コーヌス義歯とは

公開日:2020/12/24  更新日:2021/11/12

コーヌス義歯とは

コーヌス義歯とは、金属バネを用いずに装着する義歯です。

内冠と呼ばれる金属を残存歯に被せ、義歯を取り付けた外冠と呼ばれる入れ歯を嵌め込んで使用します。

一般的な入れ歯は、残存歯を加工することなく金属バネを使用して装着しますが、コーヌス義歯は自身の歯を土台へと作り替えて固定を行います。

この内冠と外冠をぴったり適合するように作成することで、安定した固定と装着感の良さが生み出されます。

残存歯の表面は削る必要がありますが、揺れを最小限に抑えることができるため、結果的に自然の歯にかかる負担が減り、長持ちさせることができます。

メリット

・ものを噛む十分な力の獲得ができる
・クラスプが必要ないため、見た目が良い
・土台となる残存歯への負担が少なく済む
・入れ歯の揺れがほとんどなく、違和感が少ない

デメリット/副作用

・土台とする歯は健康であったとしても削らなければならない
・高度な加工が必要なため時間がかかる

治療期間

必要な本数の残存歯があり、歯肉の状態に問題なければ2〜3ヶ月ほどです。
残存歯が足らずに、インプラントを設置するなどの処置が必要な場合は、更に3〜6ヶ月ほどかかります。

費用相場

内冠:1本あたり7万円〜
外冠:1本あたり10万円〜
脚部・床
プラスチック:20万円〜
コバルトクロム:30万円〜
プラチナ・金合金:50万円〜

注意点

治療期間や費用は治療の手法などによって大きく異なる場合があります。