立体動態波刺激療法器とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

立体動態波刺激療法器とは

立体動態波刺激療法器とは、3次元で電流を干渉させることで中周波を作り出し手では届かない深部へ刺激を与えることで、筋肉・靭帯・神経の緊張を緩和し血行促進を働きかけ、痛みや症状を改善する電気治療器です。また、筋収縮を起こし筋力強化することもできるため、アスリートのトレーニングとしても使用されます。

メリット

・3次元で電流が干渉することで手の届かない深部にアプローチできる
・ぎっくり腰など急性の痛みや関節内部に対して有効
・物を噛むときに使う咀嚼筋へのアプローチが可能で、顎関節症への効果も期待できる
・筋肉トレーニングとして使用できる

デメリット/副作用

・ペースメーカーや、体内に金属が入っている方は使用できない
・妊娠中または妊娠の可能性がある方は使用できない
・肌に直接取り付けるためパッド(接触部)の手入れが必要

治療期間

1回5~15分程度で施術者指導のもと、症状が改善するまで継続的に行う必要もあります。

費用相場

1部位:300~500円程度

注意点

治療期間や費用は、治療院や治療内容などによって大きく異なる場合があります。