電気療法とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

電気療法とは

電気治療とは患部に適した電流を流し、痛みの緩和や機能の回復をはかる理学療法の一つです。電流を流すことで筋肉を伸縮させ血流を良くし患部の痛みを和らげます。家庭でできる電気治療器もあります。電気の種類はピリピリ感があるもの、刺激を何も感じないものなど様々です。

メリット

・運動が困難な方でも筋肉の伸縮運動を起こせる
・ケガの治療に効果が高くスポーツの分野でも多く使われている
・急性、慢性の痛みなどに有効

デメリット/副作用

・電気治療器特有のピリピリ感が苦手な方には使用が難しい
・肌に直接取り付けるためパッドの手入れが必要
・ペースメーカーや、その他電磁障害の影響を受けやすい体内植込み型医用電気機器を使用している場合は電気治療ができない

治療期間

1回の所要時間は5~15分程度です。
症状があるうちは施術者指導のもと、できるかぎり毎日継続的に行うのが効果的とされています。

費用相場

1回300~1,000円程度。自由診療と合わせて使用されることもあります。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。