口腔内カメラとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

口腔内カメラとは

歯科クリニックで使用する口腔内カメラは、スティック状の機器の先にカメラがついており口腔内の状態を大きく鮮明に映し出してくれる機械です。口腔内の状態をモニターに映し出し、患者さん自身が虫歯や歯周病などの状況を直接確認することができます。
機器はコンパクトで口内で自在に動かせるため、特に上の奥歯や歯の内側など、患者さん自身が目視しにくい場所まで確認できるのが特徴です。高画質なタイプから、直径が0.5mmに満たない極細タイプなど幅広い種類のカメラが取り扱われています。

メリット

・患者さんが直接口腔内を確認できる
・診断内容や治療結果の説明に役立つ

デメリット/副作用

機器としてのデメリットは特にありません。

治療期間

口腔内カメラは口腔内の様子を患者さんに確認してほしい際に、その都度使用するものです。映像はリアルタイムでモニターに映し出されるため、現在の状況をそのまま伝えることができます。

費用相場

口腔内カメラは診断や説明にあたって、各クリニックが補足的に使用している機器のひとつであり口腔内カメラを使用することによって、検査費や治療費が高くなることは基本的にありません。

注意点

治療期間や費用は治療内容などによって大きく異なる場合があります。