骨誘導再生療法(GBR法)とは

公開日:2020/12/25  更新日:2021/09/08

骨誘導再生療法(GBR法)とは

骨誘導再生療法とは、ガイデット・ボーン・リジェネレーション(Guided Bone Regeneration)とも呼ばれる、顎の骨を増やすための治療法です。

インプラント手術を行う際、埋め込む場所の骨の量が不十分である場合に使用されます。

欠損している箇所に、自家骨(自分の骨)または補填材(骨の代わりになる材料)を挿入し、メンブレンという専用の膜で覆うことによって、挿入した自家骨や補填材が骨の再生を行います。

メリット

・インプラント埋入部の骨が少ない場合でも、周辺組織を再生することで、インプラントを埋め込むことができるようになる
・顎の骨を整えてからインプラントを埋め込むため、インプラントの耐久性が高くなりやすい

デメリット/副作用

・自由診療となるため、インプラント手術とは別に費用がかかる
・インプラントのみでの手術と比較して治療期間が長くかかる
・自家骨の場合には、骨を採取するための手術が必要となる

治療期間

・骨が再生されるまで3〜6ヶ月かかる
・インプラント手術も含めると半年〜1年間かかることもある

費用相場

・10万円〜20万円程度(インプラント手術費用は別途)

注意点

治療期間や費用は治療の手法などによって大きく異なる場合があります。