モノブロック矯正治療とは

公開日:2021/08/30  更新日:2022/01/07

モノブロック矯正治療とは

モノブロック矯正治療とは、乳歯の矯正終了後に行う矯正治療です。歯が生え変わる時期にモノブロックと呼ばれる装置を就寝時に着用します。永久歯に生え変わるタイミングで歯を適切な位置に誘導し、きれいな歯並びを目指治療法となります。
治療は、乳歯と永久歯のどちらともが生えている混合歯列期の小学生に限定されています。成長期(小児)矯正治療で永久歯が生えるスペースを確保し、顎が十分に成長する土台を整えた環境で行う必要があります。

メリット

・歯を抜かずに歯並びをきれいにすることができる
・就寝時のみの装着なのでお子さまの負担を減らすことができる
・他の矯正治療と比べて通院回数を少なくできる
・歯が生え変わった時点で大人の歯列矯正が必要ないとみなされた場合、費用を大幅に軽減できる

デメリット/副作用

・歯の生え変わりの時期しかできない治療である

治療期間

矯正の終わった乳歯が、すべて永久歯に生え変わった時点で終了となります。

費用相場

成長期(小児)矯正約30万+モノブロック矯正治療約30~50万円の、合計60~80万円程度となります。

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。