ファイバーコアとは

公開日:2020/12/24  更新日:2021/11/12

ファイバーコアとは

神経を抜いてしまった歯は脆くなっているため、土台(コア)を立てて被せ物をつけることで、噛む能力を回復させる必要があります。

その土台部分に、グラスファイバーを使用して作成したコアを、ファイバーコアといいます。

保険適用の金属製のコア(メタルコア)は、強度が高すぎるために、噛む力が歯の根っこ方向へダイレクトに伝わり、歯根破折のリスクが高くなります。

ファイバーコアは、天然の歯と同程度のしなりを持つために、噛む力を分散させ、歯根破折のリスクを抑えてくれます。

メリット

・歯根破折のリスクを抑えられる
・金属アレルギーを起こしたり、歯肉が変色したりすることが少ない
・被せ物からコアが透けても、天然の歯と同等の透明感が得られる
・再治療の場合でも除去がしやすい

デメリット/副作用

・根が残っている量が少ない場合は適応外
・金属ほどの強度はないため、稀にコア自体が折れてしまうことがある

治療期間

型取りからコアが設置されるまでの期間は2週間程度となります。
コアだけでは歯として使用できないため、被せ物が必要となりますが、被せ物の出来上がりに1〜2週間程度かかります。
合計して約1ヶ月程度の治療期間となります。

費用相場

1本あたり1万〜2万円(ファイバーコアのみ)

注意点

治療期間や費用は治療の手法などによって大きく異なる場合があります。