GBR(骨誘導再生法)とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

GBR(骨誘導再生法)とは

GBRとは(骨誘導再生法)とは、インプラント治療をおこなう際に、十分な骨の厚みや幅がないがない場合におこなう、骨の再生治療法です。
骨が小さい・少ない患者さんでもGBR治療をおこなえば、インプラント治療が可能になります。
長期間の治療が必要にはなりますが、インプラント治療の安定性を高めることができるようになります。

メリット

・生まれつき骨が薄い方でも、インプラント治療が可能になる
・インプラント治療の安定性を高めることができる

デメリット

・術後1週間程、痛みや腫れが続く場合がある
・全身疾患がある方や喫煙者の方は、治癒不全のリスクが高くなる
・自家骨を使用する場合は、自分の骨を採取するための手術が必要
・長期間の治療が必要になる
・骨粗鬆症の薬による副作用が生じる可能性がある

治療期間

骨の再生から、周囲の骨と馴染むまでに4~6か月かかります。
その後、インプラントの上部構造を装着します。

費用相場

費用は、歯1本につき50,000円~150,000円が一般的な相場になります。
医院によっては、別途診察費がかかります。
※治療期間や費用は治療の手法や素材によって大きく異なる場合があります