【2020年】文京区の眼科♪おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2020/05/21  更新日:2020/08/20

文京区で評判の眼科をお探しですか?
文京区は東京都の区のひとつで、日曜診療や、夜間診療に対応しているなど様々な眼科クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、文京区でおすすめの眼科クリニックをご紹介いたします。
※2020年5月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

文京区で評判のおすすめ眼科6医院!

CS眼科クリニック

  • 駅徒歩5分

CS眼科クリニックphoto

東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線 本郷三丁目駅 徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅 徒歩10分

東京都文京区本郷3-15-1 美工本郷ビル8F

診療時間
9:45〜13:00
14:00〜17:15

★:14:00〜16:15
※第1,3月曜午後と第1,3,4金曜午前は順天堂大学医師の診察です。
【所属学会・資格】
・日本眼科学会認定眼科専門医
・身体障害者福祉法第15条指定医
・難病指定医
・日本弱視斜視学会
・日本小児眼科学会
・日本神経眼科学会
・日本眼形成外科学会
・日本ボツリヌス治療学会
・アメリカ小児眼科斜視学会
・国際斜視学会
・アジア太平洋小児眼科斜視学会
・東京大学眼科非常勤
・順天堂大学眼科非常勤
・横浜市立大学眼科非常勤講師

CS眼科クリニックはこんな医院です

CS眼科クリニックphoto

CS眼科クリニックは本郷三丁目駅より徒歩5分、御茶ノ水駅より徒歩10分とアクセスの良い場所に位置しています。「患者さん中心の医療」をモットーに、地域の皆様のかかりつけ医の役割を果たしています。3つの大学病院に囲まれていて、大学病院に通われている方のかかりつけ眼科クリニックとしても最適です。
土曜日も16時15分まで受け付けていて、平日になかなか受診できない方にも利用しやすいクリニックです。日本眼科学会認定の眼科専門医による質の高い診療を受けることができます。
パソコンやスマートフォンを見る時間が増えて、目の疲れなどお悩みや支障を感じることも多いのではないでしょうか?そんな日常生活でお感じになる目のお悩みに寄り添い、できる限りの改善策を提案してくださいます。
小児眼科・斜視・弱視・まぶたの治療を得意としていることや、院長自身が手術を行っていること、大学病院の医師も診療に来ていることなど、高度で専門的な医療を提供できるもっとも身近な眼科クリニックといえるでしょう。

CS眼科クリニックの特徴について

CS眼科クリニックphoto

・大学病院にも外来を持つ女性院長による専門的診療!

CS眼科クリニックの院長は、東京大学、順天堂大学、横浜市立大学でも小児眼科、斜視、弱視、まぶたの診療を行っています。高度で専門的な知識と豊富な経験に基づき、様々な目の症状に対して患者さんに適した治療を見つけてくれます。院長自らも手術をしていて、手術前の検査から術後のフォローまで一貫して行ってくれるので安心です。小さなお子様からご年配の方まで、親身に相談に応じてくれる眼科クリニックなので、気になる方はぜひ一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

・斜視の治療を行う眼科クリニック!

目はその人の第1印象と言えるほど強い印象を残す大事なパーツです。目の位置がずれているため、普通の生活がままならない、そんなお悩みをCS眼科クリニックは解決してくれるでしょう。女性眼科専門医ならではのきめ細やかな視点から、患者さんに寄り添った丁寧かつ親身な診療で、自信の持てる健やかな生活を送ることができるようお手伝いしてくれます。

・子どもの目の発育を促す小児眼科!

お子さまの斜視・弱視を中心に治療する「小児眼科」にも力を入れています。大学病院で専門外来をしているからこそ、小さなお子さまのあらゆる目の症状まで精通し、成長段階に合わせた視機能の向上を図ることができるようお手伝いしてくれるため、目のお悩みを抱えるお子さまをお持ちのママさんも安心して任せることができるでしょう。 感受性のある時期に適した治療を施すことで、お子さまの目の症状改善から健康まで守ることに繋がるのではないでしょうか。お子さまの目の健康は、CS眼科クリニックにご相談することをおすすめします。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちらCS眼科クリニックの紹介ページ

千駄木みしま眼科

  • 駅徒歩6分

千駄木みしま眼科photo引用:https://mishimaganka.com/

東京メトロ千代田線 千駄木駅 徒歩6分
東京メトロ千代田線 根津駅 徒歩6分

東京都文京区根津2-37-4 グランドメゾン根津1F1

診療時間
8:15~12:15
14:15~16:45

★:9:00~12:45

千駄木みしま眼科はこんな医院です

千駄木みしま眼科photo引用:https://mishimaganka.com/

文京区根津に2019年に開業した千駄木みしま眼科は、充実した医療設備をもとに質の高い医療を提供しているクリニックです。東京大学の関連病院で確かな技術を習得した女性医師が、患者さんの視点から診察してくれ、安心して治療を受けられます。

アクセスは千代田線千駄木駅または根津駅より徒歩6分です。診察時間は平日が8:15~16:45、土曜日は9:00~12:45で、休診日は水曜日と日曜日・祝日です。

診療内容は眼科全般に対応、なかでも緑内障治療では豊富な経験を有した医師が、新しい検査機器を使用して適切な治療法を提案しています。また、小児眼科にも力を入れ、お子さまによく見られる斜視や近視、色覚異常などの眼症状を中心に診療しています。

千駄木みしま眼科の特徴について

・豊富な緑内障治療の実績!

緑内障は眼圧の上昇などの原因により、視神経が障害されて視野が欠ける病気です。千駄木みしま眼科では、長年にわたって緑内障の治療に従事してきた医師が、的確な治療方針を決めています。

病状の経過がわかる視野解析ソフトを導入して、治療へのモチベーションを保つ工夫がされています。治療法は点眼薬などによる薬物療法と、日帰り手術可能のレーザー療法を取り入れて、患者さんの状態に合わせて適切に治療を施してくれます(※レーザー療法には術前・術後の経過観察が必要です)。

・色覚異常を早期に発見!

千駄木みしま眼科では小児眼科の領域にも注力し、小さいお子さまの近視や斜視など視機能のトラブルを確認するための検査機も使用されています。眼の異常を早期に発見することで、その後正常な機能を保つことができます。

色が他の人とは違った見え方をする色覚異常には検査をして早期発見します。お子さま本人が色覚異常に気付くことは少ないので、少しでも疑いがあれば一度相談に訪れてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら千駄木みしま眼科の紹介ページ

おぎの眼科クリニック

  • 駅徒歩10分

おぎの眼科クリニックphoto引用:https://ogino-eye.com/

JR山手線・東京メトロ南北線 駒込駅 徒歩10分

東京都文京区本駒込5-41-6 メゾン本駒込1F

診療時間
9:30~12:30
15:00~18:30

おぎの眼科クリニックはこんな医院です

おぎの眼科クリニックphoto引用:https://ogino-eye.com/

文京区本駒込にあるおぎの眼科クリニックは、白を基調とした明るく清潔な雰囲気のなか、検査室や処置室など充実した設備を取り揃えて地域医療に貢献している眼科です。コンタクトレンズの処方や眼鏡を作成する際の相談なども確かな学識を持った医師が、丁寧な応対をしてくれるので安心して通院できます。

アクセスはJR山手線・東京メトロ南北線駒込駅より徒歩10分、田端駅より徒歩13分で、最寄りのバス停からは徒歩1分です。診療時間が9:00~12:30、15:00~18:30で、休診日は水曜日と日曜日・祝日です。

白内障や結膜炎など一般的な眼科診療が行なわれているほか、レーザー治療も取り入れ、患者さん一人ひとりの症状に応じて治療方針を決定しています。

おぎの眼科クリニックの特徴について

・眼鏡作成の相談ができる!

コンタクトレンズを装着している方は定期的な医療機関での検診が必要です。おぎの眼科クリニックでは定期検査はもちろん、アレルギー性の結膜炎があってコンタクトレンズを付けるのが不安な方にも適切なお手入れ法などをすすめてくれます。

また、眼鏡を作る際には目の障害などの眼科検診を提供しているので、眼鏡が合わなかったり、かけ続けていると疲れる場合には一度相談してみてください。

・糖尿病網膜症とは!

糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症のうちの一つで眼の中の網膜が障害され、視力低下などのトラブルを引き起こします。初期にはほとんど無症状ですが、放っておくと最悪の場合には失明につながる病気です。早期に発見すれば病気の進行を抑えることができるため、医療機関での適切な処置を受ける必要があります。

おぎの眼科クリニックでは、症状によって治療法を決め、レーザー治療が必要だと判断されれば、レーザー光凝固術で網膜症の進行を阻止することが行なわれています。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちらおぎの眼科クリニックの紹介ページ

こひなた眼科

  • 駅徒歩5分

東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅 徒歩5分

東京都文京区小日向4-4-3 102

診療時間
9:30〜13:00
14:00〜18:00

※受付は、午前午後共に診療時間の30分前までとなります。

こひなた眼科はこんな医院です

文京区小日向のこひなた眼科は、長年にわたって学識と研究を深めてきた日本眼科学会専門医の医師が、地域の患者さんに良質な眼科診療を提供しているクリニックです。新しい検査機器をはじめとした充実した設備と、小さいお子さま連れでも安心して通院できる環境が揃っています。

アクセスは東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅より徒歩5分と、通いやすい立地です。診療時間は平日9:00~13:00、14:00~18:00で、休診日は木曜日と日曜日・祝日です。

診療内容は一般眼科、そのなかでも緑内障治療では確かな技術と豊富な医療設備で対応しています。また、小児眼科にも力を入れ、注意がそれがちで診察が難しいお子さまでも喜んで受けられるような工夫を施しています。

こひなた眼科の特徴について

・小さいお子さまも安心!

こひなた眼科では、小さいお子さまでもつつがなく治療が受けられる体制を整えています。待合室にはキッズスペースがあり、仮眠室も備えているため、診察を怖がってなかなか受診が難しいお子さまでも眠っている間に検査や診療をしているので、安心して受診してください。

視力検査も一般的なC文字のランドルト環での検査が困難な乳幼児には、テラーカードや絵指標で検査が行なわれています。検査室と待合室の間はガラス張りで、お子さまも親御さんの姿がわかり、気を楽にして受診できます。

・経験豊富な医師と充実設備!

すべての患者さんに質の高い医療を提供できる設備や環境が整えられている点も、こひなた眼科の特徴の一つです。電子カルテシステムを導入して、各種検査機器と連携することで、患者さんのデータを管理しやすく、また迅速な診断に役立てています。

メディアでも取り上げられる院長をはじめ、熟練の検査員や英語に対応できるスタッフが在籍しているなど、かかりつけ医として適切な眼科です。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちらこひなた眼科の紹介ページ

本郷三丁目眼科

  • 駅徒歩5分

都営大江戸線 本郷三丁目駅 徒歩5分

東京都文京区本郷3-24-11

診療時間
10:00~13:00
15:00~17:30

★:第2・第4のみ診療
※メガネ・コンタクトレンズご希望の方は、平日:16:30、土曜日:12:00までの受付となります。
※コンタクトレンズ初装の方は、ご予約制となりますので、お電話にてご連絡ください。

本郷三丁目眼科はこんな医院です

文京区本郷にある本郷三丁目眼科は、ささいな眼の異常でも気軽に相談ができるように経験豊富な医師が、インフォームドコンセントを心掛けて患者さんと密にコミュニケーションをしてくれる眼科です。レーザー治療ができる機器をはじめ院内の設備は充実し、質の高い医療を提供しています。

交通アクセスは、都営大江戸線本郷三丁目駅より徒歩5分です。診療時間は平日が10:00~17:30、土曜日は第2・4のみ診療の10:00~13:00、休診日は木曜日と日曜日・祝日、オンラインでの初診受付ができます。

小児眼科のほか一般的な眼科診療が行われ、ドライアイや眼精疲労などにお悩みの方は相談してください。コンタクトレンズの販売店を併設しているので、検査から購入までスムーズにできます。

本郷三丁目眼科の特徴について

・眼精疲労の場合は相談を!

眼精疲労は、パソコンやスマホが必需品の現代人には避けられない眼の異常の一つです。液晶画面を毎日見続けていると知らず知らずのうちに目を酷使してしまい、眼の奥が痛む、かすむ、かゆくなるなどの症状に悩まされます。

本郷三丁目眼科では、そのような眼精疲労やドライアイに対して適切な診療を行い、日常生活のなかで予防できる対応策まで提案しています。眼の不調を感じている方はぜひ一度相談してみてください。

・アレルギー性結膜炎とは!

本郷三丁目眼科ではアレルギー性結膜炎の治療にも注力しています。アレルギー性結膜炎は花粉やハウスダストが原因で、症状としては眼がかゆくなり、次第に痛みに変わったりします。日本眼科学会の報告では、日本で約2000万人の患者さんがいると言われる病気です。

基本的な治療法は薬物療法で、主に抗アレルギー点眼薬が使われますが、症状が重い場合にはステロイド点眼薬や免疫抑制点眼薬が使用されることもあります。

もう少し詳しくこの眼科のことを知りたい方はこちら本郷三丁目眼科の紹介ページ