新型コロナウイルスワクチン、重症化予防はモデルナ製が優れる!?

公開日:2021/10/04

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)はアメリカで承認されている3種類の新型コロナウイルスワクチンのうち、モデルナ製のワクチンがもっとも入院の予防効果が高いことがわかりました。この発表について工藤先生に伺います。

工藤 孝文 医師

監修医師
工藤 孝文 医師

プロフィールをもっと見る
みやま市工藤内科 院長・糖尿病内科医・漢方医・統合医療医。福岡大学医学部を卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。現在は、福岡県みやま市の工藤内科にて、糖尿病内科・ダイエット外来・漢方治療を専門に、地域診療を行っている。NHK「ガッテン!」「あさイチ」、日本テレビ「世界一受けたい授業」などテレビ出演多数。著書は50冊以上におよび、Amazonベストセラー多数。YouTube「工藤孝文のかかりつけ医チャンネル」が現在人気を集めている。 
日本内科学会・日本糖尿病学会・日本肥満学会・日本東洋医学会・日本抗加齢医学会・日本女性医学学会・日本高血圧学会、日本甲状腺学会・日本遠隔医療学会・小児慢性疾病指定医。

今回の発表の内容とは?

今回の発表内容について教えてください。

工藤 孝文 医師工藤先生

今回の発表はCDCはが今年の3月11日から8月15日に米国の医療機関21施設に入院した18歳以上の3689人を対象に症例対照研究を実施した結果です。米国で承認済みのメッセンジャーRNAワクチンである、モデルナ製とファイザー製、あと1回接種タイプのアデノウイルスベクターワクチンであるジョンソン・エンド・ジョンソン製の計3種のワクチンの入院の予防効果を検証しました。その結果、全期間中の入院予防効果は、モデルナ製が93%、ファイザー製が88%、J&J製が68%と、モデルナ製が最も優位性を示しました。また接種後121日以降の入院予防効果の変化についても、モデルナ製は92%の効果を維持するという結果が出ています。これは接種後121日以降の入院予防効果77%に減少したファイザー製に比べると優位性が示されたと言えます

なぜモデルナ製のワクチンが優れた結果を出したのか?

なぜモデルナ製のワクチンが優れた結果を出したのでしょうか。

工藤 孝文 医師工藤先生

理由についてはっきりしたことはまだ明らかになっていませんが、モデルナ製の接種量がファイザー製の30マイクログラムよりも多い100マイクログラムであることが原因である可能性があると指摘されています。また、接種2回の間隔について、ファイザー製が3週間なのに対し、モデルナ製は4週間であることが関係している可能性もあるとも指摘されています。いずれにしても今後も新たな研究結果が出てくると思うので、その過程で明らかになる部分もあると考えられます。

メッセンジャーRNAワクチンの方が優れている?

メッセンジャーRNAワクチンの方が優れていると考えていいものなのでしょうか?

工藤 孝文 医師工藤先生

今回メッセンジャーRNAワクチンの方が高い効果を示しましたが、近年開発された技術であるため、解明されていないことも多くある点、壊れやすく保存や輸送に注意が必要という点などもあげられています。一方アデノウイルスベクターのワクチンは今回入院予防効果が低い結果となったものの、長年開発されてきたことから、知見が多くあるというメリットもあります。このように一長一短ですので、一概にどちらが優れているというのは困難です。今後、どうしてこのような結果になったのか、より詳細な研究がまたれます。

まとめ

新型コロナウイルスに感染した際、重症化することへの予防効果はモデルナ製のものが最も高いことがアメリカ疾病予防管理センター(CDC)の発表で示されました。新型コロナウイルス感染拡大防止として重要なワクチンに関する情報には、今後も注目が集まりそうです。

\接種券が届いたらチェック/

新型コロナワクチン接種マップ