インビザラインi7とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/12/07

インビザラインi7とは

インビザラインi7とは、最も軽度な不正咬合に対して行われるマウスピース矯正の一種です。
前歯の少しのズレや、すきっ歯に行われる治療であり、永久歯が生え揃ってない状態でも治療が可能となります。
矯正後の後戻りを防ぐ目的でも使用されています。
治療の流れは数日~数週間に一度マウスピースを交換することで矯正治療を進めていきますが、最大7枚までしかマウスピースの作製ができないという特徴があります。

メリット

・痛みが少ない
・治療が短期間で済むため費用が抑えられる
・食事の時などの取り外しが可能
・ワイヤー矯正との併用もできる

デメリット/副作用

・インビザラインi7の治療の対象ではない場合がある(重度の症状の場合など)
・途中でやめることができない
・マウスピースを長時間装着する必要がある

治療期間

軽度な歯列矯正なので、基本的に6ヶ月~1年以内に治療が完了します。器具の装着時間を守らなければ、治療期間が延びる可能性があります。

費用相場

両顎:30万円程度、片顎:20万円程度が相場となっています。

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。