RevoluXとは

公開日:2021/08/30  更新日:2022/01/06

RevoluXとは

RevoluX(レボルクス)とは、最先端歯科用CT装置であり、歯やあごの骨、神経まで細かく立体的に撮影し精度の高い診断が可能です。
さらに骨の硬さまで計測が可能で、骨質を事前に把握する必要があるインプラント治療には非常に有効とされています。また、CT撮影に伴う被ばく量が少なく通常の歯科用CTの15分の1程度に抑えられるため、高性能と安全性を兼ね備えた装置といえます。
さらに従来の歯科用CT装置では詰め物、かぶせものに使用されている金属の影響で周辺の骨の状態把握が難しいことがありましたが、レボルクスは金属の影響を除去するプログラムが搭載されており、より正確な診断が可能になりました。

メリット

・被ばく量が少なく安全
・撮影時間が約20秒と短い
・骨の硬さまで測定可能
・他のCTでは金属の影で映らない、細かい部分まで撮影が可能

デメリット/副作用

・一部保険適用外

治療期間

撮影時間は20秒程度です。

費用相場

歯科における撮影では一部は保険適用外となっています。
自由診療での撮影の場合、片顎1.5~2.5万円前後

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。