金属床義歯とは

公開日:2020/12/24  更新日:2021/11/12

金属床義歯とは

金属床義歯とは、入れ歯の入れ歯の一部に金属を使用している入れ歯のことで、プラスチックで作成した入れ歯に比べて、丈夫で快適なのが特徴です。金属ならではの薄い仕上がりで、装着の違和感が少なく、食べ物の温度が伝わりやすいため、従来の入れ歯よりもお食事を楽しむことができます。

メリット

・プラスチックの入れ歯よりも割れにくい
・保険適用の入れ歯の約3分の1の薄さで作製できる
・金属部分で、食べ物の熱さ、冷たさなどの温度が伝わる
・金属部分は汚れに強く、清潔さを保ちやすい

デメリット/副作用

・金属アレルギーの方は使用できる金属が限られる
・修理が難しく、できても時間がかかる
・保険の適応外なので高額になる

治療期間

1ヶ月~2ヶ月程度

費用相場

コバルトクロム合金(一般的な金属):30万~35万円
チタン合金(身体に優しく安全性に優れてる):35万~40万円程度
金合金(金属アレルギーがほとんどおこらない):70万~80万円程度

※治療期間や費用は入れ歯の大きさや素材によって大きく異なる場合があります