停留精巣の症状・原因・治療方法について
  1. Medical DOCTOP
  2. 停留精巣の症状・原因・治療方法について

停留精巣の症状・原因・治療方法について 2018.07.16

停留精巣(読み方:ていりゅうせいそう)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、Medical DOC編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
名城 文雄 医師 なしろハルンクリニック院長

停留精巣とは

停留精巣(潜在精巣)とは、出生直前に陰嚢(いんのう)の中に下りてくるはずの精巣が腹部にとどまったままになっている状態です。移動性精巣とは、精巣が陰嚢の中まで下りてきているにもかかわらず、刺激に反応して容易に鼠径管(そけいかん)の中に戻ってしまう(移動する)ことです。
男児100人のうち約3人の割合で、出生時にこの停留精巣がみられます。それでも、ほとんどの場合は、生後6カ月頃までに精巣が自然に下りてきます。早産で生まれた男児や、停留精巣の家族歴がある男児は、停留精巣になりやすい傾向があります。患児のうち約10%では両側にみられます。

引用:MSDマニュアル家庭版
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/23-小児の健康上の問題/乳児と幼児における健康上の問題/停留精巣と移動性精巣

名城 文雄 医師 なしろハルンクリニック院長ドクターの解説
停留精巣とは陰嚢(おちんちんのふくろ)の中に精巣(睾丸とも呼ぶ)が入ってない状態を言います。停留した精巣は鼠径部(そけいぶ)や腹腔内(ふくくうない)に留まっており、放置すると将来子供をつくる能力が低下するだけではなく精巣がんにもなりやすいため、時期をみて手術で精巣を陰嚢内に固定します。ただし生後まもない赤ちゃんの場合は精巣が自然に下降することもありますので生後6か月までは様子を見て、それ以降も陰嚢に精巣が降りてこない場合に泌尿器科医もしくは小児外科医へ相談していただければ良いと思います。

停留精巣の症状

停留精巣に症状はありません。しかし停留した精巣が腹腔内でねじれる(精巣捻転— 精巣捻転を参照)場合があり、こうなると成長後の精子の産生に支障をきたし、ヘルニアと精巣腫瘍のリスクが高まります。1歳の時点で精巣が下りてこない場合は、手術で精巣を陰嚢まで下ろします。
移動性(遊走)精巣とは、陰嚢の中に下りてきた精巣が陰嚢と腹部の間で容易に行ったり来たりする状態です。移動性精巣は、がんその他の合併症を引き起こすことはありません。思春期までには精巣は動かなくなるため、手術その他の治療は必要ありません。

引用:MSDマニュアル家庭版
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/23-小児の健康上の問題/乳児と幼児における健康上の問題/停留精巣と移動性精巣

名城 文雄 医師 なしろハルンクリニック院長ドクターの解説
陰嚢内に精巣が触れない。ただし、陰嚢内に精巣が触れたり、消えたりする場合は『移動性精巣(遊走睾丸)』といい、手術の必要はありません。

停留精巣の原因

停留精巣の正確な原因は不明です。遺伝的要因や母体要因、環境要因などが、胎児期のホルモンの産生や神経系の成育、体の成育に影響を与え、停留精巣になると考えられています。

引用:ときわ会
http://www.tokiwa.or.jp/columns/sukoyaka/042.html

停留精巣の検査法

新生児の時期に注意深く陰嚢を触れば精巣が触れるかどうかわかります。精巣は6ヶ月までは自然下降が期待できますからそのまま様子を見てかまいません。6ヶ月をこえても精巣を陰嚢内に触れない場合は治療を考える必要があります。丁寧に診察して陰嚢内に精巣が触れるかどうかが検査としては最も重要です。

引用:東京女子医科大学病院 泌尿器科 腎臓病総合医療センター
http://www.twmu.ac.jp/KC/Urology/disease/child/testicle/

名城 文雄 医師 なしろハルンクリニック院長ドクターの解説
陰嚢内に精巣が降りているかどうか注意深く触診、視診を行う事で診断は可能です。また、超音波検査は放射線被爆もなく侵襲も少ないため補助診断で行われる事が多いのですが、CT検査やMRI検査は必要時にのみ行います。

停留精巣の治療方法

治療の基本は手術的に精巣を本来の陰嚢内に固定することです。手術時期は自然下降の時期や妊孕性の面から1歳前後から2歳頃までに行うことが薦められています。非触知精巣の場合は術前に超音波検査(場合によりMRI)などでその位置を検索する場合もありますが、腹腔鏡という内視鏡的な検査・手術法を併用して検索して、下降、固定することができます。その際、精巣が痕跡的な組織の場合は摘除術が選択されます。自然下降を促進する目的で性腺刺激ホルモンを投与する方法もありますが、一般的ではなく、普及していません。

引用:日本泌尿器科学会
https://www.urol.or.jp/public/symptom/10.html

名城 文雄 医師 なしろハルンクリニック院長ドクターの解説
お薬で治る事はなく、精巣を本来の陰嚢内に固定する手術(精巣固定術)が治療の基本です。手術を行う時期は、1歳前後から2歳頃までに行うことが望ましいとされています。痛くないからといって放置をしていると、精巣機能が低下するだけでなく精巣がん発生率も高くなります。


この記事の監修ドクター

名城 文雄 医師 なしろハルンクリニック院長名城 文雄 医師
なしろハルンクリニック 院長

PROFILE

●略歴
平成3年 琉球大学医学部卒業、琉球大学医学部附属病院
平成4年 鹿児島県 新村病院
平成5年 嶺井医院
平成6年 中頭病院
平成7年 沖縄県立 北部病院
平成8年 琉球大学医学部附属病院
平成9年 沖縄赤十字病院
平成12年 沖縄第一病院
平成13年 中頭病院
平成20年 おもろまちメディカルセンター
平成25年 同仁病院
平成26年6月 なしろハルンクリニック開院
●資格
日本泌尿器学会専門医
日本透析医学会専門医
●その他
同仁病院非常勤医師(毎週木曜日午前・午後外来)