光触媒システムとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/12/21

光触媒システムとは

光触媒システムとは、主に歯科のホワイトニングで導入されています。二酸化チタンと呼ばれる酸化物が光(紫外線)に当たると、「光触媒」により有機物や細菌類が分解されます。二酸化チタンが含まれる溶液を歯にスプレーし、LEDライトを当てることで、歯の表面の落ちにくい汚れや、着色成分を除去します。従来の過酸化水素や過酸化尿素を使用するホワイトニングとは異なります。光触媒システムのホワイトニングは歯をもとの白さに戻すことを目的としており、従来のように一時的に歯の表面を溶かすことはありません。

メリット

・歯の表面を溶かさない
・痛みが少ない
・マウスピースの製作などの型取りが不要
・差し歯・人工歯にも使用可能
・食事制限がない

デメリット/副作用

・もともとの歯以上の明るさにはならない

治療期間

光触媒システムを用いたホワイトニングは歯科医院で行われます。1回の照射時間は8分程度です。歯の状態により、照射回数は変動します。

費用相場

光触媒システムを用いたホワイトニングは、1回6000円程度と、従来のオフィスホワイトニングと比べると低価格です。

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。