
そうです。この藤沢湘南歯科のほうがユニットやオペ室が多く、よりたくさんの患者さんに対応できるようになっています。商業施設の駐車場をご利用いただけるので、車でも来やすいと思います。三重や御殿場からいらっしゃるなど、遠方から来院される患者さんも多くいらっしゃいます。手術や痛みのためにインプラントをためらっている方には、ぜひフラップレス手術を選択肢に入れて検討してみていただきたいですね。

編集部まとめ

編集部まとめ

高い技術が必要な一方で、手術が怖い、痛みに弱いといった人には、フラップレス手術はとても有難い技術だということがよくわかりました。手術や痛みの恐怖心からインプラントをためらっている人は、ぜひ選択肢として考えてみたいものです。その場合は、もちろん経験豊富な歯科医師にまかせたほうが安心。手術や痛みを軽減しつつ、インプラントという天然の歯に近い第二の歯が手に入るなら、検討する余地は大いにあるのではないでしょうか。

医院情報

湘南藤沢歯科

湘南藤沢歯科
所在地 〒251-0042
神奈川県藤沢市辻堂新町4-3-5
MrMax 湘南藤沢ショッピングセンター2F
アクセス JR線・小田急線・江ノ島電鉄 藤沢駅 北口より神奈中バスで13分
診療内容 インプラント 入れ歯