ウォーキングブリーチとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

ウォーキングブリーチとは

ウォーキングブリーチとは、大きな外傷やむし歯の影響で神経が死んでしまい、根管治療後に変色した歯をホワイトニング法です。歯の内側に穴を空けて漂白剤を入れることで、少しずつ白くなっていきます。治療が終了した際、漂白剤をすべて抜きレジン等の詰め物をします。

メリット

・変色歯を削ってかぶせることなく、ホワイトニングによって白くできる
・歯の外側から行うブリーチよりも、ホワイトニング効果が高い

デメリット/副作用

・歯の中に入れた漂白剤の漂白反応でガスが発生し、発生したガスの影響で、歯に痛みを感じる可能性がある
・ウォーキングブリーチを行う対象の歯を、残存している歯の色に合わせることができず浮いてしまうことがある

治療期間

1〜2週間ごとに薬剤を交換します。通常は数回の交換で効果が表れます。

費用相場

保険適用外のため、医院によって異なります。
薬剤交換1回につき3〜7千円で、固定料金で1万5千〜2万円が平均的な相場のようです。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。