ジルコニアボンドクラウンとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

ジルコニアボンドクラウンとは

ジルコニアボンドクラウンとは、ジルコニアセラミッククラウンとも呼ばれ、ジルコニアの上にセラミックを重ねて仕上げたかぶせものです。ジルコニアは硬く強度のある素材であり、その上にセラミックを盛っている構造です。歯ぐきから歯の先までグラデーションで天然の歯のような色調が再現されているため、審美的にも優れています。また、メタルボンドやe.maxより強く割れにくい性質があるためブリッジなどに使用できるのも特徴と言えます。内部の枠をジルコニアで作っているため、メタルボンドクラウンに見られるような歯と歯茎の間のメタルのラインが出ない構造となっています。

メリット

・透明感があり審美性に優れている
・耐久性に優れている
・金属アレルギーの心配がない

デメリット/副作用

・保険適応外となり費用負担が大きい

治療期間

ジルコニアボンドクラウンを用いて虫歯治療を行う場合、最短2回の通院で治療が完了するため早ければ治療期間は1カ月程度とされています。

費用相場

ジルコニアボンドクラウンを用いて虫歯治療を行う場合、保険適応外となり1本15万円程度とされています。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。